読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

中島義道

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
なかじま・よしみち

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

哲学者

「中島義道」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

NMB48・須藤凜々花の行動がまさに哲学者“カント的”だった!? 「死」は“無”なのか“永遠”か?

NMB48・須藤凜々花の行動がまさに哲学者“カント的”だった!? 「死」は“無”なのか“永遠”か?

『明るく死ぬための哲学』(中島義道/文藝春秋)

 さて今回はいささか難解な哲学の本の紹介だ。その前に哲学と言えば、「アイドルだって、哲学する」(by秋元康)というキャッチフレーズでおなじみのNMB48のメンバー、りりぽんこと、須藤凜々花女史について触れておこう。

 6月17日の「第9回AKB48選抜総選挙」で結婚宣言をしたりりぽん。まさに自著タイトルにしてニーチェの言葉である、『人生を危険にさらせ』(幻冬舎)を地で行く哲学者ぶりを発揮する。21日の記者会見では、「自分の口で絶対に言いたくて。あの場で言うのは凄く悩んだが、ファンには自分の口で伝えたかった」(6月22日、ハフポスト日本版)と話した。

 つまり何はさておき、自分がすべきは「真実」を真摯に伝えること──そう、りりぽんは判断したのだ。その結果、どんな非難の渦中にその身を置くことになろうとも。

 このりりぽんの生きざまが、まさしく哲学者のイマヌエル・カント(1724年─1804年)的であることを教えてくれるのが、『明るく死ぬための哲学』(中島義道/文藝春秋)だ。

 カント研究の第一人者である著者が、…

全文を読む

注目の新刊 『ヒトラーのウィーン』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

注目の新刊 『ヒトラーのウィーン』 ダ・ヴィンチ2012年4月号

「音楽の都」として世界中の人々を魅了するウィーン。この美しき都が実は、ヒトラーの主観の骨格を固めていったという考察をまとめたのが本書。ユダヤ人絶滅を善とする彼の異常性は、“負け犬”だったウィーン時代に根ざしているという指摘が興味深い。

全文を読む

「中島義道」のおすすめ記事をもっと見る

「中島義道」の本・小説

生きることも死ぬこともイヤな人のための本

生きることも死ぬこともイヤな人のための本

作家
中島義道
出版社
日本経済新聞出版
発売日
2005-09-01
ISBN
9784532165338
作品情報を見る
人生に生きる価値はない

人生に生きる価値はない

作家
中島義道
出版社
新潮社
発売日
2009-02-01
ISBN
9784104397068
作品情報を見る
私の嫌いな10の人びと

私の嫌いな10の人びと

作家
中島義道
出版社
新潮社
発売日
2006-01-18
ISBN
9784104397037
作品情報を見る
人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

人生を「半分」降りる―哲学的生き方のすすめ (ちくま文庫)

作家
中島義道
出版社
筑摩書房
発売日
2008-01-09
ISBN
9784480424129
作品情報を見る
死の練習 - シニアのための哲学入門 - (ワニブックスPLUS新書)

死の練習 - シニアのための哲学入門 - (ワニブックスPLUS新書)

作家
中島義道
出版社
ワニブックス
発売日
2019-02-08
ISBN
9784847066160
作品情報を見る
法と哲学【第6号】

法と哲学【第6号】

作家
井上 達夫
宇野重規
中島義道
堤林 剣
網谷 荘介
宮本 雅也
高橋 文彦
横濱 竜也
出版社
信山社
発売日
2020-05-29
ISBN
9784797298666
作品情報を見る
子どもの難問

子どもの難問

作家
野矢 茂樹
熊野純彦
清水哲郎
山内志朗
野家啓一
永井均
神崎繁
入不二基義
戸田山和久
古荘真敬
柏端達也
柴田正良
鷲田清一
雨宮民雄
鈴木泉
渡辺邦夫
土屋賢二
斎藤慶典
大庭健
中島義道
一ノ瀬正樹
伊勢田哲治
田島正樹
出版社
中央公論新社
発売日
2013-11-08
ISBN
9784120045585
作品情報を見る
「思いやり」という暴力 哲学のない社会をつくるもの (PHP文庫)

「思いやり」という暴力 哲学のない社会をつくるもの (PHP文庫)

作家
中島義道
出版社
PHP研究所
発売日
2016-02-03
ISBN
9784569765402
作品情報を見る

「中島義道」人気の作品ランキングをもっと見る

「中島義道」の関連画像・写真

「中島義道」の関連画像・写真をもっと見る