読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「池井戸潤」のレビュー・書評

池井戸潤が相続トラブル実話をアレンジ!かばん屋の社長急逝後の2人の兄弟の運命とは

池井戸潤が相続トラブル実話をアレンジ!かばん屋の社長急逝後の2人の兄弟の運命とは

「人間よりは金のほうがはるかに頼りになりますよ。頼りにならんのは人の心です。」という尾崎紅葉の言葉を思い出す。金は揺るぎなく、その額だけの力を持つが、人はどうだろうか。世間の荒波の中で幾度となく心揺さぶられてしまう弱々しい人間は、確かに頼…

もっと見る

相変わらずの倍返し! 切れ味は一層鋭く、あの半沢直樹が帰って来た

相変わらずの倍返し! 切れ味は一層鋭く、あの半沢直樹が帰って来た

小説がドラマ化され、原作小説が部数をのばすのはよくあること。しかし、放送が終わったあともなお主人公の台詞が社会に定着し、脇役の俳優たちまでもがメジャーになり、人々が次作を期待する…そんな作品はごく少ないものです。その希有なヒット作、半沢直樹…

もっと見る

WOWOWにてドラマ化! 池井戸作品・白水銀行の新たなヒーロー

WOWOWにてドラマ化! 池井戸作品・白水銀行の新たなヒーロー

池井戸作品と言えば、“銀行”。なのですが、本作はちょっと毛色が変わっていて、カリスマ経営者によって巨大成長した大手スーパーに爆発物が仕掛けられ、脅迫犯を警察が追いつめるというストーリーが大きく絡められています。 スーパー一風堂に融資している白…

もっと見る

杏主演『花咲舞が黙ってない』のもうひとつの原作本! 不祥事を見抜く「特命」の仕事とは?

杏主演『花咲舞が黙ってない』のもうひとつの原作本! 不祥事を見抜く「特命」の仕事とは?

習字の授業の後、ふと気が付くと手は真っ黒く染まり、その手で触れた机も教科書も知らぬ間に汚れて黒ずんでいた。墨で染まった手は時間が経てば経つほど落ちにくい。意外なところへとベタベタと痕跡を残している。気づいたころには周りにも黒いシミができて…

もっと見る

オンナ版半沢直樹!? 銀行員役の杏が主演で池井戸作品が再びドラマ化!

オンナ版半沢直樹!? 銀行員役の杏が主演で池井戸作品が再びドラマ化!

池井戸作品と言えば、組織の理論に振り回されない毅然とした主人公が登場して快刀乱麻の活躍で周囲の陰謀に打ち勝つ、というストーリーが思い浮かぶし、ドラマ『半沢直樹』以降はそれを期待している読者も多いことでしょう。しかし、女性と言えば、添え物的…

もっと見る

トッピング全部のせ! 満足感たっぷり、池井戸潤の企業小説

トッピング全部のせ! 満足感たっぷり、池井戸潤の企業小説

本作内の説明によれば、“ルーズヴェルト・ゲーム”とは、最終的には7−8で決着するような、打点が積み上げられてゆく、追いつけ追い越せの手に汗握るゲームのことで、ルーズヴェルト大統領が「もっともおもしろいスコア」と言ったことが語源だそうです。で、こ…

もっと見る

今度は出向&1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後 

今度は出向&1500億! ドラマでは描かれない「半沢直樹」のその後 

早速ですが、この作品のあらすじを説明しようとすると、いきなり前作のネタバレになります。まだ『オレたち花のバブル組』を読んでいない人はこのレビューを読まないでください。または、アメドラのDVDパッケージ用解説程度のものとご理解ください。 (さらに…

もっと見る

「半沢直樹」シリーズの原型!? 池井戸潤が描く、銀行員サスペンス

「半沢直樹」シリーズの原型!? 池井戸潤が描く、銀行員サスペンス

夜景を生み出す一粒一粒の光は遅くまで働くサラリーマンの魂だ。そのことに気づいた時、「働きたくないなあ」と嘆息。どんな職業にだって、残業はつきものだし、安らぎはないのだろうと悟った。かつては、世間体上々で将来安泰と言われていた銀行員ですら不…

もっと見る