読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「壇蜜」のレビュー・書評

結婚しても「壇蜜」であり続ける――あるがままの私生活を覗き見!『結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2』

結婚しても「壇蜜」であり続ける――あるがままの私生活を覗き見!『結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2』

『結婚してみることにした。壇蜜ダイアリー2』(壇蜜/文藝春秋) 「いい夫婦の日」の11月22日には毎年、仲睦まじい芸能人夫婦のニュースがメディアで取りざたされる。しかし、昨年は世の男性が悲しみにくれるニュースが飛び込んできた。人気タレント、壇蜜さんの結婚報告だ。  お相手は『青春ヒヒヒ』(集英社)や『ウヒョッ! 東京都北区赤羽』(双葉社)といった人気漫画を生み出した、漫画家の清野とおるさん。意外な夫婦の誕生に日本中がどよめき、日本一セクシーな新妻を手に入れた清野さ…

もっと見る

『東京怪奇酒』ヒット祈願! 清野とおるがボルサリーノ関の開運飯を食らう!

『東京怪奇酒』ヒット祈願! 清野とおるがボルサリーノ関の開運飯を食らう!

ボルサリーノ関さんの「開運飯」とは?  お笑いコンビ「ボルサリーノ」の関 好江さん。芸人界の中でささやかれる、彼女についてのひとつの噂がある。それは「ボルサリーノ関の作ったご飯を食べた者は売れる」というもの。  もともとは貧乏でご飯が食べられない後輩たちや仲の良い芸人たちのために自宅で料理をふるまうようになったという関さんだが、「パワースポットやパワーストーンがあるように、 食事にもパワーフードがある!」という考えのもと、 陰陽五行を中心に、民間伝承、風水、栄養学など…

もっと見る

壇蜜初の小説集! “人命救助のようなセックスをした”死んだ夫の遺骨と暮らす未亡人を描く『はんぶんのユウジと』

壇蜜初の小説集! “人命救助のようなセックスをした”死んだ夫の遺骨と暮らす未亡人を描く『はんぶんのユウジと』

『はんぶんのユウジと』(壇蜜/文藝春秋)  エロティックさを売りにした女性タレントは、一般的にあまり女性受けがよくない。しかし、壇蜜さんだけは別だ。トレードマークの長い黒髪に妖艶な雰囲気を纏っている彼女を初めてテレビのトーク番組で見た時、すごい人が現れたなと思った。エロティックな言葉をいくら口にしても彼女は下品に見えなかったからだ。言葉の端々から教養と独特の陰りが見え隠れする人だと思った。  ご存じの方も多いと思うが、壇蜜さんは異色の経歴を持つ…

もっと見る

壇蜜に「たべたいの」と言われてみたい! オクラから魚肉ソーセージまで…食に関するあんなこと、こんなこと

壇蜜に「たべたいの」と言われてみたい! オクラから魚肉ソーセージまで…食に関するあんなこと、こんなこと

『たべたいの』(壇蜜/新潮社)  グルメレポート、通称「食レポ」は、レポーターのセンスが問われる。幼い頃から現在に至るまでにその人が口にしてきたあらゆる食べ物が指標となり、いわばその人の食の遍歴を露呈することになるのだ。目の前の食べ物がいかに魅力的であるかを具体的にアピールするためには「味」だけでなく、「香り」「食感」「音」「見た目」など五感を駆使して、舌の記憶の引き出しを開け、相応しい表現を探さなければならない。「食欲をそそる香り」「パンチのきいた味」「ふ…

もっと見る

男女の「出会い方」から「添い遂げ方」まで! 林真理子と壇蜜が徹底討論!

男女の「出会い方」から「添い遂げ方」まで! 林真理子と壇蜜が徹底討論!

『男と女の理不尽な愉しみ』(林真理子、壇蜜/集英社)  甘く、幸せで、魅力的な男と女の関係は、「不倫」や「熟年離婚」が社会的な問題になるなど、現代かくも問題に満ち溢れ、今や強く私たちを悩ませている。 『男と女の理不尽な愉しみ』(林真理子、壇蜜/集英社)では、そんな昨今における男と女を巡る数多くのテーマ、「出会い方」から「添い遂げ方」までが、男と女について多くを知る林真理子氏・壇蜜氏の2人によって、徹底的に議論されている。  ここでは、その議論を3つ…

もっと見る

壇蜜の私生活をお上品に覗き見! 興奮すること間違いなしの日記の内容とは

壇蜜の私生活をお上品に覗き見! 興奮すること間違いなしの日記の内容とは

 「諦める」というのは、仏教的には、「悟る」という意味を持つという。そう聞けば、意地を通すことばかりが正しいのではないのだと気がラクになった心持ちがするだろう。タレントの壇蜜が日常生活を綴った『壇蜜日記』には、何かを諦めたような雰囲気を漂わせている。愚痴をいう日もある。寂しい日もある。  だが、彼女が書く文が浮かび上がらせるのは、何かを悟りきったような視線で世の中を見つめる彼女の姿だ。そこにどういうわけだか、艶かしさを感じてしまうのは、いけないことなのだろうか。…

もっと見る

【壇蜜主演映画の原作】じらされる快感にページがぐいぐい進むエッチ小説

【壇蜜主演映画の原作】じらされる快感にページがぐいぐい進むエッチ小説

書くのがむずかしい小説の双璧は怪談とポルノだろう。 怪談というのは、怖い出来事をそのまま書いてもちっとも恐ろしくない。「はい、そうですか」で終わってしまう。その怖さの芯まで読者を導いてくれるプロセスが最も大切なのだ。そっちの方が怪談の真骨頂といえるほどだ。日常的な風景からあり得ない怪事までグラデーションになって続いている皮膜を、波立たせないようにしかしダイナミックに破っていくには相当な筆力を必要とする。 ポルノグラフィもおなじだ。酸鼻を極めた酒池肉林を徹頭…

もっと見る

あの壇蜜のすべてが知れちゃうセキララエッセイ

あの壇蜜のすべてが知れちゃうセキララエッセイ

檀れい、檀ふみ、壇蜜。彼女たちは日本三大壇と呼ばれております(※岡本夏生がテレビで言ってました。ウソですが。) にしても、この「壇」という苗字に「蜜」という名前を付けるだけでエロス(しかもなんだか凄そうな)が前面に押し出されるということを発見した壇蜜はすごい。 「ネーミング勝ちだな」と思う人やモノは色々あるが、まさに壇蜜もネーミング勝ち、というか、名前で一旦ひきつけておいて、そして見てみたら名前の通り、いやそれ以上のエロスとキャラクターだったということで、…

もっと見る
12