読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

竹宮惠子

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
たけみや・けいこ

「竹宮惠子」のおすすめ記事・レビュー

萩尾望都の傑作短編もA5サイズで初収録! 70~80年代のSFファンタジーを牽引した少女マンガを徹底解剖

萩尾望都の傑作短編もA5サイズで初収録! 70~80年代のSFファンタジーを牽引した少女マンガを徹底解剖

『少女マンガの宇宙 SF・ファンタジー1970-80年代』(編集:図書の家、協力:石堂藍/立東社)

 萩尾望都の短編も収録した、70~80年代のSF・ファンタジー少女マンガの魅力が詰まった『少女マンガの宇宙 SF・ファンタジー1970-80年代』が、2017年4月20日(木)に発売された。

 同書は、少女マンガの一大ジャンルである「SF&ファンタジー」を大解剖。数多くのSF&ファンタジー少女マンガが生まれた1970~80年代を、青池保子や木原敏江、竹宮惠子、萩尾望都ら当時の少女マンガ家たちの魅力を通して豊富な図版とともに紹介していく。

 70年代SFファンタジーの傑作短編、萩尾望都『ユニコーンの夢』をA5サイズで初収録。また、同時期に少女マンガ家たちが描いた当時のハヤカワ文庫のカバーイラストも約60ページにわたりカラーで掲載。今となっては貴重な106点の書影を紹介している。

 総図版点数300点超、テキスト3万字超の大ボリューム。あの頃少女だった読者にとっても、今から少女マンガの広大な世界を訪れようとしている読者にとっても、じっくりとあの時代を楽しめる…

全文を読む

モーニング娘。’17出演で竹宮惠子『ファラオの墓』舞台化決定! ファンからは期待の声続々

モーニング娘。’17出演で竹宮惠子『ファラオの墓』舞台化決定! ファンからは期待の声続々

『ファラオの墓』4巻(竹宮惠子/スクウェア・エニックス)

 竹宮惠子の『ファラオの墓』がモーニング娘。'17出演で舞台化されることが決定した。これには「萩尾望都の次は竹宮惠子とはやるなモー娘!!」「花の24年組と娘。のコラボとかわくわくするしかないじゃん!」と期待の声が上がっている。

 『ファラオの墓』は、古代エジプトを舞台に、サリオキスとアンケスエン、スネフェルとナイルキアという4人の恋が戦乱の時代に飲み込まれていくという物語。

 今回の舞台化は、ハロー!プロジェクトによる舞台企画「演劇女子部」の一環として上演される。モーニング娘。'17はこれまでも、萩尾望都の『続・11人いる!東の地平・西の永遠』の舞台化や、くらもちふさこの『α-アルファ-』を原案とした舞台「TRIANGLE-トライアングル-」など、名作少女漫画の舞台版を上演しており、「ファラオの墓がモーニング娘で大丈夫かって? 11人いる!を見た私が言うんだから間違いない、絶対面白い!」とファンからの信頼は厚い。

 モーニング娘。'17のほかには汐月しゅう、扇けい、ハロプロ研修生が出演する。配役…

全文を読む

伝説の“大泉サロン”秘話から、名作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで 竹宮惠子さんインタビュー【後編】

伝説の“大泉サロン”秘話から、名作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで 竹宮惠子さんインタビュー【後編】

「当時を思い出して昔のマンガを読んだという感想もあって嬉しかった  書いてよかった、と思っています」

『少年の名はジルベール』 (竹宮惠子/小学館)

 「20年以内にこの業界を変える。少女マンガの革命を成功させる」――1970年代初頭、そんな情熱を持ったマンガ家が集まった「大泉サロン」。そこでの濃密な2年間と終焉、壮絶なスランプを乗り越えて『ファラオの墓』『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで、そしてこれまで語られなかったこと…そんな青春の日々の様々な思いが詰まった『少年の名はジルベール』を上梓されたマンガ家の竹宮惠子さん。本書は少女マンガファン、そしてマンガ家を目指している人はもちろんのこと、生きづらさを抱え、日々悩む人の心にも優しく寄り添う言葉が溢れる一冊となっている。

⇒竹宮惠子さんインタビュー【前編】はこちら

相手を気にする時間の方が長かった

 一番身近な存在であった萩尾望都さんへの嫉妬に苦しんだ竹宮さん。約3年続いたというスランプの時期に描いた作品を褒められることについて「あまりにもコンプレックスというのが作品に叩きつけられちゃうみた…

全文を読む

伝説の“大泉サロン”秘話から、名作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで 竹宮惠子さんインタビュー【前編】

伝説の“大泉サロン”秘話から、名作『風と木の詩(うた)』『地球(テラ)へ…』を生み出すまで 竹宮惠子さんインタビュー【前編】

「大泉サロンに関して聞きたいと言う人は多いのですが、  書けるもんだったら書いた方がいいかなと思っていたんです。」

『少年の名はジルベール』 (竹宮惠子/小学館)

 これまで数々の作品を生み出してきたマンガ家の竹宮惠子さんが、20歳での上京から萩尾望都さんとの出会い、共同生活を送った「大泉サロン」での日々、そして『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』などの名作を生み出すまでを克明に記した『少年の名はジルベール』を出版した。これまで語られてこなかったエピソードもあり、少女マンガファンを中心に話題となっている。

マンガ家 竹宮惠子 1950年徳島県生まれ。67年『COM』に『ここのつの友情』を投稿し月例新人賞の佳作に入選。68年『週刊マーガレット』に投稿した『リンゴの罪』が新人賞佳作に入選しデビュー。代表作に『ファラオの墓』『風と木の詩』『地球(テラ)へ…』など。現在は京都精華大学の学長を務め、後進の指導にあたっている。

⇒竹宮惠子さんインタビュー【後編】はこちら

時系列でつながる形にしたのは初めて

 表紙に描かれた、射るような視線を向ける金髪の美少年――彼がフラ…

全文を読む

「竹宮惠子」のおすすめ記事をもっと見る

「竹宮惠子」のレビュー・書評をもっと見る

「竹宮惠子」の本・マンガ

マンガ日本の古典(全32巻セット) (中公文庫)

マンガ日本の古典(全32巻セット) (中公文庫)

作家
石ノ森章太郎
花村えい子
長谷川法世
いがらしゆみこ
坂田靖子
水木しげる
横山光輝
竹宮惠子
バロン吉元
さいとう・たかを
やまだ紫
小島剛夕
安彦良和
牧美也子
矢口高雄
黒鉄ヒロシ
里中満智子
木原敏江
土田 よしこ
古谷三敏
酒井美羽
つのだじろう
出版社
中央公論新社
発売日
2017-03-01
ISBN
9784124800074
作品情報を見る
エルメスの道 (中公文庫―コミック版)

エルメスの道 (中公文庫―コミック版)

作家
竹宮惠子
出版社
中央公論新社
発売日
2000-01-01
ISBN
9784122035645
作品情報を見る
少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

作家
竹宮惠子
出版社
小学館
発売日
2016-01-27
ISBN
9784093884358
作品情報を見る
天馬の血族 (第15巻) (あすかコミックス)

天馬の血族 (第15巻) (あすかコミックス)

作家
竹宮惠子
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784049246315
作品情報を見る
地球(テラ)へ… (1) (中公文庫―コミック版)

地球(テラ)へ… (1) (中公文庫―コミック版)

作家
竹宮惠子
出版社
中央公論新社
発売日
1995-01-18
ISBN
9784122022393
作品情報を見る
改訂新版 石の綿 終わらないアスベスト禍

改訂新版 石の綿 終わらないアスベスト禍

作家
松田 毅
竹宮惠子
発行 神戸大学出版会
出版社
神戸新聞総合出版センター
発売日
2018-07-17
ISBN
9784909364036
作品情報を見る
地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)

作家
竹宮惠子
出版社
中央公論新社
発売日
1995-01-18
ISBN
9784122022416
作品情報を見る
地球(テラ)へ… (2) (中公文庫―コミック版)

地球(テラ)へ… (2) (中公文庫―コミック版)

作家
竹宮惠子
出版社
中央公論新社
発売日
1995-01-18
ISBN
9784122022409
作品情報を見る

「竹宮惠子」人気の作品ランキングをもっと見る

「竹宮惠子」の関連画像・写真

「竹宮惠子」の関連画像・写真をもっと見る