読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大塚ひかり

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
おおつか・ひかり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

古典エッセイスト

「大塚ひかり」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

大胆な解釈に喝采! 敷居の高い古典文学は恋愛と性愛に満ちためくるめく桃色世界

大胆な解釈に喝采! 敷居の高い古典文学は恋愛と性愛に満ちためくるめく桃色世界

「快楽でよみとく…」というタイトルに、いわば春画のような、かなり淫らな内容を想像しながらダウンロードしたのだが、良い意味で裏切られた。    確かに堅苦しい古典文学の解釈とは違って、古典を恋愛とセックスでおもしろおかしく解釈しまくった本なのだが、時代背景や風俗もきちんと抑えられていて、貴族にとって「性」は「政」であり、「生」そのものであったことがよくわかる。 親近感の湧く楽しい文章にぐいぐいと引き込まれ、「なるほど、古典である女を『見たい』といえば、セックスしたいってことだったのね」とか、「眉を掻くのは、万葉時代、恋しい人に会えるおまじないだったんだ」とか、官能をくすぐられるよりも、眠っていた知的好奇心を久々にくすぐられた私である。    おもしろかったのは、「近まさり」という印象深い用語。源氏物語で明石の君と初めて閨を共にした源氏も口にしている。これは読んで字のごとく、近づいてみたら、より優っていたということで、著者いわく、間近で顔を見て、肌に触れ、語り合ってみたら、思っていたより魅力的だった…という文脈が多いそう。    一度でいいか…

全文を読む

「大塚ひかり」のレビュー・書評をもっと見る

「大塚ひかり」の本・小説

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

本当はエロかった昔の日本 (新潮文庫)

作家
大塚ひかり
出版社
新潮社
発売日
2018-04-27
ISBN
9784101205175
作品情報を見る
エロスでよみとく万葉集 えろまん

エロスでよみとく万葉集 えろまん

作家
大塚ひかり
出版社
新潮社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784103350934
作品情報を見る
くそじじいとくそばばあの日本史 (ポプラ新書)

くそじじいとくそばばあの日本史 (ポプラ新書)

作家
大塚ひかり
出版社
ポプラ社
発売日
2020-10-07
ISBN
9784591167632
作品情報を見る
古事記 いのちと勇気の湧く神話 (中公新書ラクレ)

古事記 いのちと勇気の湧く神話 (中公新書ラクレ)

作家
大塚ひかり
出版社
中央公論新社
発売日
2012-07-09
ISBN
9784121504234
作品情報を見る
カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)

カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)

作家
大塚ひかり
出版社
筑摩書房
発売日
2002-10-01
ISBN
9784480037787
作品情報を見る
感情を出せない源氏の人びと―日本人の感情表現の歴史

感情を出せない源氏の人びと―日本人の感情表現の歴史

作家
大塚ひかり
出版社
毎日新聞社
発売日
2000-01-01
ISBN
9784620314129
作品情報を見る
日本の古典はエロが9割  ちんまん日本文学史

日本の古典はエロが9割 ちんまん日本文学史

作家
大塚ひかり
出版社
日本文芸社
発売日
2016-05-26
ISBN
9784537261431
作品情報を見る
本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人 (新潮文庫)

作家
大塚ひかり
出版社
新潮社
発売日
2016-08-27
ISBN
9784101205168
作品情報を見る

「大塚ひかり」人気の作品ランキングをもっと見る