読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

太田愛

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おおた・あい

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

脚本家

「太田愛」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

日常を奪い社会を一変させる犯罪…「相棒」シリーズの脚本で知られる太田愛さん最新作は?

日常を奪い社会を一変させる犯罪…「相棒」シリーズの脚本で知られる太田愛さん最新作は?

「相棒」シリーズの脚本で知られる太田愛さんが、作家としても注目を浴びるようになったのは4年ほど前。通り魔事件に隠された社会を揺るがす陰謀を描いたデビュー作『犯罪者 クリミナル』で鮮烈な印象を与えた。続く第2作『幻夏』では、司法や警察によって人生を狂わされた者の慟哭を描き、日本推理作家協会賞候補に。新刊『天上の葦』は、前2作でも活躍した興信所所長の鑓水七雄と所員・繁藤修司、刑事の相馬亮介の3人が、新たな事件に挑む。構想を考えはじめたのは数年前にさかのぼる。

太田 愛 おおた・あい●香川県生まれ。1997年、テレビシリーズ「ウルトラマンティガ」で脚本家デビュー。『TRICK2』、「相棒」シリーズなど刑事ドラマやサスペンスドラマの脚本も手がける。2012年、『犯罪者 クリミナル』(上・下)で小説家としてデビュー。続くシリーズ2作目に『幻夏』がある。  

実社会で起きている異変。今書かないと手遅れに 「このところ急に世の中の空気が変わってきましたよね。特にメディアの世界では、政権政党から公平中立報道の要望書が出されたり、選挙前の政党に関する街頭インタビュー…

全文を読む

やむにやまれぬ衝動が企てた一人の男の驚愕の犯罪計画

やむにやまれぬ衝動が企てた一人の男の驚愕の犯罪計画

「普通に生活している人間が、ふと非日常に引き込まれ、そこで生きなくてはならなくなる。その一番、理不尽な形が〝犯罪に巻き込まれる〟ということだと思うんです。選びようもなく、どうしようもなく、そちらに進んでいってしまう。そして、追い込まれていった時の人というのは、非常にその人の本質らしいものが見えてくるような気がするんです」 “太田愛”という名前に「あれ?」と思った人も多いに違いない。そう、この10月からシーズン11がスタートするドラマ「相棒」シリーズでも活躍中の人気脚本家。そんな太田さんが小説を初めて上梓した。実は、脚本を執筆し始める前から、小説はずっと書き続けていたのだという。

爆笑と共感となるほど! ネタ選びは“怒り”から

太田 愛 おおた・あい●香川県生まれ。大学在学中から始めた演劇活動を経て、97年、テレビシリーズ『ウルトラマンティガ』で脚本家デビュー。『TRICK2』、「相棒」シリーズ、『新・警視庁捜査一課9係 season7』など、刑事ドラマやサスペンスドラマで高い評価を得ている。本書は小説家としてのデビュー作。脚本を担当した『相棒sea…

全文を読む

「太田愛」のおすすめ記事をもっと見る

「太田愛」の本・小説

幻夏 (角川文庫)

幻夏 (角川文庫)

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-08-25
ISBN
9784041059357
作品情報を見る
犯罪者 下 (角川文庫)

犯罪者 下 (角川文庫)

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-01-25
ISBN
9784041019511
作品情報を見る
犯罪者 上 (角川文庫)

犯罪者 上 (角川文庫)

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-01-25
ISBN
9784041019504
作品情報を見る
天上の葦 上

天上の葦 上

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-02-18
ISBN
9784041036365
作品情報を見る
天上の葦 下

天上の葦 下

作家
太田愛
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-02-18
ISBN
9784041036372
作品情報を見る

「太田愛」人気の作品ランキングをもっと見る

「太田愛」の関連画像・写真

「太田愛」の関連画像・写真をもっと見る