読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

滝沢志郎

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たきざわ・しろう

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

テクニカルライター

「滝沢志郎」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

鹿鳴館時代を生きる女学生の熱く美しい友情と戦いを描く 滝沢志郎著『明治乙女物語』

鹿鳴館時代を生きる女学生の熱く美しい友情と戦いを描く 滝沢志郎著『明治乙女物語』

『明治乙女物語』(文藝春秋) 第24回松本清張賞を受賞した滝沢志郎の『明治乙女物語』(文藝春秋)は、このストレートなタイトルが示す通り、舞台となるのは後に「鹿鳴館時代」と呼ばれる明治の世、東京は御茶ノ水の高等師範学校女子部(通称・女高師)の寄宿舎で暮らす女学生たちの活躍を描く青春群像ミステリーだ。

事件が起こるのは明治21年、秋。時の文部大臣・森有礼が女高師の講堂で主催した舞踏会の最中、校庭で爆発音が響き、続いて講堂に置かれたコスモスの植木鉢に仕掛けられたと思しき爆発物が破裂。薄い煙が立ち上り、植木鉢から破裂音が続く。突然の事態に皆が立ちすくむ中、猛然と植木鉢に駆け寄って水差しの水をぶちまけて破裂を止めたのが、女高師3年の野原咲だった。咲はさらなる爆発で被害が出ないよう、植木鉢を誰もいない演壇の上に向かって放り投げる。それを目撃した森有礼は「私の考えも及ばぬ、見事な女子だ」と感嘆するが、学友の駒井夏は咲の無謀な行動に激昂し、思わず頬を張って「死んだらどうすんの、この大馬鹿!」と怒鳴ってしまう。

咲はドレスを完璧に着こなす日本人離れした壮健な肉体に成…

全文を読む

「滝沢志郎」のレビュー・書評をもっと見る

「滝沢志郎」の本・小説

  • ランキング

明治乙女物語 (文春文庫)

明治乙女物語 (文春文庫)

作家
滝沢志郎
出版社
文藝春秋
発売日
2019-06-06
ISBN
9784167912963
作品情報を見る
明治銀座異変

明治銀座異変

作家
滝沢志郎
出版社
文藝春秋
発売日
2018-09-14
ISBN
9784163908571
作品情報を見る
明治乙女物語

明治乙女物語

作家
滝沢志郎
出版社
文藝春秋
発売日
2017-07-07
ISBN
9784163906928
作品情報を見る

「滝沢志郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「滝沢志郎」の関連画像・写真

「滝沢志郎」の関連画像・写真をもっと見る