読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「猪瀬直樹」のレビュー・書評

落合陽一×猪瀬直樹が語る“オリンピック後”の日本とは? 失われた平成の30年間に学ぶ

落合陽一×猪瀬直樹が語る“オリンピック後”の日本とは? 失われた平成の30年間に学ぶ

『ニッポン2021-2050 データから構想を生み出す教養と思考法』(落合陽一・猪瀬直樹/KADOKAWA) 「オリンピックが決まった2013年からの4年間、我々の未来は2020年で止まってしまった」(@ochyai 2017年4月5日)  この“止まってしまった”という感覚は、多くの人が理解できるのではないだろうか。筆者も家族や友人と「日本のこれから」という話題になったとき、「とりあえずオリンピックまでは景気は良いよね?」で終わってしまい、そ…

もっと見る

東京を誰よりも知り尽す男! 猪瀬直樹が描き出す東京の成り立ち!

東京を誰よりも知り尽す男! 猪瀬直樹が描き出す東京の成り立ち!

2020年、東京オリンピック開催。招致に際しては滝川クリステルの「オ・モ・テ・ナ・シ」という演説ばかりもてはやされたが、猪瀬直樹の功績も忘れてはならない。「日本人があんなにもパッション溢れる演説をするとは思わなかった」と海外メディアが騒ぎ立てたように、猪瀬都知事の熱い演説は世界中を魅了した。あれ程の演説は相当な準備をせねばできるものではない。五輪招致は彼の努力の賜物といっても過言ではないだろう。そもそも彼は何者なのか。どれほど勉強してここまでこぎつけたのだろうか。…

もっと見る

選挙前こそ読んで考えよう。都知事選候補自身が「いま」を語る1冊

選挙前こそ読んで考えよう。都知事選候補自身が「いま」を語る1冊

数年前、NHKの大河ドラマでやっていた『篤姫』の中のセリフ、「一方聞いて沙汰するな」というのが、なんだかずっと記憶に残っている。読んで字の如く「片方の意見だけ聞いて判断するな」という意味だが、これってほんとにいろんな面での基本姿勢で、時折なんかの拍子に脳内再生されるのだ。たとえば3.11以降、新聞やテレビに「だまされないぞ!」とばかり、ネット情報も探って事実に迫ろうとする人が増えてきたが、その姿勢もこのセリフ的っちゃあセリフ的。今の時代、どんな「落とし穴」があるかわか…

もっと見る