KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

早見和真

職業・肩書き
作家
ふりがな
はやみ・かずまさ

プロフィール

最終更新 : 2022-01-14

1977年、神奈川県生まれ。2008年『ひゃくはち』でデビュー。15年『イノセント・デイズ』で日本推理作家協会賞、20年『ザ・ロイヤルファミリー』で山本周五郎賞受賞。21年、初のノンフィクション『あの夏の正解』を刊行。他の著書に『店長がバカすぎて』など。

「早見和真」のおすすめ記事・レビュー

「好き」を仕事にするのは難しい。職場の環境にイライラしたときに開いてほしい『店長がバカすぎて』/佐藤日向の#砂糖図書館㊹

「好き」を仕事にするのは難しい。職場の環境にイライラしたときに開いてほしい『店長がバカすぎて』/佐藤日向の#砂糖図書館㊹

 何かを意識的に継続する、というのは、簡単そうに見えて実際にはとても難しいことだ。この継続というのは日々の労働にも当てはまる。

 今回紹介するのは、早見和真さんの『店長がバカすぎて』という作品だ。28歳の主人公・谷原京子はとにかく本が好きで、書店の文芸担当として働いている。京子の職場にいる店長は年上とは思えないほど抜けていて、京子は日々苛立ちを募らせている。そんな京子が書店員としての誇りを探し、働き続ける理由を見つける、痛快なストーリーだ。

 私は幼い頃から芸能の仕事をしているため、アルバイトを経験したこともなければ、部活に所属した経験もない。だがこれまでの私の経験から、年上や年下は関係なしに、経験値というのはその人の強さと優しさを形成してくれる大切な一部だと私は思っている。

 主人公の京子にとって本は特別な存在であり、ゲラを含め常に新しい小説を読んでいる。だが、いざ本を扱う仕事をするとなると、職場の環境が悪く退職をすべきか、自分の力で環境を変えるべきか迷うシーンが、何度も登場する。彼女が迷って悩んでいる姿は、読み手によっては「何でやめないんだよ!」と…

全文を読む

「今の働きかたってどうなんだろう?」自分の働きかたを見直したくなるお仕事小説5選

「今の働きかたってどうなんだろう?」自分の働きかたを見直したくなるお仕事小説5選

 長時間労働。安すぎる給料。わからずやの上司と、生意気な後輩…。決して良いとはいえない職場環境で過ごす日々の中で、「今の働きかたを続けていていいのだろうか」と感じている人も多いに違いない。そんな人はお仕事小説を読むのがいいかもしれない。上手くいかない仕事と向き合う主人公の姿に勇気づけられたり、「別の仕事を探してみるのもありかも」と思わされたり、お仕事小説には私たちの仕事に活かせる発見がある。そんな自分の働きかたを見直すキッカケをくれるお仕事小説を5つご紹介するとしよう。

全文を読む

気になる大賞はどの作品に!?「2020年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

気になる大賞はどの作品に!?「2020年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

2020年1月21日(火)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2020年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。大賞の発表は、4月7日(火)。

 今年の「2020年本屋大賞」は全国の477書店、書店員586人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは以下の10作品だ。

 

■2020年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)

『線は、僕を描く』(砥上裕將/講談社)▶【レビュー全文はこちら】

『店長がバカすぎて』(早見和真/角川春樹事務所)▶【レビュー全文はこちら】

『夏物語』(川上未映子/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『熱源』(川越宗一/文藝春秋)▶【レビュー全文はこちら】

『ノースライト』(横山秀夫/新潮社)▶【レビュー全文はこちら】

『むかしむかしあるところに、死体がありました。』(青柳碧人/双葉社)▶【レビュー全文はこちら】

『ムゲンのi』(知念実希人/双葉社)▶【レビュー全文はこちら】

『medium霊媒探偵城塚翡翠』(相沢沙呼/講談社)▶【レビュー全文はこちら】

『ライオンのおやつ』(小川糸/ポプラ社)▶【インタビューはこち…

全文を読む

注目の新刊 『東京ドーン』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

注目の新刊 『東京ドーン』 ダ・ヴィンチ2012年7月号

激務に潰されそうな旅行会社勤務、就職活動中のフリーター、住宅設備メーカーショールームの派遣社員……。仕事や結婚の問題で揺れ動き、今の自分から脱したい気持ちを強く抱く東京暮らしの27歳。やるせなさや葛藤と、流れ行く日々をリアルに描いた連作短編集。

全文を読む

「早見和真」のおすすめ記事をもっと見る

「早見和真」のレビュー・書評をもっと見る

「早見和真」の本・小説

店長がバカすぎて

店長がバカすぎて

作家
早見和真
出版社
角川春樹事務所
発売日
2019-07-13
ISBN
9784758413398
作品情報を見る
95

95

作家
早見和真
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2015-11-28
ISBN
9784041019979
作品情報を見る
八月の母

八月の母

作家
早見和真
出版社
KADOKAWA
発売日
2022-04-04
ISBN
9784041109076
作品情報を見る
アルプス席の母

アルプス席の母

作家
早見和真
出版社
小学館
発売日
2024-03-15
ISBN
9784093867139
作品情報を見る
イノセント・デイズ

イノセント・デイズ

作家
早見和真
出版社
新潮社
発売日
2014-08-22
ISBN
9784103361510
作品情報を見る
笑うマトリョーシカ

笑うマトリョーシカ

作家
早見和真
出版社
文藝春秋
発売日
2021-11-05
ISBN
9784163911502
作品情報を見る
あの夏の正解 (新潮文庫)

あの夏の正解 (新潮文庫)

作家
早見和真
出版社
新潮社
発売日
2022-06-27
ISBN
9784101206929
作品情報を見る
もふもふ:犬猫まみれの短編集 (新潮文庫 し 21-108)

もふもふ:犬猫まみれの短編集 (新潮文庫 し 21-108)

作家
カツセマサヒコ
山内マリコ
恩田陸
早見和真
結城光流
出版社
新潮社
発売日
2024-01-29
ISBN
9784101802800
作品情報を見る

「早見和真」人気の作品ランキングをもっと見る

「早見和真」の関連画像・写真

「早見和真」の関連画像・写真をもっと見る