読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鳥居

職業・肩書き
作家
ふりがな
とりい

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

2歳で両親が離婚、11歳で母と死別したのち、施設や路上での生活を経験する。教育をまともに受けられず、拾った新聞などで文字を覚え、独学で短歌を学んだ。

「鳥居」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

母の自殺、虐待、PTSD…“拾った新聞で字を覚えた”セーラー服の歌人・鳥居が、「短歌」で「自殺したい」人を救う

母の自殺、虐待、PTSD…“拾った新聞で字を覚えた”セーラー服の歌人・鳥居が、「短歌」で「自殺したい」人を救う

『セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語』(岩岡千景/KADOKAWA/アスキー・メディアワークス) あなたは「鳥居」という歌人をご存じだろうか? 揃えられ主人の帰り待っている飛び降りたこと知らぬ革靴 孤児たちの墓場近くに建っていた魚のすり身加工工場 目の前に立ち上る、静かな「絶望」。痛みと孤独の中で、生にしがみつく小さな悲鳴。そして残る諦観……たった31音という短歌の定型の中に、ナイフで心に傷をつけるようにして圧倒的な一瞬を封じ込めてしまう、鳥居はそんな短歌をよみ続ける歌人だ。

独学で短歌を学んだ彼女は、作歌をはじめてすぐの2012年に全国短歌大会で入選。2013年には掌編小説「エンドレス シュガーレス ホーム」で路上文学賞大賞を受賞するなど社会的評価の高まりとともに、次第にファンを広げている今注目の存在でもある。

このほど、そんな鳥居の第一歌集『キリンの子 鳥居歌集 』と、その半生を追ったノンフィクション『セーラー服の歌人 鳥居 拾った新聞で字を覚えたホームレス少女の物語』(著:岩岡千景)が、KADOKAWA アスキー…

全文を読む

「鳥居」のおすすめ記事をもっと見る

「鳥居」の本・小説

キリンの子 鳥居歌集

キリンの子 鳥居歌集

作家
鳥居
出版社
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
発売日
2016-02-09
ISBN
9784048656337
作品情報を見る
ユリイカ 2016年8月号 特集=あたらしい短歌、ここにあります

ユリイカ 2016年8月号 特集=あたらしい短歌、ここにあります

作家
岡井隆
穂村弘
清家雪子
鳥居
出版社
青土社
発売日
2016-07-27
ISBN
9784791703128
作品情報を見る

「鳥居」人気の作品ランキングをもっと見る