読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「池上彰」の関連記事

テレビに学ぶこととは? 聞き手の目と心を惹きつけるコツ

テレビに学ぶこととは? 聞き手の目と心を惹きつけるコツ

『図解 テレビに学ぶ 中学生にもわかるように伝える技術』(天野暢子/ディスカヴァー・トゥエンティワン)  多くの人を惹きつけるテレビ番組は他の番組と何が違うのだろうか? 瞬時に多くの人の心をつかむ人気番組の作り手は、ただ電源の入ったテレビの前にいただけの人も自分の番組に引きこんでしまう。ならば、番組作りの裏側で行われている工夫がわかれば、仕事のプレゼンや日常のコミュニケーションが今よりうまくいくようになるかもしれない。そこで、今回は自分の話に耳を傾け…

もっと見る

「SB新書」新装刊!―池上彰・堀江貴文・竹中平蔵・仁志敏久らによる8タイトル同時刊行

「SB新書」新装刊!―池上彰・堀江貴文・竹中平蔵・仁志敏久らによる8タイトル同時刊行

 「SB新書」が新装刊! 2015年12月よりリニューアルされたSB新書から、池上彰、堀江貴文、竹中平蔵、仁志敏久など、著名人による新刊8タイトルが2015年12月5日(土)、一挙に刊行された。  また、電子書籍版も同時に配信開始。さらに、スマホやタブレット、PCでも見られる「試し読み版」も用意されているので、2015年を締めくくる1冊を選ぼう。 ■『本音で生きる』 著:堀江貴文 「後で何か言われそうだから、言わない」「失敗が嫌だからやらな…

もっと見る

大人になると1年が短く感じる理由とは

大人になると1年が短く感じる理由とは

『大人になると、なぜ1年が短くなるのか?』(一川誠、池上彰/宝島社)  年を重ねるにつれ“最近”という言葉の期間が長くなっている。  つい先日も友人との会話で「最近って、いつの話?」と聞かれ、「2~3年前」と答え笑われた覚えがある。2~3年前は大げさにしても、大人になれば昔のことが最近のように感じられることは誰にでもあるはずだ。その理由はやはり大人になると時間が短く感じるからだろう。  先日、文庫化された科学者 一川誠氏とジャーナリスト 池上彰氏…

もっと見る

池上さんの“超訳”でよく分かる!「日本国憲法」の基礎知識

池上さんの“超訳”でよく分かる!「日本国憲法」の基礎知識

『超訳日本国憲法』(池上彰/新潮社)  最近、日本国憲法に関する話題が頻繁にニュースになっている。しかし法律関係の文章は、(丁寧に書きすぎなのか何なのか)口語からかけ離れた文体のため、ちょっと理解しにくい。現在、安倍内閣が進めようとしている「集団的自衛権の解釈変更」の話題なども、かなり重要な話だとは思うものの、そもそもの憲法の内容をよく理解できていないためか、一般人同士の会話ではほとんど話題に上らない状態ではないだろうか。とは言え、このままだと国民の多く…

もっと見る

三重苦!? テレビ東京が他局に勝てる理由

三重苦!? テレビ東京が他局に勝てる理由

『テレ東的、一点突破の発想術』(濱谷晃一/ワニブックス)  業績の冴えないテレビ業界の中で異彩を放つ局といえば「テレ東」ことテレビ東京だ。「ブレがない」「企画が斬新」と愛されるテレビ東京は、どのように番組を作っているのだろうか。人気の出る番組を生み出す秘訣はどこにあるのだろうか。  『テレ東的、一点突破の発想術』(濱谷晃一/ワニブックス)では、ドラマ『俺のダンディズム』『太鼓持ちの達人~正しいほめ方~』などを手がけたテレビ東京のプロデューサー濱谷晃…

もっと見る

ブックフェスタ2015 winter 本好きにこそオススメしたい「新書」の魅力!

ブックフェスタ2015 winter 本好きにこそオススメしたい「新書」の魅力!

さて、ここからは出版社で実際に新書を作っている、各出版社の編集者によるオススメ作品をご紹介。ロングセラー新書から、“今”を読み解く新書まで、各編集者からのコメントを読めば、きっとアナタも絶対に読みたくなるはず! 出版社の新書編集者がオススメする作品はこれだ! ダ・ヴィンチNEWSでは、人気新書を輩出している出版各社の編集者にアンケートを実施。「自社作品でオススメの電子配信新書」と「他社作品だけどオススメしちゃう作品」を教えてもらった。その結…

もっと見る

【BookLive!】 春のビジネス・実用書フェア 新刊、ベストセラーが30%OFF!(3/6まで)

【BookLive!】 春のビジネス・実用書フェア 新刊、ベストセラーが30%OFF!(3/6まで)

 電子書籍ストアのBookLive! では、「中経出版 春のビジネス・実用書フェア」を開催。新刊、ベストセラーを含む対象作品が、30%OFFになるキャンペーンを実施している。 対象作品は、「ときどきおでこを出すとモテる」、「裸で香りをつけるといい女の匂いになる」、「初めての夜に男のコに夢を見せるスッピン風メイク」など、毎月24万人に読まれる「ラーラぱど」で大反響だった内容をまとめた『すれ違いざまに恋に落とす』(神崎恵)や、世界の主な宗教のポイントを、図版を使いな…

もっと見る

注目の新刊 『メディアの仕組み』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

注目の新刊 『メディアの仕組み』 ダ・ヴィンチ2013年10月号

アナウンサー出身で、テレビでニュース解説者として絶大な人気を誇る池上彰。ネットメディアを黎明期から活用し、その可能性に言及し続けてきた津田大介。まったくバックグラウンドが異なるふたりが、紙もWebも電波も含め、“メディア”の現状と未来について語り合う。…

もっと見る