読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

きゃりーぱみゅぱみゅ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
きゃりーぱみゅぱみゅ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1993年生まれ。高校を卒業した2011年メジャーデビュー。アーティスト活動とファッション面での活動を掛け合わせた、『HARAJUKU』のアイコンとしての存在が、全世界から注目を集める。

「きゃりーぱみゅぱみゅ」のおすすめ記事・レビュー

ファッション誌『KERA』紙媒体廃止を惜しむ声続出「私のバイブルが書店から消えるなんて!!」

ファッション誌『KERA』紙媒体廃止を惜しむ声続出「私のバイブルが書店から消えるなんて!!」

『KERA』5月号

 ファッション雑誌『KERA』が2017年4月15日(土)発売の6月号をもって紙媒体による発行を終了、デジタル版に移行となることが発表され「紙じゃなくなるのショックすぎる(泣)」「私のバイブルが書店から消えるなんて!!」「デジタルか~時代だね… 寂しいけど…」と悲しみの声が上がっている。

 同誌は「いちばんリアルな原宿ストリートマガジン」をキャッチコピーに掲げた原宿系ストリートファッション誌。創刊から19年間、「原宿系」と呼ばれる個性的なファッションやブランドを中心に取り上げ絶大な人気を集めていたのだが、読者のニーズや出版業界の急激な変化に合わせ月刊誌としての発行を見直すことになった。

 このニュースは現在購読している読者だけでなく、「中学生のときは『KERA』ばっかり買ってたのになぁ」「私にロリータを教えてくれた雑誌だから残念」「私の青春の象徴がまた一つ消えてしまう…」とかつて『KERA』でファッションを学んだ人達にとっても衝撃の知らせとなったようだ。

 かつてLily名義で同誌のモデルを務めていた神田沙也加は、自身のTwitter…

全文を読む

きゃりーぱみゅぱみゅがエゴサをする現代人に一言! ネットやテレビでは明かされない彼女の本音が一冊に

きゃりーぱみゅぱみゅがエゴサをする現代人に一言! ネットやテレビでは明かされない彼女の本音が一冊に

『きゃりーぱみゅぱみゅ あたしアイドルじゃねぇし!!!』(きゃりーぱみゅぱみゅ/東京ニュース通信社)

 ファッションモデル・歌手として活躍する、きゃりーぱみゅぱみゅの本音が詰まった『きゃりーぱみゅぱみゅ あたしアイドルじゃねぇし!!!』が2017年1月21日(土)に発売された。

 2011年7月に「PONPONPON」をYouTubeで発表し、颯爽と世の中に現れた、きゃりーぱみゅぱみゅ。独特な世界観と言いにくい名前でたちまち話題となり、デビューから5年経った今では、ツイッターのフォロワー数が460万人を超え「現代のアイコン」として活躍している。同書は、きゃりーが2012年1月にひっそりと『TV Bros.』で始めた連載『あたしアイドルじゃねぇし!!!』を書籍化したものだ。

 きゃりーは同書の「はじめに」で、「紙メディアはネットと打って変わって実に平和な世界が広がっています。コピペができなかったり、買わないと読めないものなので、あまり炎上しないからです」、「そんなわけで、『TV Bros.』で連載を続けていくうちに、だんだんいろいろ考えないようになっ…

全文を読む

きゃりーぱみゅぱみゅの個性的なCDジャケット制作の裏側が明らかに! デビューから現在までのアートワークをまとめたビジュアルブック発売

きゃりーぱみゅぱみゅの個性的なCDジャケット制作の裏側が明らかに! デビューから現在までのアートワークをまとめたビジュアルブック発売

『きゃりーぱみゅぱみゅアートワークス 2011-2016』(STEVE NAKAMURA/誠文堂新光社)

 今年で歌手デビュー5周年を迎えたアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅ。デビューから現在までの活動を記念し、ヴィジュアルブック『きゃりーぱみゅぱみゅアートワークス 2011-2016』が2016年12月8日(木)に発売された。

 今回のヴィジュアルブックは、彼女のアートワークを担当してきたSTEVE NAKAMURA(スティーブ・ナカムラ)との初作品集。かわいくてグロテスクと話題を呼んだ「もしもし原宿」のジャケットデザインをはじめとしたアートワークのほか、CDアルバムに付属していたフォトブックの未公開画像も余すことなく掲載されている。そのヴィジュアル数は約300点。きゃりーぱみゅぱみゅの世界観をそのまま体験できる一冊になっている。

 その他にも、彼女からあふれ出てくる個性、時代を象徴し続けるアイコニックなビジュアルなどをどのように表現し、生み出してきたのかがわかるSTEVE NAKAMURA本人による解説テキストも掲載。きゃりーとSTEVEとの対…

全文を読む

「僕は世の中に対する怨みがあるんです。自分を封じ込めてきた社会に対する復讐心がある」増田セバスチャン『家系図カッター』インタビュー【後編】

「僕は世の中に対する怨みがあるんです。自分を封じ込めてきた社会に対する復讐心がある」増田セバスチャン『家系図カッター』インタビュー【後編】

増田セバスチャン氏@アトリエにて

お店をやるのと役者をやるのは同じ感覚。売れなくて当たり前

――その後、自分の表現活動の場として原宿に「6%DOKIDOKI」というお店を開きます。当時同棲していた彼女とバイトしながら赤字続きでもそのお店だけは続けたことで、ソフィア・コッポラが来店して人気に火がつきました。舞台ではなく店舗にこだわったこと、そして豆腐さえも買えない極貧の状況でもお店をやめなかったことでチャンスをつかんだんですね。

増田 お店をやるのと役者をやるのは同じ感覚なんですよ。最初は売れなくて当たり前だから大変だとは思わなかった。それにお店は、自分が表現したもの、デザインしたものをお客が買うか買わないかというダイレクトな評価をしてくれるから好きなんです。だから昼間はずっと店番して、夜から明け方までNHKの大道具のバイトをして2、3時間寝てからまた店番するような生活をしていました。20代だからできたことだと思いますけど。

 大道具のバイトは最終的に23歳でチーフになったんです。そのまま就職することも考えたんですが、このままここにいてはいけないと思…

全文を読む

きゃりーぱみゅぱみゅが『クレヨンしんちゃん』のカバーに登場!連載25周年記念だゾ!

きゃりーぱみゅぱみゅが『クレヨンしんちゃん』のカバーに登場!連載25周年記念だゾ!

4巻表紙画像 (C)U/F (C)ASOBISYSTEM へーい、そこのオネエさん、オラとお茶しない?

 『クレヨンしんちゃん』がまんが連載25周年を迎えたゾ! なんと25周年記念として、“しんちゃん”דきゃりーぱみゅぱみゅ”の豪華コラボが実現。2015年7月8日(水)に発売される『新クレヨンしんちゃん』第4巻の表紙、および巻頭カラー描き下ろし4ページに、きゃりーぱみゅぱみゅが登場することが発表された。さらに彼女からのお祝いコメントも到着したゾ。 きゃりーぱみゅぱみゅコメント しんちゃん25周年おめでとう!! わたしも大好きな『クレヨンしんちゃん』が25周年なんて! こんなに長く続けられることって素敵ですね。いつまでもユーモアと愛のある子供でいてください。わたしも応援しています!  さらに第4巻購入者の抽選5名に、人気セレクトショップ・BEAMSがデザインした、きゃりーぱみゅぱみゅ直筆サイン入りオリジナルコラボTシャツをプレゼント。

(C)U/F (C)ASOBISYSTEM きゃりーぱみゅぱみゅ直筆サイン入りオリジナルコラボTシャツ

 きゃりーぱみ…

全文を読む

セカオワ・Saoriもハマる! フォロワー数12万超“蒼井ブルー”のツイートが爆発的に人気! 【本人インタビュー】

セカオワ・Saoriもハマる! フォロワー数12万超“蒼井ブルー”のツイートが爆発的に人気!  【本人インタビュー】

『僕の隣で勝手に幸せになってください』(蒼井ブルー/KADOKAWA)

 蒼井ブルー氏を知っているだろうか? きゃりーぱみゅぱみゅなどのファッションアイコンを収めたスナップが話題を呼び、現在は本格的にフォトグラファーとして活動。独特のタッチで綴られるTwitter上での独り言が、ゆるくておかしくてじんわり泣けると、多くの反響を呼んでいる。今やフォロワー数は12万人超。3月には、その人気のツイートを厳選した初の書籍『僕の隣で勝手に幸せになってください』(KADOKAWA)が発売された。小松菜奈さんをモデルにした蒼井氏の撮り下ろし写真と書き下ろしエッセイが収録されている。

 蒼井氏のツイートに対し、セカオワ・Saoriさんは、「“ねぇ、見てこの言葉”と言いながら、その言葉を誰かの前で音読したくなる。きっと切なく笑うだろうな、と思う誰かの前で」とコメント。スピードワゴンの小沢一敬さん、モデルでイラストレーターの小鳥遊しほさん、Silent Sirenのすぅさんなど、さまざまな著名人がコメントを寄せている。

@blue_aoiさんのツイート !function…

全文を読む

とにかくひたすら自殺を試みるうさぎに、あなたは何を感じるか?

とにかくひたすら自殺を試みるうさぎに、あなたは何を感じるか?

『自殺うさぎの本』(アンディ・ライリー/青山出版社)

イギリスのコメディ集団「モンティ・パイソン」が、7月にロンドンのO2アリーナで再結成公演を行った。約30年ぶりということなので若い人はその存在を知らないと思うが、1969年からBBCで放送されたコメディー番組『空飛ぶモンティ・パイソン』(日本では山田康雄や納谷悟朗、広川太一郎らの吹替えで放送された)は、イギリス王室や共産主義、宗教などネタになるものは何でも取り上げ、不条理でブラックな笑いを追求した。その革新性から“コメディ界のビートルズ”と言われていたのだ。

その復活を記念して、ロンドンには50フィート(15.24メートル)もある「死んだオウム」の像が登場した。これは最初から死んでいたオウムを売ったペットショップに返品しに来た客と店員が、あーでもないこーでもないとやり取りをする「死んだオウム」というネタがモンティ・パイソンにあったことからの洒落なのだが、こういうことを日本でやったら「死んだオウムの像なんて不謹慎! ダメ!」みたいなことを言われてしまうと思う。しかしどんな危機的状況にあっても、その場…

全文を読む

【小西遼生インタビュー】リアル真澄さまに狂喜! 『ガラスの仮面』舞台化

【小西遼生インタビュー】リアル真澄さまに狂喜! 『ガラスの仮面』舞台化

『ガラスの仮面』(美内すずえ/白泉社)

 『花とゆめ』の看板作品であり、少女マンガ界の金字塔と言っても過言ではない『ガラスの仮面』。原作では北島マヤと姫川亜弓による「紅天女」を巡る戦いがまだまだ続くが、8月15日より舞台『ガラスの仮面』が東京・青山劇場で公演中だ。北島マヤを演じるのは実力派女優・貫地谷しほり。姫川亜弓役にマイコ、月影千草役に一路真輝といった豪華キャストが集結する。『ダ・ヴィンチ』9月号ではあの“真澄さま”を演じる俳優・小西遼生にインタビュー&紫の薔薇を抱えてのグラビアを掲載している。

 速水真澄――大都芸能社長。仕事の成功のためには手段を選ばず、誰にも心を開くことのない冷血漢。だが天性の女優・北島マヤに対してはあたたかな感情があふれ出す。マヤを陰から見守り、紫のバラを贈り続ける「紫のバラのひと」……。多くの少女マンガファンを長きにわたり夢中にさせ続ける大人気キャラクターだ。

「どれだけ多くの皆さんが速水真澄という人物について知っているかを考えると、かなりプレッシャーですね(笑)」

 この取材の時点では、まだ一度目の脚本の読み合わせを終えた…

全文を読む

「きゃりーぱみゅぱみゅ」のおすすめ記事をもっと見る

「きゃりーぱみゅぱみゅ」のレビュー・書評をもっと見る

「きゃりーぱみゅぱみゅ」の本・小説

  • ランキング

Oh! My God!! 原宿ガール (ポプラポケット文庫)

Oh! My God!! 原宿ガール (ポプラポケット文庫)

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
出版社
ポプラ社
発売日
2015-07-09
ISBN
9784591145913
作品情報を見る
クイック・ジャパン 107

クイック・ジャパン 107

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
歌広場淳
鈴木愛理
玉井詩織
ももいろクローバーZ
片平里菜
私立恵比寿中学
星野源
バカリズム
SUZUMOKU
AZUMA HITOMI
石鹸屋
amazarashi
高橋洋子
出版社
太田出版
発売日
2013-04-11
ISBN
9784778313715
作品情報を見る
もしもし☆TOKYO きゃりーぱみゅぱみゅの東京Kawaiiガイドツアー

もしもし☆TOKYO きゃりーぱみゅぱみゅの東京Kawaiiガイドツアー

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
出版社
スペースシャワーネットワーク
発売日
2012-10-29
ISBN
9784906700554
作品情報を見る
([き]3-1)Oh!  My God! !  原宿ガール (ポプラ文庫)

([き]3-1)Oh! My God! ! 原宿ガール (ポプラ文庫)

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
出版社
ポプラ社
発売日
2012-06-20
ISBN
9784591130452
作品情報を見る
きゃりーぱみゅぱみゅ きゃりーぼーん

きゃりーぱみゅぱみゅ きゃりーぼーん

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
出版社
祥伝社
発売日
2012-04-21
ISBN
9784396430511
作品情報を見る
Oh! My God!! 原宿ガール

Oh! My God!! 原宿ガール

作家
きゃりーぱみゅぱみゅ
出版社
ポプラ社
発売日
2011-08-18
ISBN
9784591125427
作品情報を見る

「きゃりーぱみゅぱみゅ」人気の作品ランキングをもっと見る

「きゃりーぱみゅぱみゅ」の関連画像・写真

「きゃりーぱみゅぱみゅ」の関連画像・写真をもっと見る