KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沢木耕太郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
さわき・こうたろう

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1979年
『テロルの決算』第10回大宅壮一ノンフィクション賞
1982年
『一瞬の夏』第1回新田次郎文学賞
1985年
『バーボン・ストリート』第1回講談社エッセイ賞
1993年
『深夜特急 第三便 飛光よ、飛光よ』第2回JTB紀行文学大賞
2003年
第51回菊池寛賞
2006年
『凍』第28回講談社ノンフィクション賞
2013年
『キャパの十字架』第17回司馬遼太郎賞

「沢木耕太郎」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

沢木耕太郎が「はじめての旅」で経験した「親切」とは?――最新刊『飛び立つ季節 旅のつばくろ』からエッセイを特別公開!

沢木耕太郎が「はじめての旅」で経験した「親切」とは?――最新刊『飛び立つ季節 旅のつばくろ』からエッセイを特別公開!

「旅のバイブル」の名をほしいままにしている不朽の名作『深夜特急』(新潮文庫)。その著者、沢木耕太郎氏が北へ南へ、この国を気の向くままに歩き続けた「国内旅エッセイ集」、『飛び立つ季節 旅のつばくろ』(新潮社)の中から、極上のエッセイを一篇お送りします!

『飛び立つ季節 旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

旅のリンゴ

 旅先で出会う人には、「善い人」もいれば「悪い人」もいる。でも、どちらかといえば「善い人」の方が多いと思う。いや、もう少し大胆に言ってしまえば、私は「悪い人」にほとんど遭遇したことがない。そう、私は、旅における「性善説」の持ち主なのだ。

 十六歳のときの東北一周旅行では、上野から乗った奥羽本線の夜行列車を秋田駅で降りた。

 降りた私が、どのような行動をとったのかは覚えていない。いずれにしてもどこかで朝食をとったと思われるが、駅によくあるような立ち食いそば屋に入ったのか、売店で菓子パンでも買って食べたのか。

 わかっているのは、その朝、秋田駅から男鹿半島の寒風山に向かったということだけだ。

 しかし、情けないことに、何という名の駅…

全文を読む

沢木耕太郎が愛する、片道3時間半もの「東京への旅」/『旅のつばくろ』④

沢木耕太郎が愛する、片道3時間半もの「東京への旅」/『旅のつばくろ』④

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

近くても遠いところ

 私が東京の小学生だった昭和三十年代、家族旅行はあまり一般的なものではなかったように思う。家族そろっての行楽という習慣がなかったということもあるが、どんな家も経済的にさほどの余裕がなかったのだ。  だから、学校で行楽地に行くことのできる遠足は子供たちにとって大きなイベントだった。何円までという制約の中で、おやつにどの菓子を買って持っていくか。母親の作ってくれる弁当が何なのか。前日から多くの楽しみと期待に満ちていた。  そのようにして、私も東京近郊のさまざまな観光地に行ったものだった。  高尾山、江の島、鎌倉の大仏、鋸山(のこぎりやま)……。  しかし、不思議なことに、そうした観光地は成人してからほとんど行くことのないとこ…

全文を読む

沢木耕太郎が旅先で前代未聞の行動? その理由は「宮沢賢治」/『旅のつばくろ』③

沢木耕太郎が旅先で前代未聞の行動? その理由は「宮沢賢治」/『旅のつばくろ』③

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

贅沢の効用

 そのとき、私にはとても珍しいことだったが、岩手の花巻でタクシーに乗っていた。  タクシーに乗るのがどうして珍しいことなのか?    私は浪費家でもないが、吝嗇家(りんしょくか)、すなわちケチというのでもないと思う。財布というものを持ったことのない私は、あればあるだけの金をポケットに突っ込み、ほとんど無造作に使い切ってしまう。要するに金の使い方に関してはかなり無頓着な方なのだ。  しかし、タクシーに使う金に関してだけは別である。臆病、と言ってもいい。  もっとも、つい最近まで、銀座や新宿の酒場で夜遅くまで飲み、家にタクシーで帰るなどということを日常的に続けていたが、そのときのタクシー代をもったいないと思ったことはない。…

全文を読む

沢木耕太郎と、宮城で出会った料理人との粋な「縁」/『旅のつばくろ』②

沢木耕太郎と、宮城で出会った料理人との粋な「縁」/『旅のつばくろ』②

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

縁、というもの

 縁、というものがある。  眼には見えないが強く存在する何らかの関わり、というような意味と私は理解している。  この縁、人と人とを結びつけるものを指すことが多いが、地縁というように人と土地との間にも確かに存在するような気がする。  生まれ育った土地に縁があるのはもちろんだが、単なる旅先の土地であっても、そこに縁を感じたり、縁が生まれたりすることがある。    東京で生まれ育った私には宮城というところに特別の縁はなかった。だが、私の三十代の終わりの頃、ひとつの縁が生まれた。  当時、文藝春秋という出版社が文化講演会なるものを行っていた。教育委員会とか農協といった地元の受け入れ先の要請に従って、日本全国に作家を「派遣」…

全文を読む

沢木耕太郎の「夢の旅」はダーツの旅?/『旅のつばくろ』①

沢木耕太郎の「夢の旅」はダーツの旅?/『旅のつばくろ』①

不朽の名作『深夜特急(新潮文庫)』(新潮社)が旅のバイブルと称される、作家・沢木耕太郎氏。JR東日本の新幹線車内誌「トランヴェール」で好評連載していた「国内旅エッセイ」が『旅のつばくろ』(新潮社)として単行本化。その中から全4回で極上のエッセイを連載します。

『旅のつばくろ』(沢木耕太郎/新潮社)

*   *   *

夢の旅

 ある時期までの日本では、ハワイへの旅が「夢の旅」の代名詞になっていた。私も少年時代、テレビの番組で「クイズを当てて夢のハワイに行きましょう」という司会者の言葉を何の違和感もなく受け止めていた記憶がある。  現代では、たとえどんなに遠くであっても行って行かれないことはなくなってきたという意味において、「夢の旅」というものが存在しにくくなっているように思える。  とすれば、現代の「夢の旅」は空間ではなく、時間を超えた旅、過去への旅ということになるのだろうか。  かつて私の「夢の旅」は、ヴェトナム戦争時のサイゴンと、一九三〇年代のベルリンと、昭和十年代の上海に長期滞在する、というものだった。どの街も爛熟した妖しい雰囲気を持った土地のよう…

全文を読む

注目の新刊 『旅の窓』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

注目の新刊 『旅の窓』 ダ・ヴィンチ2013年7月号

「旅の窓」とは、風景の向こうに自分の心の奥をのぞかせてくれるもの、と語る著者。アジア、ヨーロッパ、アメリカ大陸など81編の小さな物語が、心に静かに響く。また旅のワンシーンをそっと切り取った抒情的な写真も1点ずつ添えられており、印象的だ。

全文を読む

注目の新刊 『わるいことがしたい!』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『わるいことがしたい!』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

主人公はいたずら好きの男の子。「わるいことがしたい!」と思った彼は、部屋を散らかしたり、オモチャを壊したり、食べ物をまき散らしたり。でも、思いっきりわるいことをした後は――。『深夜特急』などで知られる作家が手がけた、ワクワクドキドキの絵本。

全文を読む

「沢木耕太郎」のおすすめ記事をもっと見る

「沢木耕太郎」の本・小説

ベスト・エッセイ2023

ベスト・エッセイ2023

作家
角田光代
林真理子
藤沢周
堀江敏幸
町田康
三浦しをん
赤木明登
阿川佐和子
秋田麻早子
浅田次郎
荒俣宏
石田夏穂
磯野真穂
稲垣 栄洋
今井真実
上田岳弘
内澤旬子
内田春菊
大辻隆弘
小川哲
奥泉光
鎌田 裕樹
川添 愛
神林長平
岸本佐知子
きたやま おさむ
桐野夏生
鯨庭
久栖博季
黒井千次
小池昌代
小池真理子
郷原 宏
佐伯一麦
酒井順子
佐藤利明
佐藤 洋二郎
沢木耕太郎
沢野ひとし
茂山 千之丞
篠弘
柴田一成
杉山昌隆
鈴木伸一
須藤一成
青来 有一
関田育子
大道珠貴
高田郁
武田砂鉄
田中慎弥
中山祐次郎
七尾旅人
乗代 雄介
服部文祥
平岡直子
平松洋子
藤原 智美
藤原麻里菜
古川真人
ブレイディみかこ
細川護熙
細馬宏道
穂村弘
本田秀夫
松尾スズキ
三崎亜記
宮田珠己
村田あやこ
村田喜代子
森田真生
山内マリコ
柚木麻子
夢枕獏
綿矢りさ
aka
出版社
光村図書出版
発売日
2023-06-26
ISBN
9784813804383
作品情報を見る
飛び立つ季節 :旅のつばくろ

飛び立つ季節 :旅のつばくろ

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
2022-06-30
ISBN
9784103275220
作品情報を見る
貧乏だけど贅沢 (文春文庫 さ 2-18)

貧乏だけど贅沢 (文春文庫 さ 2-18)

作家
沢木耕太郎
出版社
文藝春秋
発売日
2012-01-04
ISBN
9784167209186
作品情報を見る
【旧版】深夜特急1 ー 香港・マカオ (新潮文庫)

【旧版】深夜特急1 ー 香港・マカオ (新潮文庫)

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
1994-03-30
ISBN
9784101235059
作品情報を見る
天路の旅人

天路の旅人

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
2022-10-27
ISBN
9784103275237
作品情報を見る
1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

1964年の東京オリンピック : 「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか

作家
三島由紀夫
石川達三
杉本苑子
大江健三郎
開高健
井上靖
山口瞳
松本清張
丸谷才一
小田 実
渡辺 華子
柴田錬三郎
阿川弘之
曾野綾子
瀬戸内 晴美
有吉佐和子
石井好子
安岡章太郎
岡本太郎
小林秀雄
中野好夫
会田 雄次
菊村 到
石井 正己
大宅壮一
司馬遼太郎
亀倉 雄策
市川 崑
沢木耕太郎
石原慎太郎
遠藤周作
平林たい子
武田泰淳
松永伍一
星新一
出版社
河出書房新社
発売日
2014-01-21
ISBN
9784309022536
作品情報を見る
旅のつばくろ

旅のつばくろ

作家
沢木耕太郎
出版社
新潮社
発売日
2020-04-22
ISBN
9784103275213
作品情報を見る
ハチヤさんの旅 (たくさんのふしぎ傑作集)

ハチヤさんの旅 (たくさんのふしぎ傑作集)

作家
沢木耕太郎
出版社
福音館書店
発売日
1992-10-01
ISBN
9784834011456
作品情報を見る

「沢木耕太郎」人気の作品ランキングをもっと見る