読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

クリープハイプ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
くりーぷはいぷ

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

2001年に尾崎世界観を中心に結成。09年から、小川幸慈、長谷川カオナシ、小泉 拓との4人で活動。12年にメジャーデビューを果たし、尾崎の作る私小説的な歌詞と、エモーショナルなバンドサウンドが人気を博す。

「クリープハイプ」のおすすめ記事・レビュー

音楽は正妻、書くことは愛人!? 尾崎世界観「こういう人間もいるんだと安心してもらえたら」――連載エッセイに大量加筆『泣きたくなるほど嬉しい日々に』

音楽は正妻、書くことは愛人!? 尾崎世界観「こういう人間もいるんだと安心してもらえたら」――連載エッセイに大量加筆『泣きたくなるほど嬉しい日々に』

 音楽シーンにおいて圧倒的な存在感を誇るロックバンド・クリープハイプ。そのフロントマンとして作詞作曲も手がける尾崎世界観。これまでも、半自伝的小説『祐介』(文藝春秋)やエッセイ『苦汁100%』(文藝春秋)などを発表し、高い評価を得てきた彼が、また新たな試みを形にした。

『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(尾崎世界観/KADOKAWA)は、雑誌『ダ・ヴィンチ』で1年間連載したエッセイに、大量の書き下ろし等を加えた単行本だ(装丁に使用されている写真も、尾崎さん自身が撮りためていたものだそう)。「なにが正しくて、なにが不正解か、情報があふれていて、かえって自分の判断に迷う今の世の中。自分の感覚は間違っているんじゃないかと疑問を持つ人も多いと思います。でも、僕も間違ってきた結果、こんな本を書いている。『こういう人間もいるんだな』と、安心してもらえたら嬉しいです」。そんなふうに語る尾崎さんが、今回の執筆を通して見出したこととは? お話をうかがった。

『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(尾崎世界観/KADOKAWA)

■原稿用紙10枚のエッセイは、歯磨き粉のチュ…

全文を読む

生きづらさを感じるすべての人に送る、クリープハイプ・尾崎世界観最新エッセイが発売決定!

生きづらさを感じるすべての人に送る、クリープハイプ・尾崎世界観最新エッセイが発売決定!

 いま何かと話題のクリープハイプ・尾崎世界観。雑誌『ダ・ヴィンチ』で2018年4月から1年間連載した人気エッセイ『泣きたくなるほど嬉しい日々に』に新たに書き下ろし等を加えた単行本が、7月26日に発売されることが決定した。

 4人組ロックバンド・クリープハイプのフロントマンとして、作詞作曲も手掛ける尾崎は、これまで『祐介』『苦汁100%』『苦汁200%』『犬も食わない』などを上梓し、その独特な韻の踏み方や言葉遊びで文学界でも脚光を浴び、高い評価を得てきた。

 そんな注目の著者が放つ最新作は「書きたいことを書きたいように書いてみた」という丸裸のエッセイ集だ。

≪ライブの必需品「ご当地パック」≫ ≪【尾崎世界観】エゴサーチでドツボにはまる≫ ≪朝、女子の部屋から帰るときに気になる“アレ”≫ ≪めざましテレビ出演で気づいた「伝える」難しさ≫ ≪もう今はいない、大切な3人のこと≫

 など、尾崎ならではの視点で綴られる文章は、音楽活動時の強気なイメージとは異なり、恥ずかしさや悔しさ、悲しさなど、どこか弱気な別の顔が浮かんでくる。

「文章は自分自身の説明書を作るような…

全文を読む

45歳の青春ストーリー『たそがれたかこ』完結! クリープハイプ・尾崎世界観による完全オリジナル曲収録のCD付き特装版発売決定

45歳の青春ストーリー『たそがれたかこ』完結! クリープハイプ・尾崎世界観による完全オリジナル曲収録のCD付き特装版発売決定

 「このマンガがすごい! 2015」オンナ編第8位にランクインした、45歳バツイチのたかこの青春ストーリー『たそがれたかこ』の第10巻が2017年7月13日(木)に発売される。  『たそがれたかこ』の完結編となる第10巻は、通常版と同時にCD付き特装版を発売することが決定。ロックバンド「クリープハイプ」で活躍する尾崎世界観が、同作品のために書き下ろした完全オリジナル曲を収録した、CD付きの1巻および10巻の特装版が発売される。 ※特装版CDの収録内容は1巻・10巻ともに同内容。

『たそがれたかこ』とは 片岡たかこ。45歳バツイチ。一人娘は別れた旦那のもとで暮らしている。生きづらさを抱えた空虚な日々を変えたのは、若い歌うたいへの強烈な恋だった…! ◆『たそがれたかこ』1話試し読みページ https://goo.gl/2efkwq ※掲載内容は変更になる場合があります。

全文を読む

クリープハイプ尾崎世界観として、小説家として、一進一退、「葛藤の日々」を描いた美しくも切ないエッセイ集『苦汁100%』

クリープハイプ尾崎世界観として、小説家として、一進一退、「葛藤の日々」を描いた美しくも切ないエッセイ集『苦汁100%』

『苦汁100%』(尾崎世界観/文藝春秋)

 あなたのみている世界にはどんな味わいがあるだろう。そう考えた時に、我々の世界がいかに無味乾燥でつまらないのかに気づく。しかし、この苦々しい世界のなかでも必死であがいて独自の世界を切り拓く人はいる。

 尾崎世界観著『苦汁100%』(文藝春秋)は、大人気ロックバンド「クリープハイプ」のギターボーカルで、小説家の尾崎世界観が喜怒哀楽さまざまな感情にあふれた日々を綴った日記集。有料メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」で連載されたエッセイが書籍化された作品だ。尾崎は、「クリープハイプ」のフロントマンとして、美しく切ないハイトーンボイスと押韻や比喩表現を用いた文学的な歌詞が高く評価されているが、2016年処女小説『祐介』でバラエティ番組『アメトーーク!』の読書芸人大賞を受賞して以降、作家としても大きな注目を集めている。ミュージシャンとして、小説家として、多忙に過ごす尾崎世界観の日々は、ユーモアたっぷり。自意識たっぷり。日々葛藤するその様子に、元々のファンもそうでない人も、共感し、惹き付けられることだろう。

某月某…

全文を読む

尾崎世界観(クリープハイプ)「これが好きそうだからと薦めて貰うのは凄く嬉しいですね」

尾崎世界観(クリープハイプ)「これが好きそうだからと薦めて貰うのは凄く嬉しいですね」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、新曲『イト』を発表したばかりのクリープハイプ・尾崎世界観さん。たくさんのオススメ本のなかから人生相談本の面白さについて語ってくれた。

 昨年、初の小説『祐介』を執筆し、ミュージシャンに加えて小説家という肩書が増えた尾崎さん。それまで本屋には頻繁に行っていたそうだが、『祐介』刊行後は足が遠のいてしまったという。自身の小説が置いてあるのが恥ずかしいのかと思いきや。

「逆ですね。本屋は昔から大好きなんですけど、自分の本が置いていなくて、他の人が書いた本が展開されいると悔しくなるので(笑)。少し悲しい思いをしています」

 とはいえ、相変わらず本は読んでいるそう。

「この前、ライターの橋本さんから『人間滅亡的人生案内』を“きっと気にいると思うから”と貰ったんですけど、これは面白かったです。人生相談本なんですが、全部同じことしか答えてないんです。人間は虫と植物と同じだから何も考えないことが正解だとずっと言い続けている。いろいろ悩…

全文を読む

誰からも求められていない 過敏で感性が冴えていた、あの頃

誰からも求められていない 過敏で感性が冴えていた、あの頃

 ロックバンドのボーカリストが小説を書く。それ自体は珍しくない。町田康や辻仁成は芥川賞作家だし、コラムやエッセイで思いの丈を綴る音楽家も多い。  男と女のドキッとする瞬間や、出口のない毎日へのいらだちなど、尾崎世界観の歌詞は行間からいろいろ妄想させられる。言葉への愛が深いからこそ、小説への挑戦は納得だ。 「昔から本を読むのは好きだったし、音楽誌などでコラムも書かせて貰っていて、いつか小説を書きたいと思っていました。実際に話が進んだのは、1年半くらい前に文藝春秋の編集さんと出会ってから。僕のなかでは文藝春秋といえば、“小説の出版社”というイメージがあったので、そこでやれるなら絶対にやりたいと思いました」

尾崎世界観 おざき・せかいかん●1984年、東京都生まれ。2001年結成のロックバンド『クリープハイプ』のボーカル、ギター。印象的な声と、比喩表現を用いた文学的な歌詞が高く評価され、12年『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。16年8月10日にシングル『鬼』が発売。『祐介』ははじめての小説となる。  

 とはいえ小説は、歌詞やコラム…

全文を読む

日経「星新一賞」×ダ・ヴィンチ「発想力鍛錬ワークショップ2015」学生参加者100名募集! 当日はスペシャルゲストも!

日経「星新一賞」×ダ・ヴィンチ「発想力鍛錬ワークショップ2015」学生参加者100名募集! 当日はスペシャルゲストも!

誰も思いつかないアイデアを作れ! 「発想力鍛錬ワークショップ2015」

参加者募集  日経「星新一賞」と雑誌『ダ・ヴィンチ』がタッグを組み開催する、大学生向け特別ワークショップ。第1部では、クリープハイプ 尾崎世界観さんが創作の秘訣についてお話しします。続く第2部は、グループにわかれて、アイデア発想から物語を創作してみるワークショップ。現役作家が直接指導を行う数少ない機会です。また、雑誌『ダ・ヴィンチ』で「乃木坂活字部!」を連載中の乃木坂46・高山一実さんが、同連載の活動として参加予定です。普段いいアイデアが思いつかなくて困っている方、アイデアを形にしようとすると途端にうまくいかなくなる方、また、物語を考えるのが好きな方も、物語なんて書いたことないという方も皆さん大歓迎。この機会に創作を通し、発想力鍛錬をしませんか。プログラムの最後の懇親会では軽食も用意しています。ふるってご応募ください。

開催概要 日時:2015年11月25日(水) 15時開始/19時終了予定 場所:千代田区富士見2-13-12「KADOKAWA 富士見ビル」(各線飯田橋駅下車)…

全文を読む

「クリープハイプ」のおすすめ記事をもっと見る

「クリープハイプ」のレビュー・書評をもっと見る

「クリープハイプ」の本・小説

クイック・ジャパン 109

クイック・ジャパン 109

作家
百田夏菜子
ももいろクローバーZ
氣志團
私立恵比寿中学
大根仁
古市憲寿
マキタスポーツ
土田晃之
さまぁ~ず
クリープハイプ
有村架純
出版社
太田出版
発売日
2013-08-10
ISBN
9784778313791
作品情報を見る
バンド・スコア クリープハイプ「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」

バンド・スコア クリープハイプ「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」

作家
クリープハイプ
出版社
シンコーミュージック
発売日
2013-04-19
ISBN
9784401357208
作品情報を見る

「クリープハイプ」人気の作品ランキングをもっと見る

「クリープハイプ」の関連画像・写真

「クリープハイプ」の関連画像・写真をもっと見る