読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

DAOKO

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
だをこ

ジャンル

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1997年、東京都出身。中学3年生よりニコニコ動画に楽曲を投稿しはじめ、各界のクリエイターたちの注目を集める。2014年には映画『渇き。』に挿入歌『Fog』を提供したことでも話題に。15年3月に1stアルバム『DAOKO』にてメジャーデビューを果たし、以降、音楽のみならず活躍のフィールドを広げている。

「DAOKO」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

20歳ラップシンガー・DAOKO、初の小説連載が雑誌『ダ・ヴィンチ』で始動!

20歳ラップシンガー・DAOKO、初の小説連載が雑誌『ダ・ヴィンチ』で始動!

歌詞の世界観が大きな注目を集めるDAOKO 初小説のタイトルは「ワンルーム・シーサイド・ステップ」

 中学生時代のニコニコ動画への投稿で注目を集め、2015年1stアルバム「DAOKO」でメジャーデビューしたDAOKO(だをこ)。

 想像力を刺激する歌詞で、死生観を表現したミステリアスな作品は、第一線のクリエイターから熱烈な支持を受け、庵野秀明率いるスタジオカラーによる短編映像シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の『ME!ME!ME!』の音楽や、中島哲也監督『渇き。』の挿入歌「fog」等、高校生にして結実。2017年には『龍の歯医者』や『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』など、アニメを中心としたタイアップ曲が続いている。

 広がりのある世界観に加え、四季を彩る色鮮やかな自然物の描写、それらを捉える自身の“いま”を切り取る感性……。  現代を生きる個人に寄り添うような歌詩は、そのルックスとも相まって、国内外の人気を集めている。

 これからの音楽シーンを席巻していく若手ラップ・シンガーのDAOKOが「長いものを書いてみたい」と音楽制作の合間を縫って…

全文を読む

DAOKO「小説の自由さがうらやましいな、って思うことがあります」

DAOKO「小説の自由さがうらやましいな、って思うことがあります」

中学3年生の時にニコニコ動画へ投稿したラップがきっかけでインディーズ活動を開始し、メジャーデビュー後はメロディックな歌も手掛ける“ラップシンガー”として着実に進化してきたDAOKO(だをこ)。初の配信シングル『拝啓グッバイさようなら』は、テレビアニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』のエンディング・テーマに抜擢された。本誌『ダ・ヴィンチ』5月号の記事では、敬愛する小説家・森見登美彦の『夜行』をオススメしてくれたが、大好きな作家は他にもたくさんいる。

 子どもの頃から、宮沢賢治の童話が好きで、谷川俊太郎の詩が好き。中でも谷川俊太郎の詩と吉村和敏の写真が美しく連なる『あさ』『ゆう』がたまらなく好きで、「オマージュをしてZINEを作ったりしています」。 少し大人になって現代作家の小説を読むようになってから、まず最初にハマったのが森見登美彦だった。

「『四畳半神話大系』のアニメがきっかけで、森見さんの原作を読みました。同じ作家さんの同じ本を、何回も読むという経験は初めてで。すごく映像的なんですよね。文字で表現された映画の世界に連れていかれる、とい…

全文を読む

「DAOKO」のおすすめ記事をもっと見る

「DAOKO」の本・小説

  • ランキング

ワンルーム・シーサイド・ステップ

ワンルーム・シーサイド・ステップ

作家
DAOKO
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-08-10
ISBN
9784040693316
作品情報を見る

「DAOKO」人気の作品ランキングをもっと見る