読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大倉眞一郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
おおくら・しんいちろう

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

エッセイスト

「大倉眞一郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

J-WAVE「BOOK BAR」が書籍化! 杏&大倉眞一郎が厳選した50冊

J-WAVE「BOOK BAR」が書籍化! 杏&大倉眞一郎が厳選した50冊

 女優の杏と大倉眞一郎が本を肴によもやま話を繰り広げる、毎週土曜夜10時からのラジオプログラム「BOOK BAR」。2008年に番組がスタートしてから10年間、2人が番組内で紹介し合った1000以上の作品の中から50冊を厳選してまとめた書籍『BOOK BAR お好みの本、あります。』(新潮社)が、2月27日に発売される。

 書籍の発売を記念して、番組初となる公開収録イベントが2月25日(日)に開催される。(イベントの募集は終了)番組ナビゲーターの杏と大倉眞一郎が来場者におすすめの本を紹介するほか「BOOK BAR」10年の歩みを振り返っていく。

 書籍の発売を前にナビゲーターの2人がコメントを寄せている。

 こんなに悩んだことはない!というくらい悩みに悩んで、本を50冊選びました。今までに紹介した本も全て載っています!どなたが読んでもどれかは必ず心にささるはず。本を手に取っていただくことで、新たなご縁が生まれることを楽しみにしております。(杏)

番組が始まって5年目くらいから、結構本気で「本にしてください」「出版社の方、お手をお挙げください」とこと…

全文を読む

「リポビタンフィール」プレゼント! BOOK BAR×ダ・ヴィンチ 第2回

「リポビタンフィール」プレゼント! BOOK BAR×ダ・ヴィンチ 第2回

「リポビタンフィール」プレゼントに応募する  読書家として知られる杏さんと大倉眞一郎さんがナビゲーターを務めるJ-WAVEのラジオ番組『BOOK BAR』と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』のコラボ第2弾。本誌編集長が番組に出演するとともに、『ダ・ヴィンチ』誌面でも3人のおすすめ本を掲載します。是非、あなたのお気に入りを見つけてください。

「物体でもあり、概念でもあり、象徴でもある」と杏さんが紹介し始めたのは、『中野京子が語る橋をめぐる物語』。古今東西の橋について、30編のエピソードを収めた一冊だ。「よくもこんなに橋についてのおもしろい話を書いたな」と、感心する杏さん。実在する橋のうち現存するものはすべて写真が掲載されているだけに、海外の変わった橋に「発想が違う」「デザインがチャレンジしている」とふたりで大盛り上がり。大倉さんは「写真を見ているだけでもOKな本」と、すっかり気に入った様子を見せた。

 大倉さんが選んだのは「杏ちゃんを喜ばせるために持ってきたような本」という、『丹波篠山 古民家を“めぐる”見聞帖』。もともとは、古民家再生活動に苦…

全文を読む

「リポビタンフィール」プレゼント! BOOK BAR×ダ・ヴィンチ 第1回

「リポビタンフィール」プレゼント! BOOK BAR×ダ・ヴィンチ 第1回

「リポビタンフィール」プレゼントに応募する  読書家として知られる杏さんと大倉眞一郎さんがナビゲーターを務めるJ-WAVEのラジオ番組『BOOK BAR』と、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』がコラボ。本誌編集長が番組に出演するとともに、『ダ・ヴィンチ』誌面でも3人のおすすめ本を掲載します。是非、あなたのお気に入りを見つけてください。

 杏さんが「こういうメールのやりとりをすべきです!」と選んだのは、『往復書簡 カメオのピアスと桜えび』。「ビジネスでも友人の間でも、即効性が求められるメールは端的になりがち」と語る杏さんに、大倉さんも「形式的なやりとりは多い」と頷く。その点おすすめ本は「なんてことないメールだけど、実のある会話がいっぱい詰まっています」と、杏さん。「大事に毎日をすごす女性同士の、なんでもないような文章のやりとりが素敵です。こういう大人になりたいと思いました」。

 一方で『居酒屋の誕生』をセレクトした大倉眞一郎さんは、「この後、くいっと一杯いくかい?」と口火を切る。居酒屋誕生の背景のみならず、「本文中で最初に登場するつまみは芋煮で、…

全文を読む

「大倉眞一郎」のおすすめ記事をもっと見る

「大倉眞一郎」の関連画像・写真

「大倉眞一郎」の関連画像・写真をもっと見る