読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

長澤まさみ

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ながさわ・まさみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1987年静岡県生まれ。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』『涙そうそう』『モテキ』『奇跡』『アイアムアヒーロー』、NHK大河ドラマ『天地人』などに出演。初の海外作品『太平輪』にも出演。

「長澤まさみ」のおすすめ記事・レビュー

木村拓哉「バランスが非常に面白い」映画『マスカレード・ホテル』特報に大反響

木村拓哉「バランスが非常に面白い」映画『マスカレード・ホテル』特報に大反響

 木村拓哉と長澤まさみが初共演を果たした、映画『マスカレード・ホテル』のティザービジュアルと特報が公開された。封切りは2019年1月18日(金)と少し先だが、ネット上では早くも期待の声が続出している。

 同作は東野圭吾の同名小説が原作で、都内で起きた連続殺人事件の次なる場所として予告されたホテル「コルテシア東京」が舞台。木村演じる警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介と、長澤演じるホテルマン・山岸尚美がメインキャラだ。犯人逮捕に全力を挙げる新田は、客を守ろうとする山岸と目的の違いから対立。しかし2人は徐々に信頼関係を築き、共に事件に挑んでいく―。

 今回解禁された特報では、物語の舞台となる「コルテシア東京」がお目見え。豪華な内装ながら柔らかな照明で落ち着いており、フロントの山岸が「いらっしゃいませ」と笑顔で出迎えてくれる。しかし客が集うロビーにカットが切り替わると、緊迫した空気に一変する――。

 ホテルで潜入捜査をする刑事という特殊な役柄に、木村は公式サイトで「今回は潜入捜査であり、ホテルマンでもあるので、そのバランスが非常に面白いと思っています」と…

全文を読む

長澤まさみをギュッと凝縮『ケトル』最新号にファン大興奮! プリン作っちゃった! 30歳のいまに迫る!

長澤まさみをギュッと凝縮『ケトル』最新号にファン大興奮!  プリン作っちゃった! 30歳のいまに迫る!

『ケトルVOL.42』長澤まさみ特集号(太田出版)

 2018年4月14日(土)に発売されたワンテーマ・マガジン『ケトルVol.42』で、長澤まさみを大特集。ファンからは「チャーミングな表紙が目に留まって速攻買った」「めっちゃボリューミーな内容!」と反響が上がっている。  同号の表紙には赤い衣装で振り返る長澤が写っており、白い歯を見せた爽やかな笑顔で登場。「長澤まさみが大好き!」というストレートなコピーも添えられた。  特集では「長澤まさみに100の質問」やインタビューを実施。「仕事で大切なもの」という真面目な質問から、「そば派? うどん派?」というかわいらしい質問全てに答えており、30歳を迎えた長澤の“今”がたっぷり詰まった1冊に。また「清純派ヒロインから大人の女性へ 長澤まさみヒストリー」と題して、愛されヒロインも時代劇もこなしてしまう長澤が紹介されている。  ほかにも、プリン作りに挑戦したり器を買いに出かけるなど、テレビではあまり見れないような一面も掲載。小宮山雄飛や大根仁、速水健朗など様々な分野で活躍するアーティストらが長澤について語る「…

全文を読む

高橋一生の印象は…宇宙人!? 長澤まさみ&高橋一生が語る“印象美人”になるヒント

高橋一生の印象は…宇宙人!? 長澤まさみ&高橋一生が語る“印象美人”になるヒント

『Oggi』3月号(小学館)

 今、最も旬な役者である長澤まさみと高橋一生が表紙を飾るファッション誌『Oggi』3月号が、2018年1月27日(土)に発売される。

 ため息が出るような男と女の色気を醸し出している2人は、現在公開中の映画「嘘を愛する女」で恋人役として共演。大人のラブストーリーを描く映画さながらの世界を、同誌の表紙と9ページのグラビア&インタビューページで再現している。2人が着こなす大人のファッションは要注目だ。

 3月号の特集は「印象美人が2月に『始める』おしゃれ」。インタビューでは、2人が出会った「印象美人」のエピソードも披露された。「清潔感のある人」と称される長澤と「品のある人」といわれる高橋から、「印象美人」になるためのヒントを学ぼう。さらに映画の内容や“大人の恋愛”について、“30代と仕事”など『Oggi』世代が最も気になる2人の“今”にも焦点を当てていく。ここで映画で共演するのは10年ぶりの2人から、お互いの印象についてコメントが届いたので紹介しよう。

撮影/伊藤彰紀

「昔から面白くて、みんなのお兄ちゃん的存在です。でも、気…

全文を読む

長澤まさみ「動ける30代になりたい。活発で快活な人に」

長澤まさみ「動ける30代になりたい。活発で快活な人に」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある一冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回、登場してくれたのは、映画『嘘を愛する女』で高橋一生さんと大人のラブストーリーに挑んだ長澤まさみさん。愛する人の名前も職業もすべてが嘘だったと知った時、どうするのか。一作ごとに進化する現在進行形の女優の今に迫った。

長澤まさみながさわ・まさみ●1987年静岡県生まれ。第5回『東宝シンデレラ』オーディションにてグランプリを受賞。2000年、『クロスファイア』で映画デビュー。04年、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞など数々の賞を受賞。近年の出演作に、映画『モテキ』『海街diary』『銀魂』『追憶』『散歩する侵略者』など。18年6月1日公開の『50回目のファーストキス』、19年公開の『マスカレード・ホテル』にも出演。また、18年フジテレビ4月期月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』にて主演を務める。 ヘアメイク:高村三花子 スタイリング:上杉美雪様(3rd) 衣装協力:ドレス 3万8000円(税別)(…

全文を読む

木村拓哉&長澤まさみ初共演! 東野圭吾『マスカレード・ホテル』映画化に大反響

木村拓哉&長澤まさみ初共演! 東野圭吾『マスカレード・ホテル』映画化に大反響

『マスカレード・ホテル』(東野圭吾/集英社)

 東野圭吾の人気小説『マスカレード・ホテル』が、木村拓哉主演で2019年に映画化されることが分かった。この発表にファンからは「絶っっっ対観に行きます!」「2019年までは死ねない」と大反響が巻き起こっている。

同作は、都内で起こった連続殺人の次なる事件を防ぐべく、犯行が予告された高級ホテルに刑事・新田浩介が女性フロントクラークの山岸尚美の協力を得て潜入捜査を行っていく。

 刑事・新田役を演じる木村は、2017年の『無限の住人』、18年の『検察側の罪人』、19年の同作と3年連続で映画主演を務めることに。フロントクラークの山岸に扮するのは長澤まさみで、木村と長澤が共演するのは今回が初めて。監督を務める鈴木雅之は、木村とは映画化もされた「HERO」などでタッグを組んでいる。

 映画化にあたり、木村・長澤がそれぞれコメント。木村は「『マスカレード・ホテル』という非常に面白い原作を、如何に自分たちが体現できるかプレッシャーはありますが、全力で頑張ります」と作品に挑む意気込みを語った。一方の長澤は原作について、刑事と…

全文を読む

追加キャストに前田敦子、満島真之介、アンジャッシュ・児嶋一哉…映画『散歩する侵略者』全キャスト解禁!!

追加キャストに前田敦子、満島真之介、アンジャッシュ・児嶋一哉…映画『散歩する侵略者』全キャスト解禁!!

(C)2017「散歩する侵略者」製作委員会

 2017年9月9日(土)に公開される黒沢清監督の最新作映画『散歩する侵略者』の追加キャストが発表された。これで全キャストが解禁されたので、映画のストーリーと共に紹介していこう。

 同作は、劇作家の前川知大が率いる「劇団イキウメ」の人気舞台「散歩する侵略者」を映画化したもの。原作のアイデアを活かしつつも、黒沢が1つのジャンルに収まらない新たなエンターテインメントに挑戦している。 行方不明の夫が戻ってきた。その夫が、衝撃の告白をする「自分は侵略者」…。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?  同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に1人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」―真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に…

全文を読む

長澤まさみ、松田龍平、映画『散歩する侵略者』で初共演&初の夫婦役! 2017年9月公開!

長澤まさみ、松田龍平、映画『散歩する侵略者』で初共演&初の夫婦役! 2017年9月公開!

 『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が、劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台『散歩する侵略者』を映画化。2017年9月16日(土)の公開が決定した。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってくる。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う妻・加瀬鳴海。夫・加瀬真治は毎日散歩に出かけて行き、一体何をしているのか…? 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」—真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変え、些細な出来事が、想像もしない方向へと進んでいく――。

 主人公・加瀬鳴海を演じるのは、脚本を読んで本作出演を熱望したという長澤まさみ。夫に翻弄される妻という難役と格闘しながら、女性が憧れる強い女性像を熱演する。そして、「侵略者に体を乗っ取られた男」という前代…

全文を読む

長澤まさみも期待大! 脱いで “方向転換”できる女優の条件とは

長澤まさみも期待大! 脱いで “方向転換”できる女優の条件とは

 松尾スズキ演出のミュージカル『キャバレー』が来年1月より上演。主演にミュージカル初挑戦となる長澤まさみが決定した。出演決定に際し、長澤は

ミュージカルの出演は今回が初めてなのですが、またひとつ女優として新たな一歩を踏み出してみたく、挑戦することにしました。以前から松尾さんの舞台に出るのが夢だったので、松尾さんの演出を受けられる事が今から楽しみです。経験豊かな共演者の皆さんにも助けをもらって素晴らしい公演になる事を期待して進んでいきたいです。不安やプレッシャーも有りますが、何よりも楽しんでより多くのお客様に松尾キャバレーを見て頂きたいです

とコメントを寄せている。  『キャバレー』となれば、「エロチックなコスチューム」が当然の事かならず“お約束”になってくるわけだが、今回の長澤も例に漏れず、谷間寄せガードル&ガーターベルト付きパンティーストッキング……と、これまでにはない“攻め”のセクシーショットが、すでに世に出回っている。  そして、まだ勢いをキープしている女優が“役者”として芸の幅を広げようと心機一転、“大胆な露出”にチャレンジする…

全文を読む

「長澤まさみ」のおすすめ記事をもっと見る

「長澤まさみ」のレビュー・書評をもっと見る

「長澤まさみ」の関連画像・写真

「長澤まさみ」の関連画像・写真をもっと見る