読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「池上彰」の関連記事

そうだったのか! 池上彰と津田大介が教える「テレビ・新聞・ネット」を読む技術

そうだったのか! 池上彰と津田大介が教える「テレビ・新聞・ネット」を読む技術

『池上彰×津田大介 テレビ・新聞・ネットを読む技術(中経の文庫)』(KADOKAWA)  テレビのニュース解説でおなじみの池上彰と、ウェブメディア界の寵児・津田大介。二人のジャーナリストが「テレビ・新聞・ネット」について語った『池上彰×津田大介 テレビ・新聞・ネットを読む技術(中経の文庫)』(KADOKAWA)が2016年12月15日(木)に発売された。  イギリスのEU離脱やトランプ氏のアメリカ大統領選挙戦の勝利など、世界で「大番狂わせ」…

もっと見る

なぜ引っ張りだこ? 池上彰の情報活用術のすべて

なぜ引っ張りだこ? 池上彰の情報活用術のすべて

『情報を活かす力』(池上彰/PHP研究所)  ニュースをわかりやすく解説してくれる人といえば池上彰氏だ。池上氏の人気は高い。各テレビ局の特番を度々受け持ち、新聞や雑誌の連載も数多く抱えている。わ かりやすい解説が魅力とはいえ、インターネットで簡単に情報を調べられる昨今において、なぜこんなにも引っ張りだこなのか。  その理由のひとつに、私たちが情報の集め方や読み方をいまひとつわ かっておらず、解釈を人任せにしている現状がある。情報を得たところで身…

もっと見る

憲法学者が論じない、誤訳された「9条の自衛権」

憲法学者が論じない、誤訳された「9条の自衛権」

『英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法』(KADOKAWA)  参議院選挙が与党の勝利に終わり、それまで息を潜めていた“改憲”論議が、再燃してきました。というのも、今回の参院選によって、憲法改正に前向きな自民、公明、おおさか維新、日本のこころの4党で議席数の3分の2を超えたため、改正法案の可決が現実的なものとなってきました。  そこで、前回の記事「自衛戦争は合憲!? 英語版でわかった『日本人の知らない日本国憲法」』よりさらに踏み込み、禁断の…

もっと見る

選挙直前! 一票の前に読みたい電子書籍4選

選挙直前! 一票の前に読みたい電子書籍4選

 いよいよ投開票が今週末に迫った、参院選。今回の選挙からは18歳、19歳の新有権者が投票できるようになるとあって、若年層がどれほど参加するかも注目の一つとなっている。選挙前の今、改めて日本を取り巻く経済や政治の問題点はどういったものがあるのか学ぶことができるフェア「選挙直前!一票の前に一冊フェア」が2016年7月1日(金)~14日(木)まで電子書籍各店にて実施されている。(※最大50%オフ。価格は電子書店によって異なります)政治や社会問題をテーマにした書籍が数多く…

もっと見る

自衛戦争は合憲!? 英語版でわかった「日本人の知らない日本国憲法」

自衛戦争は合憲!? 英語版でわかった「日本人の知らない日本国憲法」

『英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法』(KADOKAWA)  7月の参院選の争点の1つといえば、「憲法の改正」。実は、日本国憲法には、「GHQが読んだ、英語バージョン」があるのをご存じでしょうか? その内容を徹底的に読み込んでいくと、これまでの憲法観を覆す「裏側」があることが分かってきたのです。  『英語版で読む 日本人の知らない日本国憲法』(KADOKAWA)では、理論言語学者の畠山雄二氏と、ジャーナリストの池上彰氏が、この「英語版…

もっと見る

メンタリストDaiGo、又吉直樹、池上彰など著名人の新書が続々ランクイン! 読書メーター「週間おすすめランキング」ベスト10

メンタリストDaiGo、又吉直樹、池上彰など著名人の新書が続々ランクイン! 読書メーター「週間おすすめランキング」ベスト10

 読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり、日本中の読書家たちとコミュニケーションができるサイト「読書メーター」から、「週間おすすめランキング」が発表された。  同ランキングは、1カ月以内に発売された新しい本の中から、読書メーターで話題になった本をランキングにしたもので、日本の読書家たちが“今”何に注目しているかが一目でわかる。今回は“書籍部門”の人気ランキングを紹介。気になる本があったら、ぜひチェックしてみよう。 書籍部…

もっと見る

「そうだったのか、ヒラリー・クリントン!」と思わず膝を打つ日が来るかも!?

「そうだったのか、ヒラリー・クリントン!」と思わず膝を打つ日が来るかも!?

『ヒラリー・クリントンの言葉』(ライザ・ロガック:編、池上 彰:監訳、高橋璃子:訳/かんき出版)  アメリカでは、来る2016年秋の大統領選の話題で盛り上がっている。「イスラム教徒のアメリカへの入国を拒否する」「不法移民流入を防ぐため、メキシコとアメリカとの国境に壁を築く」などと主張している共和党大統領候補、ドナルド・トランプ氏の過激な発言と、日本では意外に思われている代議員獲得戦での彼の善戦は、連日世間を騒がせている。  おおまかな日程で…

もっと見る

世界でいちばん貧しい大統領は日本に何を見る? ホセ・ムヒカ氏と池上彰の対談が実現

世界でいちばん貧しい大統領は日本に何を見る? ホセ・ムヒカ氏と池上彰の対談が実現

 4月5日に初来日することが発表され、フジテレビ系「“世界でいちばん貧しい大統領”ムヒカ来日緊急特番~日本人は本当に幸せですか?~」(同8日午後7時~)に出演し、池上彰氏と対談することも報じられた前ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ氏(80)。  彼はの名は、2012年ブラジル・リオデジャネイロで開催された「Rio+20地球サミット2012」(国連持続可能な開発会議)でのスピーチによって世界の人びとに知られることになり、2013年と2014年にはノーベル平和…

もっと見る