読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猪瀬直樹

職業・肩書き
作家
ふりがな
いのせ・なおき

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1987年
『ミカドの肖像』第18回大宅壮一ノンフィクション賞
1987年
『ミカドの肖像』第7回ジャポネズリー研究学会特別賞
1996年
『日本国の研究』第58回,平成8年度文芸春秋読者賞

「猪瀬直樹」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

東京を誰よりも知り尽す男! 猪瀬直樹が描き出す東京の成り立ち!

東京を誰よりも知り尽す男! 猪瀬直樹が描き出す東京の成り立ち!

2020年、東京オリンピック開催。招致に際しては滝川クリステルの「オ・モ・テ・ナ・シ」という演説ばかりもてはやされたが、猪瀬直樹の功績も忘れてはならない。「日本人があんなにもパッション溢れる演説をするとは思わなかった」と海外メディアが騒ぎ立てたように、猪瀬都知事の熱い演説は世界中を魅了した。あれ程の演説は相当な準備をせねばできるものではない。五輪招致は彼の努力の賜物といっても過言ではないだろう。そもそも彼は何者なのか。どれほど勉強してここまでこぎつけたのだろうか。

猪瀬直樹は都知事になる前は作家として活動していたのをアナタはご存知だろうか。当日の演説からも感じられる、彼の”勉強家”ぶりを伺えるのが彼の著書『土地の神話』だ。これは猪瀬直樹が20年以上前に書いたノンフィクション。『ミカドの肖像』『欲望のメディア』と並んで「ミカド三部作」といわれる書籍2冊目に当たるもので、本書ではどのようにして東京が今日の東京へと生まれ変わっていったのか、その変化が描かれている。本を開いてまず驚かされるのが、内容の緻密さ。この1冊の本を書くに当たって彼はどれほど調査をし…

全文を読む

選挙前こそ読んで考えよう。都知事選候補自身が「いま」を語る1冊

選挙前こそ読んで考えよう。都知事選候補自身が「いま」を語る1冊

数年前、NHKの大河ドラマでやっていた『篤姫』の中のセリフ、「一方聞いて沙汰するな」というのが、なんだかずっと記憶に残っている。読んで字の如く「片方の意見だけ聞いて判断するな」という意味だが、これってほんとにいろんな面での基本姿勢で、時折なんかの拍子に脳内再生されるのだ。たとえば3.11以降、新聞やテレビに「だまされないぞ!」とばかり、ネット情報も探って事実に迫ろうとする人が増えてきたが、その姿勢もこのセリフ的っちゃあセリフ的。今の時代、どんな「落とし穴」があるかわからないから、いろいろな面から総合的に判断するのが身を守る術にもなる。

と、前フリが長くなったが、私が猪瀬直樹氏の新刊を手にとったのも、上のような気持ちから。前知事・石原慎太郎氏の片腕として活躍してきた猪瀬氏だが、石原氏の押し出しが強烈すぎて、正直、氏がどんなことをやってきたのか、あんまり知らなかった…(すみません)。とはいえ、いよいよ都知事選が公示され、いまや猪瀬氏は最有力候補。この際、石原都政の是非はおいといて、というか相変わらず石原パワーの影響が強いからこそ、都民としては氏自身をフ…

全文を読む

「猪瀬直樹」のレビュー・書評をもっと見る

「猪瀬直樹」の本・小説

季刊文科 81号 特集・没後50年の三島由紀夫

季刊文科 81号 特集・没後50年の三島由紀夫

作家
佐藤秀明
松本徹
猪瀬直樹
徳岡 孝夫
宮崎正弘
村松 英子
浜崎 洋介
山中 剛史
田中美代子
竹本 忠雄
富岡幸一郎
司修
小池昌代
村上 政彦
柴田翔
勝又浩
伊藤 氏貴
佐藤 洋二郎
中沢けい
横尾忠則
津村節子
出版社
鳥影社
発売日
2020-07-09
ISBN
9784862658265
作品情報を見る
あさってのジョー

あさってのジョー

作家
猪瀬直樹
出版社
新潮社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784103574019
作品情報を見る

「猪瀬直樹」人気の作品ランキングをもっと見る

「猪瀬直樹」の関連画像・写真

「猪瀬直樹」の関連画像・写真をもっと見る