読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

船越英一郎

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふなこし・えいいちろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1982年、 TBS日曜劇場『父の恋人』でデビュー。TVドラマはもちろん映画での活躍も多く、2007年『マリと子犬の物語』、09年『ウルルの森の物語』で主演。『県庁おもてなし課』では、掛水と多紀を助ける伝説の元職員・清遠を熱演。

「船越英一郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

【結婚・離婚の幸福論】松居一代の気持ちがわからなくもない…「ぶちまけたい妻たち」3つの共通点

【結婚・離婚の幸福論】松居一代の気持ちがわからなくもない…「ぶちまけたい妻たち」3つの共通点

 女優の松居一代さんと俳優の船越英一郎さんの一連の騒動の話題は、離婚相談に訪れる人たちの間でも賛否両論、その反響の大きさに私自身も驚いています。  そもそも船越さんと松居さんは、テレビでの共演をきっかけに交際をスタート、結婚したのは2001年のことでした。初婚の船越さんと、バツイチ&子連れの松居さんは、お互いに40代になってからの“大人婚”。若い頃に勢いで結婚を決めるのとは異なり、酸いも甘いも嚙み分けた大人同士の結婚だったのでしょう。  それからは、年下の優しい夫を仕事面でも家庭でも献身的に支える妻という、いわゆる「おしどり夫婦」として知られていましたが、15年以上の結婚生活を経た今になって、このような大きな騒動になってしまった、ということになります。  夫婦間でなんらかのトラブルが生じたために、私のところに訪れる相談者のみなさんの中には、「松居さんの気持ちもわからなくない」と共感する女性たちも少なくありません。彼女たちいわく、「その後の損得を考えるよりも前に、とにかく言いたいことをすべてぶちまけてしまいたくなることがある」とのこと…

全文を読む

「船越英一郎」のおすすめ記事をもっと見る

「船越英一郎」の本・小説

  • ランキング

船越英一郎の京都案内

船越英一郎の京都案内

作家
船越英一郎
出版社
マガジンハウス
発売日
2011-09-08
ISBN
9784838723355
作品情報を見る
未来伝説桃太郎

未来伝説桃太郎

作家
船越英一郎
出版社
三一書房
発売日
1997-02-01
ISBN
9784380972164
作品情報を見る

「船越英一郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「船越英一郎」の関連画像・写真

「船越英一郎」の関連画像・写真をもっと見る