読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

朝吹真理子

職業・肩書き
作家
ふりがな
あさぶき・まりこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1984年東京都生まれ。デビュー作『流跡』で第20回ドゥマゴ文学賞を受賞。慶應義塾大学大学院に在籍。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2010年
『流跡』第20回Bunkamuraドゥマゴ文学賞
2011年
『きことわ』第144回芥川賞

「朝吹真理子」のおすすめ記事・レビュー

三崎への過剰な愛を見よ!「三崎いしいしんじ祭」開催

三崎への過剰な愛を見よ!「三崎いしいしんじ祭」開催

『三崎日和―いしいしんじのごはん日記(2)』(いしいしんじ/新潮社)

2013年9月28日(土)・29日(日)の2日間、神奈川県三浦市三崎の下町にて、三崎在住経験のある作家いしいしんじ氏が、三崎への過剰な愛を表現する祭「三崎いしいしんじ祭」を開催する。

 三崎いしいしんじ祭では、いしいしんじ氏自らが「その場」で小説を書き、朗読するという「その場小説」のほか、パフォーマンス集団・鉄割アルバトロスケットによる路上公演、音楽評論家の湯浅学氏率いるロックバンド「湯浅湾」によるライブ、さらに、芥川賞作家の朝吹真理子氏、歌人の東直子氏、アメリカ文学研究者の都甲幸治氏にいしいしんじ氏を加えた4名による、「夜更けの文学談義」などが開催され、盛りだくさんの内容となっている。詳細は公式サイトで確認して欲しい。(「その場小説」のみ要予約)

 いしいしんじ氏が三崎のおすすめポイントなどを紹介した、港と魚の街・三崎への愛に溢れる「いしいしんじ新聞」も公開されているのでそちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

●イベント概要 「三崎いしいしんじ祭」 日時:2013年9月28日(…

全文を読む

2011年下半期 人気レビューランキング <文学賞受賞作品編> ベスト5

2011年下半期 人気レビューランキング <文学賞受賞作品編> ベスト5

今回の人気レビューランキングでは、 芥川賞などいろんな文学賞を受賞した作品を紹介するラコ! 1位は昨年の芥川賞受賞の『きことわ』。 作者の朝吹さんと一緒に受賞した『苦役列車』の西村さん、 キャラクターが真逆でセンセーショナルだったラコ~。

  2011年下半期 人気レビューランキング <文学賞受賞作品編> ベスト5

第144回芥川賞受賞作 日常はこんなにも奇跡にあふれている  

『きことわ』 朝吹真理子/新潮社/1008円 (レビュアー:本間詩織) 生きていることはすでに奇跡の一部だと思いませんか? 私は「きことわ」を読んで、何気ない日常のかけがえさを改めて感じ、ぐっと胸が熱くなりました。 この物語はいたってシンプル、昔は姉妹のように仲の良かった貴子(きこ)と永遠子(とわこ)だったけど、ある事情からすっかり疎遠になってしまっていた。そのふたりが25年後…(続きを読む)

(=・오・=)<当たり前の日常なんてないラコ

  

第38回文芸賞受賞作 当時17歳の作者による「自称変わり者の寝言」 

『インストール』 綿矢りさ/河出書房新社/350円(レビュア…

全文を読む

「朝吹真理子」のおすすめ記事をもっと見る

「朝吹真理子」のレビュー・書評をもっと見る

「朝吹真理子」の本・小説

Neverland Diner――二度と行けないあの店で

Neverland Diner――二度と行けないあの店で

作家
都築響一
平松洋子
パリッコ
いしいしんじ
俵万智
玉袋筋太郎
水道橋博士
江森丈晃
土岐麻子
安田謙一
滝口悠生
イーピャオ/小山 ゆうじろう
コナリミサト
佐藤 健寿
九龍ジョー
ツレヅレハナコ
佐久間 裕美子
劔樹人
小宮山雄飛
朝吹真理子
スズキ ナオ
安田 理央
豊田道倫
小林勇貴
スケラッコ
鵜飼正樹
VIDEOTAPEMUSIC
友川 カズキ
柳下毅一郎
平野紗季子
村田沙耶香
高野秀行
くどう れいん
バリー・ユアグロー
大竹伸朗
柴田元幸
出版社
ケンエレブックス
発売日
2021-01-22
ISBN
9784910315027
作品情報を見る
抽斗のなかの海 (単行本)

抽斗のなかの海 (単行本)

作家
朝吹真理子
出版社
中央公論新社
発売日
2019-07-06
ISBN
9784120052002
作品情報を見る

「朝吹真理子」人気の作品ランキングをもっと見る

「朝吹真理子」の関連画像・写真

「朝吹真理子」の関連画像・写真をもっと見る