読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「中田敦彦」のレビュー・書評

心理学の観点から子どもの「いやだ」「こわい」を克服する絵本

心理学の観点から子どもの「いやだ」「こわい」を克服する絵本

『だいじょうぶだよ、モリス』(カール=ヨハン・エリーン:著、中田敦彦:訳/飛鳥新社)  子どもにとって、初めて食べるものは「いやだ」、いつもと違う場所は「こわい」。これをそのまま放っておくと、これからの人生の障害物になってしまうのではないかと心配になります。  余談ですが、筆者の弟は小さな頃から嫌いな食べ物が多く、大人になってからも、楽しいはずの外食で苦労することが少なくありません。子どもの将来、苦手な食べ物は少ないほうがいいだろうし、新しい環境に強い…

もっと見る

子どもたちが抱く不安をあっという間に解消!? ——『おやすみ、ロジャー』シリーズ最新作!

子どもたちが抱く不安をあっという間に解消!? ——『おやすみ、ロジャー』シリーズ最新作!

『だいじょうぶだよ、モリス 「こわい」と「いやだ」がなくなる絵本』(カール=ヨハン・エリーン:著、中田敦彦:訳/飛鳥新社) 「子どもを寝かしつけるのにピッタリだ」、「何をやっても寝つかなかったうちの子がことりと寝入るようになった」などの声が続出し話題となった絵本『おやすみ、ロジャー』シリーズの最新作『だいじょうぶだよ、モリス 「こわい」と「いやだ」がなくなる絵本』(カール=ヨハン・エリーン:著、中田敦彦:訳/飛鳥新社)が2018年9月14日(金)に刊行される…

もっと見る