読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

辻仁成

辻仁成
職業・肩書き
作家、タレント・その他
ふりがな
つじ・ひとなり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

東京生まれ。89年『ピアニシモ』で第13回すばる文学賞受賞、デビュー。97年『海峡の光』で第116回芥川賞受賞。99年『白仏』の仏語翻訳語版でフランスのフェミナ賞を受賞。著書に『サヨナライツカ』『アカシアの花のさきだすころ─ACACIA─』『オルセー印象派ノート』『クロエとエンゾー』など多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1989年
『ピアニシモ』第13回すばる文学賞
1997年
『海峡の光』第116回芥川賞
1999年
函館市栄誉賞
1999年
『白仏』フェミナ賞外国小説賞 フランス
2001年
『ほとけ』ドーヴィル・アジア映画祭・最優秀イマージュ賞

「辻仁成」のおすすめ記事・レビュー

俳優・大谷亮平が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

俳優・大谷亮平が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

大谷亮平2003年に韓国で出演したCMがきっかけとなり、韓国で数々の作品に出演。2016年4月より日本での活動を開始し、連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一躍注目を浴びる。現在、NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演中。 大谷亮平さんの著書『日本人俳優』のレビューはこちら

全文を読む

シングルファーザー辻仁成、一人息子のために毎日作り続けた愛情料理51品【作ってみた】

シングルファーザー辻仁成、一人息子のために毎日作り続けた愛情料理51品【作ってみた】

『世界一小さな家族のためのパリのムスコめし』(辻仁成/光文社)

 女優・中山美穂さんと離婚して、早2年。シングルファーザーとなった辻仁成さんが親権を持ち、今はパリで一人息子と一緒に暮らしています。そんな息子が離婚によって落ち込み気味になったのを励ますためにも、辻さんは忙しい合間をぬって、毎日創意工夫を凝らした「ムスコめし」を作り続けてきたんだとか。そんな2年間の愛情いっぱいの手料理をまとめた『世界一小さな家族のためのパリのムスコめし』(辻仁成/光文社)が発売されました。ここには、料理という形で愛情表現をしてきた辻さんの気持ちがたくさん詰まったレシピが51品掲載されており、見ているだけで少し胸が熱くなってきます。ムスコめしとは言え、子どもが好きそうなレシピばかりではなく、野菜を多く取り入れるなどして、彩り、栄養バランスがしっかり考えられているので、大人が食べても、またパーティーなどでも喜ばれそうなものもたくさん紹介されています。今回はこの中から、朝・昼・晩それぞれにぴったりの3品を実際に作ってみました。

1.朝からリッチな気分になれる「簡単チーズト…

全文を読む

注目の新刊 『永遠者』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

注目の新刊 『永遠者』 ダ・ヴィンチ2012年12月号

1899年、万博を目前に控えたパリで、日本人外交官・コウヤは、ダンスホールで風変わりな踊り子・カミーユに心惹かれる。時間を忘れて愛し合う二人。しかしカミーユにはある出生の秘密があった――。時空を越えて壮大に展開する、コウヤとカミーユの愛と冒険の物語。

全文を読む

注目の新刊『ECHOES ―木霊―』ダ・ヴィンチ2011年12月号

注目の新刊『ECHOES ―木霊―』ダ・ヴィンチ2011年12月号

昨年、脳の疾患で大量の血が頭部に溜まり、大手術を受けていた著者。妻子との10年にわたるパリ生活のなかで、日々の思いを「つれづれに書き進んできた」というエッセイを収録したのが本書だ。伝説のバンドECHOESの名曲とともに、告白的メッセージが胸を打つ。

全文を読む

「辻仁成」のおすすめ記事をもっと見る

「辻仁成」のレビュー・書評をもっと見る

「辻仁成」の関連画像・写真

「辻仁成」の関連画像・写真をもっと見る