読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

池田清彦

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
いけだ・きよひこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

生物学者

「池田清彦」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

日本をどうするか? 「まっとうなこと」をズバリいってくれる先生到来!

日本をどうするか? 「まっとうなこと」をズバリいってくれる先生到来!

昨年末、3.11以降はじめての衆議院選挙があり、原発事故以降の日本をどう作っていくのか、日本の意志が試された。結果は自民党の圧勝…この事実の是非は別にして、個人的には今回の選挙ほど「情報源をどこからとるか」を意識したことはなかった。新聞やテレビ、雑誌といった既存メディアからか、ネットからか…おまけに、どちらも「捏造」とはいわないまでも、多少なりの「偏向」があるのは当たり前の状況。とにかく、常に「本当に正しいのはどちら?」と疑い続けなければならなかった気がする。そんな時に有効なのが、「本当に正しいこと」を言ってくれる人の存在だった。「おそらく、この人の言ってることは正しい」そう直感できる発信者に出会うと、すごくほっとしたのだ。

その意味で、この本の著者、池田センセイは、しごく「まっとうなこと」をいってのける人だと直感した。世の中は自己の利益に通じる意見が優先される、つまり「利権」体質であることを看破し、ダメなものはダメだと舌鋒するどく切り捨てる。この手の時事評論の場合、著者自身が自分の立場を守ろうとするような無言の気配が漂ってたりするものだが(それが…

全文を読む

「池田清彦」のレビュー・書評をもっと見る

「池田清彦」の本・小説

他人と深く関わらずに生きるには (新潮文庫)

他人と深く関わらずに生きるには (新潮文庫)

作家
池田清彦
出版社
新潮社
発売日
2006-04-25
ISBN
9784101035222
作品情報を見る
虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)

虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~ (小学館101新書)

作家
養老孟司
池田清彦
阿川弘之 奥本大三郎
出版社
小学館
発売日
2008-12-01
ISBN
9784098250141
作品情報を見る
ほんとうの環境問題

ほんとうの環境問題

作家
池田清彦
養老孟司
出版社
新潮社
発売日
2008-03-01
ISBN
9784104231041
作品情報を見る
すこしの努力で「できる子」をつくる (講談社文庫)

すこしの努力で「できる子」をつくる (講談社文庫)

作家
池田清彦
出版社
講談社
発売日
2011-10-14
ISBN
9784062770866
作品情報を見る
環境問題のウソ (ちくまプリマー新書)

環境問題のウソ (ちくまプリマー新書)

作家
池田清彦
出版社
筑摩書房
発売日
2006-02-01
ISBN
9784480687302
作品情報を見る
現代思想2012年8月号 特集=生きものの<かたち> 構造・行動・色・模様

現代思想2012年8月号 特集=生きものの<かたち> 構造・行動・色・模様

作家
養老孟司
池田清彦
中村桂子
長沼毅
出版社
青土社
発売日
2012-07-27
ISBN
9784791712489
作品情報を見る

「池田清彦」人気の作品ランキングをもっと見る

「池田清彦」の関連画像・写真

「池田清彦」の関連画像・写真をもっと見る