読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大泉洋

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おおいずみ・よう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1973年、北海道生まれ。大学時代に安田顕、戸次重幸らと演劇ユニットTEAM NACSを結成。大河ドラマ『真田丸』に出演し、好評を博す。三谷幸喜作・演出の舞台『子供の事情』に出演。

「大泉洋」のおすすめ記事・レビュー

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

大泉洋と小池栄子が偽の夫婦に!? 太宰治による未完の遺作『グッド・バイ』映画化

 太宰治の『グッド・バイ』から生まれた映画「グッドバイ ~嘘からはじまる人生喜劇~」で、大泉洋と小池栄子がダブル主演を務めることが明らかに。コミカルな特報動画も解禁され、「この2人なら絶対面白いに決まってる」と話題になっている。

『グッド・バイ』は、太宰が執筆途中でこの世を去ったと言われている未完の遺作。今回の映画は、太宰の小説をもとにケラリーノ・サンドロヴィッチが書いた脚本を原作とした作品だ。

 大泉が演じるのは、何人もの愛人を抱えている男性・田島周二。田島は愛人たちに別れを告げるため、小池演じる永井キヌ子に金を積んで妻を演じてもらう。偽夫婦に別れを告げられるのは、水川あさみや橋本愛、緒川たまきといった女優陣。特報では懐から札束を出す田島や上品なワンピースに身を包んだキヌ子、そして田島の愛人たちの姿が映し出されていく。

 特報を見た人からは、「レトロな装いの2人が雰囲気あって素敵」「太宰作品と大泉さんってなんだか相性いいかも!」「夫婦の掛け合いを早く観てみたい」と期待の声が続出。映画の監督は、『八日目の蝉』の成島出が手がけることも明かされた。

 今回…

全文を読む

『ダ・ヴィンチ』2019年5月号【目次】

『ダ・ヴィンチ』2019年5月号【目次】

★表紙:大泉 洋&江戸川コナン

●特集1 祝・連載25周年 『名探偵コナン』特集

◎表紙イラストは青山剛昌描き下ろし! 江戸川コナン ◎声優インタビュー&名場面etc. キャラクターと振り返る25年 [インタビュー]高山みなみ、山口勝平、堀川りょう、古谷 徹、林原めぐみ [読者企画]投稿殺到!青山剛昌が選ぶ「名探偵コナン短歌」発表! ◎大人気キャラクターの世界観を再現! [グラビア]ユースケ(超特急)×怪盗キッド ◎[対談]亀梨和也(KAT-TUN)×青山剛昌 ◎青山剛昌ロングインタビュー

●特集2 創刊25周年記念 BOOK OF THE YEAR1999-2018 『ダ・ヴィンチ』で振り返る「本」の20年

●特集3 作家生活15 周年 脳内映像ミステリー作家 神永 学 ◎[ブックガイド]一気読み確実! 神永学ワールドへようこそ ◎[ロングインタビュー]作家前夜~15年のその先へ

●インタビュー&対談 大泉 洋、有栖川有栖、上橋菜穂子、真藤順丈、長江俊和、まさきとしか、山崎ナオコーラ、瀧羽麻子、岡田将生、フランツ・ロゴフスキ、Yogee New …

全文を読む

大泉洋“初主演小説”『騙し絵の牙』ついに海外翻訳版が台湾で発売!

大泉洋“初主演小説”『騙し絵の牙』ついに海外翻訳版が台湾で発売!

台湾版書影

大泉洋を主人公にあてがきした話題小説の翻訳版が、台湾でも発売! 台湾読者の“頭のなか”では、現地語を話す大泉洋が動き回る!?

 第7回山田風太郎賞受賞・2017年本屋大賞3位に輝いた『罪の声』は現在18万部突破、さらにデビュー作『盤上のアルファ』は今月初旬より連続ドラマとして放送が開始されるなど、いまや文壇界のみならず大きな注目を集める社会派作家・塩田武士。その塩田が実在の俳優・大泉洋を綿密に分析、主人公に完全「あてがき」して描いた『騙し絵の牙』(2017年刊行)が、この度、台湾でも翻訳発売されることが決定した。

 2018年本屋大賞6位となった本書は、日本国内ではすでに大泉洋主演で映画化の始動が発表されている話題作。今回の翻訳版でも、主人公の速水を演じる大泉洋のカバー(装丁はアートディレクターの吉田ユニ)はそのままに、本日から台湾の書店に並ぶ。さらに台湾版では「台湾でも ワーキャー 言われたい」と自筆で書いた大泉洋本人の手書きコメントと塩田武士のコメント及びサインが追記されている。

「あてがき」を通し、読み手は主人公に扮した大泉洋が頭の…

全文を読む

大泉洋「こんなもの放送されちゃ困りますよ!」TEAM NACS、ぼやき連発! 全国放送第5弾『ハナタレナックス』の見どころは…

大泉洋「こんなもの放送されちゃ困りますよ!」TEAM NACS、ぼやき連発! 全国放送第5弾『ハナタレナックス』の見どころは…

 2月10日(日)にテレビ朝日系列で全国放送される「ハナタレナックスEX(特別編)ニッポンが行きたい北海道~ドキドキ!札幌すごろくツアー~」(HTB北海道テレビ制作)。記者会見が札幌市内のスタジオで開催され、TEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)の5人からは、放送に向けての意気込みが聞けると思いきや、不平不満?ぼやき連発?の爆笑問答に…。

■戸次「5回目にもなると“素のままの戸次”でやってしまっている」

森崎:全国放送ということですけど、いつも通りのスタッフ、メンバーとの関係で、とくに全国だからと肩肘を張ることなく、いつも通りの番組収録ができたような気がします。北海道内のみならず北海道外の人たちにも、普段着のままの16年続く私たちの番組を見ていただけると思います。

安田:(全国放送を始めた頃は恥ずかしくて)あまり見て欲しくなかったものが、ここまで来ますと、逆に意地になって、続けてやろうじゃないかという気になる次第でございます。(今回の企画の)サイコロすごろくではないですが、振り出しに戻って、初心に帰って、ここからスタート…

全文を読む

大泉洋、約5分にわたる静寂のスピーチ

大泉洋、約5分にわたる静寂のスピーチ

 大泉洋が主演を務める映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の公開前夜祭が昨日12月27日に東京で行われ、大泉のほか、共演者の高畑充希、三浦春馬、前田哲監督が登壇した。  壇上ではいつもの大泉洋らしい喋りが炸裂し、また高畑充希、三浦春馬ら共演者らと言葉の掛け合いも抜群。鏡開きにはお酒でなく「バナナジュース」が用意されるなど、多々笑いが散りばめられながら進行していたものの、今回のイベントは観客が「映画鑑賞後」に催されていたということもあって、ラスト5分以上にもわたり、大泉が真剣な表情で選んだ“締めの言葉”は、会場を静寂に包みこみ、観客たちから感動的な拍手が大泉らに贈られていた。その約5分のコメント以下。

「(主人公の)鹿野(靖明)さんに導かれ続けた撮影だったと思います。(劇中の)鹿野さんの部屋は、本当に鹿野さんが住んだ部屋でございました。撮影の期間中だけぽんと人が入っていなくて偶然、そこで撮影できたり。最後、美瑛で泊まった宿も本当に鹿野さんが泊まった宿でございました。 そして12月26日が(鹿野さんの)誕生日だったというのも、なんだか…

全文を読む

大泉洋がワガママを連発! 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」特報に大反響

大泉洋がワガママを連発! 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」特報に大反響

 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」が2018年12月28日(金)に公開決定。特報映像とティザービジュアルも解禁され、「こんな人がいたら大変だけど絶対楽しい!」「映画館で笑い止まんなそうwww」と大反響が巻き起こっている。

 渡辺一史による『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』が原作の同映画。医学生・田中は筋ジストロフィーを患ったワガママ男・鹿野靖明と知り合うが、余りの“王様ぶり”にてんてこ舞い。しかし鹿野は病気に向き合い素直に生きており、どこか憎めない存在だった。そんな中、新人ボランティア・美咲に惚れた鹿野は、ラブレターを渡すため田中に代筆を依頼することに。だが田中は美咲と付き合っており、奇妙な三角関係は様々な人を巻き込んでいき―。

 鹿野役には大泉洋が抜擢され、田中役を三浦春馬、美咲役を高畑充希が務める。また田中の父親で、大手病院の院長・田中猛を佐藤浩市が演じることも発表された。

 公開されたティザービジュアルには、バナナを持っている鹿野、美咲、田中が登場。「ワガママ、おしゃべり、自由すぎ!」「でも、まっすぐ生…

全文を読む

大泉洋が最強のワガママ&愛され男役に! 笑いと涙の実話『こんな夜更けにバナナかよ』実写映画化!

大泉洋が最強のワガママ&愛され男役に! 笑いと涙の実話『こんな夜更けにバナナかよ』実写映画化!

 渡辺一史の『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』の実写映画化が発表された。笑って泣ける感動作として注目を集めた同作の映画化に、ファンの間では「実写化されるの!? キャストも中々いい感じ」「これは中々熱い展開だな」と話題になっている。

 主人公は体が不自由で、ボランティアや家族に支えられながら暮らしている鹿野靖明(大泉洋)。夜中に「バナナが食べたい!」と言い出すなど王様のようなわがままぶりだが、自分に素直な姿が憎めない愛される存在だった。そんなある日、鹿野は新人ボランティアの安堂美咲(高畑充希)に惚れ、同じボランティアの田中久(三浦春馬)にラブレターの代筆を依頼。しかし、久と美咲はつき合っていて……。

 モデルとなった鹿野は、12歳の時に「筋ジストロフィー」という筋肉が徐々に衰える難病を発症。今回の役柄について大泉は「脚本を読ませて頂いて、まず鹿野靖明という人の生き様に衝撃を受けました」とコメントし、鹿野が愛された理由を考えながら真摯に演じたいと語っている。

 原作は、「第35回大宅壮一ノンフィクション賞」と「第25回講談社ノ…

全文を読む

大泉洋「主役の話がちゃんと自分にきたことに安堵しております(笑)」2018年本屋大賞ノミネート作、塩田武士『騙し絵の牙』映画化始動!

大泉洋「主役の話がちゃんと自分にきたことに安堵しております(笑)」2018年本屋大賞ノミネート作、塩田武士『騙し絵の牙』映画化始動!

『騙し絵の牙』(塩田武士:著、大泉洋:写真(モデル)/KADOKAWA)

 塩田武士:著、大泉洋:写真(モデル)の小説『騙し絵の牙』(KADOKAWA)の実写映画化が始動することが明らかとなった。

 小説『騙し絵の牙』は、発案当初から映像化も視野に入れ企画、原作となる「小説」から主人公に俳優・大泉洋を“あてがき”(※映画や演劇などで、その役を演じる俳優をあらかじめ決めておいてから脚本を書く手法)し、執筆された異色の文芸作品。  物語のプロット作りは作家、出版社、芸能事務所、そして主演の大泉洋本人も交え2013年からスタート。幾度もプロット改稿を重ね、2016年5月から2016年11月まで雑誌『ダ・ヴィンチ』で主人公に扮した大泉洋が扉絵を飾り連載(全7回)、2017年8月31日に単行本として刊行された。原稿執筆の際には、著者の塩田武士が大泉洋の出演する映像作品や資料、そして本人との直接の会話・取材から大泉洋を徹底分析。大泉の口調やモノマネなどを忠実に作品に落とし込み、とことん主人公=大泉洋にこだわった「完全あてがき」の作品となった。

 グリコ・森永事件…

全文を読む

「大泉洋」のおすすめ記事をもっと見る

「大泉洋」のレビュー・書評をもっと見る

「大泉洋」の本・小説

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

大泉エッセイ 僕が綴った16年 (角川文庫)

作家
大泉洋
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2015-04-25
ISBN
9784041026106
作品情報を見る
騙し絵の牙

騙し絵の牙

作家
塩田武士
大泉洋
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-08-31
ISBN
9784040689043
作品情報を見る
大泉エッセイ  ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

大泉エッセイ ~僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

作家
大泉洋
あだち充
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2013-04-19
ISBN
9784840151672
作品情報を見る
大泉エッセイ 〜僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

大泉エッセイ 〜僕が綴った16年 (ダ・ヴィンチブックス)

作家
大泉洋
あだち充
出版社
KADOKAWA/メディアファクトリー
発売日
2013-04-16
ISBN
9784040666303
作品情報を見る
クイック・ジャパン97

クイック・ジャパン97

作家
ロンドンブーツ1号2号
ピエール瀧
中村珍
大泉洋
春名風花
女王 蜂
鈴木おさむ
板尾創路
ももいろクローバーZ
玉井詩織
向井理
山下 達郎
樋口毅宏
出版社
太田出版
発売日
2011-08-11
ISBN
9784778312718
作品情報を見る
男のミカタ2  酒の席で説教はやめてください (magazinehouse pocket)

男のミカタ2 酒の席で説教はやめてください (magazinehouse pocket)

作家
松久淳
大泉洋
出版社
マガジンハウス
発売日
2013-10-31
ISBN
9784838726226
作品情報を見る
男のミカタ1  夢の中まで語りたい (magazinehouse pocket)

男のミカタ1 夢の中まで語りたい (magazinehouse pocket)

作家
松久淳
大泉洋
出版社
マガジンハウス
発売日
2013-09-24
ISBN
9784838725816
作品情報を見る
男のミカタ

男のミカタ

作家
松久淳
大泉洋
出版社
マガジンハウス
発売日
2009-02-10
ISBN
9784838719495
作品情報を見る

「大泉洋」人気の作品ランキングをもっと見る

「大泉洋」の関連画像・写真

「大泉洋」の関連画像・写真をもっと見る