読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

西條奈加

職業・肩書き
作家
ふりがな
さいじょう・なか

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

1964年、北海道池田町生まれ。東京英語専門学校を卒業。貿易会社などに務めたのち、2005年に『金春屋ゴメス』(新潮社)が「第17回 日本ファンタジーノベル大賞」の大賞を受賞しデビュー。2006年に「NHKオーディオドラマ」にてラジオドラマ化。同年、『芥子の花 金春屋ゴメス』(新潮社 2009年に『金春屋ゴメス 異人村阿片奇譚』に改題され文庫化)が発売された。

時代小説から、2011年発売の『無花果の実のなるころに』(東京創元社)などの現代小説まで、SF作品も含めて幅広い作風で執筆。『無花果の実のなるころに』で始まる「お蔦さんの神楽坂日記」シリーズは、2013年に第2弾『いつもが消えた日』(東京創元社)、2016年に第3弾『みやこさわぎ』(東京創元社)が発売された。2010年発売の『善人長屋』(新潮社)も、2013年発売『閻魔の世直し―善人長屋―』(新潮社)、2015年発売の『大川契り―善人長屋―』(新潮社)と続くシリーズ作品。

2011年発売の『涅槃の雪』(光文社)が、翌年「第18回 中山義秀文学賞」を受賞。2014年発売の『まるまるの毬』(講談社)が、翌年「第36回 吉川英治文学新人賞」を受賞した。2018年発売の『無暁の鈴』(光文社)は代表作のひとつ。2019年に、『まるまるの毬』の続編となる『亥子ころころ』(講談社)が発売された。著作にはほかに『烏金』(光文社)、『恋細工』(新潮社)、『千年鬼』(徳間書店)、『睦月童』(PHP研究所)、『九十九藤』(集英社)、『上野池之端 鱗や繁盛記』(新潮社)、『ごんたくれ』(光文社)、『隠居すごろく』(KADOKAWA)など。

「西條奈加」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

第164回芥川賞は宇佐見りん『推し、燃ゆ』、直木賞は西條奈加『心淋し川』に決定!

第164回芥川賞は宇佐見りん『推し、燃ゆ』、直木賞は西條奈加『心淋し川』に決定!

 第164回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月20日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川龍之介賞」は宇佐見りんの『推し、燃ゆ』に、「直木三十五賞」は西條奈加の『心淋し川』に決定した。

【第164回芥川賞受賞作品】

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん/河出書房新社)

【あらすじ】 主人公のあかりは高校生。勉強やアルバイトだけでなく、生きる上で必要なあらゆることが「普通に」「ちゃんと」できなくて、唯一頑張ることができるのが、「まざま座」というアイドルグループのメンバー・上野真幸を推すこと。 あかりは、現実の重みに耐えられない。彼女にとって、推しへの情熱を燃やし続け、解釈するブログを書き続け、自分でも頑張れることがあるのだという実感だけが生きる支えなのだ。 それなのに、推しがファンを殴って炎上し、彼女の世界から消えてしまったら…?

【プロフィール】 宇佐見りん(うさみ りん)●1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。現在大学生、21歳。2019年、『かか』で第56回文藝賞受賞、史上最年少で第33回三島賞を受賞。

【第164回直木賞受賞作…

全文を読む

純粋な小鬼の「思い」にあなたは何を感じるか!? 西條奈加のファンタジー小説『千年鬼』

純粋な小鬼の「思い」にあなたは何を感じるか!? 西條奈加のファンタジー小説『千年鬼』

 2015年に『まるまるの毬』で吉川英治文学新人賞を受賞した、西條奈加の『千年鬼』が2015年8月4日(火)に待望の文庫化となった。  現在最注目の作家のひとりとされる西條が描いたのは、寓話ファンタジー。純粋無垢な小鬼と、少女・民の、長くて悲しい、けれども心温まる物語に、全国の書店員からも絶賛の声が届いている。

純粋無垢な小鬼の「思い」に打ちのめされた。これは私が人として生きるために出会うべくして出会った一冊だ。蔦屋書店イオンモール幕張新都心 後藤美由紀さん

思いを語る覚悟はあるか。覚悟の上で愛せるか。生きていく覚悟はあるか。丸善丸の内本店 横山みどりさん

 7つの連作短編集になっているのだが、ここに驚きの仕掛けが隠されている。謎がほどけていき、ラストにはどんな展開が待ち構えているのか…!? 純粋な小鬼の「思い」に、あなたは何を感じるだろうか。 ●あらすじ:第1話~3話 第1話「三粒の豆」 事故で母親を亡くした孝介は酒浸りの父を助けるため奉公先でのいじめに耐えているが、理不尽な運命を呪い、鬼の芽を宿す。過去見で探った事故の原因が一匹の蜂にあったこと…

全文を読む

注目の新刊 『閻魔の世直し 善人長屋』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『閻魔の世直し 善人長屋』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

表は堅気のお人好し、裏は凄腕の悪党が揃う「善人長屋」に、天誅を気取り裏街道の頭衆を血祭りに上げる「閻魔組」と、長屋を探る同心、2つの敵が迫る。同心の目をくぐり、裏稼業の技をつくした探索を始めるが、果たして奴らの正体は……。待望のシリーズ第2弾。

全文を読む

注目の新刊 『朱龍哭く 弁天観音よろず始末記』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

注目の新刊 『朱龍哭く 弁天観音よろず始末記』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

長唄の師匠で弁天とも称される町娘・お蝶と、その義姉で観音と呼ばれる沙十は、お蝶の父の遺物をめぐり、幕府転覆を狙う巨悪と対峙することに……。弁天と観音の美人姉妹が江戸を舞台に大活躍する正統派の時代活劇小説だ。周囲の人々とのチーム感も微笑ましい。

全文を読む

「西條奈加」のおすすめ記事をもっと見る

「西條奈加」の本・小説

涅槃の雪 (光文社時代小説文庫)

涅槃の雪 (光文社時代小説文庫)

作家
西條奈加
出版社
光文社
発売日
2014-08-07
ISBN
9784334767877
作品情報を見る
無暁の鈴

無暁の鈴

作家
西條奈加
出版社
光文社
発売日
2018-05-17
ISBN
9784334912239
作品情報を見る
ごんたくれ (光文社時代小説文庫)

ごんたくれ (光文社時代小説文庫)

作家
西條奈加
出版社
光文社
発売日
2018-01-11
ISBN
9784334775971
作品情報を見る
亥子ころころ

亥子ころころ

作家
西條奈加
出版社
講談社
発売日
2019-06-26
ISBN
9784065161203
作品情報を見る
商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

商売繁盛 時代小説アンソロジー (角川文庫)

作家
朝井まかて
梶よう子
西條奈加
畠中恵
宮部みゆき
末國善己
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-11-21
ISBN
9784041096680
作品情報を見る
まるまるの毬 下 (大活字本シリーズ)

まるまるの毬 下 (大活字本シリーズ)

作家
西條奈加
出版社
埼玉福祉会
発売日
2020-11-01
ISBN
9784865963755
作品情報を見る
せき越えぬ

せき越えぬ

作家
西條奈加
出版社
新潮社
発売日
2019-11-20
ISBN
9784103003182
作品情報を見る
千両かざり 女細工師お凜 (新潮文庫)

千両かざり 女細工師お凜 (新潮文庫)

作家
西條奈加
出版社
新潮社
発売日
2020-09-29
ISBN
9784101357782
作品情報を見る

「西條奈加」人気の作品ランキングをもっと見る

「西條奈加」の関連画像・写真

「西條奈加」の関連画像・写真をもっと見る