読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

村上竹尾

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
むらかみ・たけお

プロフィール

最終更新 : 2019-11-18

8月11日、香川県小豆島生まれ、奈良県育ち。その後、父親の退職をきっかけに小豆島に引っ越す。漫画家、イラストレーター、エッセイスト。2012年にTwitterを開設。

2014年11月発売の「死んで生き返りましたれぽ」(双葉社)でデビュー。同作は、2013年の12月から2014年7月まで、イラストコミュニケーションサービス「pixiv(ピクシブ)」のWEBサイトにて連載された全16話の作品。自宅で倒れて心配停止となり一命を取り留めたものの、重篤な合併症などによりいつ死んでもおかしくない状態を乗り越える様子をコミックエッセイで綴り、WEBで反響を呼んだ。2015年に「第19回 文化庁メディア芸術祭マンガ部門」の審査委員会推薦作品に選ばれる。「pixiv(ピクシブ)」の累計閲覧数は600万、総リツイート数も3万を超え、2016年2月に続編の「生き返っても、あの世」(幻冬舎)が発売。

「pixiv(ピクシブ)」では、2011年に「餃子の作り方」などのレシピも公開していた。2016年発売の「増刊本当にあった愉快な話 死ぬかと思った!!仰天スペシャル 2016年 07月号」(竹書房)にて、スペシャルゲストとして6ページによる「しにかけれぽーと」が掲載。2016年より、小豆島に引っ越す際の様子や古い家を直しながら生活する様子などを描いた「しまぐらしにっき」を、WEBサイト「すくパラ倶楽部」(竹書房)にて連載。「第1話 生き返ったらサバイバル-前編・後編」「第2話 移住の覚悟-前編・中編・後編」が掲載されている。

「村上竹尾」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

pixiv閲覧数550万以上の話題作!「死んで生き返った」ことで見えた景色とは

pixiv閲覧数550万以上の話題作!「死んで生き返った」ことで見えた景色とは

『死んで生き返りましたれぽ』(村上竹尾/双葉社)

かすり傷がひとつできたくらいで、死への恐怖に怯えた幼少時代と異なり、大人になると、多少具合が悪くても、「まぁいいか」と自分の体を大事にしなくなる。「健康診断に引っかかった」と笑っていっていられるのもいつまでだろうか。誰であろうと、人の傍には死が寄り添っているもの。そう陳腐に言われても、どうもイマイチピンと来ない人も多いに違いない。だが、どんな健康本よりも自身の命について、そして、自分の健康について考えさせられる本が今、話題となっている。

pixivで550万以上の閲覧数を叩き出した村上竹尾氏著のWEB漫画『死んで生き返りましたれぽ』がついに書籍化された。これは著者が心肺停止状態になり、そこから回復するも、長い闘病生活を送ることとなったその記録だ。村上氏は、糖尿病、糖尿病性ケトアシドーシス、敗血症、横紋筋融解症、急性腎不全、脳浮腫、高アンモニア血症などなど、これでもかというほど、重症疾患を併発していた。作中で、村上氏の友人が本人に「これだけの病気をしてICUに入って普通の出口から出られるってすごいこと…

全文を読む

「村上竹尾」のおすすめ記事をもっと見る

「村上竹尾」の本・マンガ

生き返っても、あの世

生き返っても、あの世

作家
村上竹尾
出版社
幻冬舎
発売日
2016-02-25
ISBN
9784344028982
作品情報を見る
死んで生き返りましたれぽ

死んで生き返りましたれぽ

作家
村上竹尾
出版社
双葉社
発売日
2014-11-12
ISBN
9784575307801
作品情報を見る

「村上竹尾」人気の作品ランキングをもっと見る

「村上竹尾」の関連画像・写真

「村上竹尾」の関連画像・写真をもっと見る