読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

天童荒太

職業・肩書き
作家
ふりがな
てんどう・あらた

「天童荒太」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

いま、改めて問う家族の物語。天童荒太『家族狩り』ドラマスタート

いま、改めて問う家族の物語。天童荒太『家族狩り』ドラマスタート

『幻世(まぼろよ)の祈り―家族狩り〈第1部〉』(天童荒太/新潮社)

 7月4日、夜10時よりTBS系でドラマ『家族狩り』がスタートする。  原作は『永遠の仔』(幻冬舎)『包帯クラブ』(筑摩書房)の天童荒太の同名小説。文庫本で全5巻、1,700ページを越える超重量級の作品だ。

 物語の中心人物となるのは、児童相談センターに勤める氷崎游子、高校教師の巣藤浚介、刑事の馬見原光毅。家族とのつながりに悩む3人が自らの問題と向き合い、再生しようとする様が、連続して起こる一家変死事件のてん末とともに語られていく。

 物語の核となるのは、壊れた家族の絆である。

 氷崎游子の場合。  アルコール依存症の父に虐待される少女を救おうと、游子は親と娘を切り離そうとする。しかし、彼女は時として苦悩する。「親子の結びつきを、他人である自分が断ち切る権利はあるのか」と。また、游子自身も両親との関係に悩んでいる。父親は介護が必要、母には忙しい時に父の世話を任せており、家の中は不安なことだらけだ。

 巣藤浚介の場合。  彼は抑圧された子ども時代を送った人間だ。「欲望を捨てきれない自分を責め…

全文を読む

「天童荒太」のおすすめ記事をもっと見る

「天童荒太」の本・小説

ペインレス(上) 私の痛みを抱いて (新潮文庫)

ペインレス(上) 私の痛みを抱いて (新潮文庫)

作家
天童荒太
出版社
新潮社
発売日
2021-02-27
ISBN
9784101457178
作品情報を見る
迷子のままで

迷子のままで

作家
天童荒太
出版社
新潮社
発売日
2020-05-20
ISBN
9784103957058
作品情報を見る
ペインレス(下) あなたの愛を殺して (新潮文庫)

ペインレス(下) あなたの愛を殺して (新潮文庫)

作家
天童荒太
出版社
新潮社
発売日
2021-02-27
ISBN
9784101457185
作品情報を見る
ペインレス 下巻

ペインレス 下巻

作家
天童荒太
出版社
新潮社
発売日
2018-04-20
ISBN
9784103957041
作品情報を見る
どーしたどーした

どーしたどーした

作家
天童荒太
荒井良二
出版社
集英社
発売日
2014-01-06
ISBN
9784087754148
作品情報を見る

「天童荒太」人気の作品ランキングをもっと見る