読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「田中慎弥」の関連記事

注目の新刊 『燃える家』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

注目の新刊 『燃える家』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

本州西端の街、赤間関。800年前に安徳天皇が入水した港町で、高校生の滝本徹は出生の秘密を抱えながら暮らす。2001年の夏、一人の老女の水死体が発見され、友人の相沢は非道な計画を企てていた——。芥川賞作家が暴力、性、権力の〈力〉を問う超長編問題作。

もっと見る

芥川賞受賞作『共喰い』映画化! 電子書籍10%ポイント還元中(9/12まで)

芥川賞受賞作『共喰い』映画化! 電子書籍10%ポイント還元中(9/12まで)

電子書籍ストアhontoでは、9月7日に映画が公開された『共喰い』(監督:青山真治)の原作を購入すると10%ポイントが還元されるキャンペーンを実施中。 『共喰い』は、第146回(平成23年度下半期)芥川賞を受賞した田中慎弥の作品。ひとつ年上の幼馴染、千種…

もっと見る

田中慎弥、瀬戸内寂聴があの大物作家にダメ出し!

田中慎弥、瀬戸内寂聴があの大物作家にダメ出し!

「芥川は好きじゃない」「『トロッコ』以外、特にひっかかったものはない」 大文豪をディスっているのは、まさにその文豪の名を冠した芥川賞を受賞し「もらっといてやる」発言で一躍時の人となった田中慎弥と、ベテラン瀬戸内寂聴。ふたりは現在発売中の『す…

もっと見る

注目の新刊 『田中慎弥の掌劇場』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『田中慎弥の掌劇場』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

新芥川賞作家の初の掌編集。〈生老病死〉から日常に潜む狂気まで、あらゆるテーマを包含する1編1600字の小宇宙。2008年より『毎日新聞』連載中の同タイトル作より、「宇宙の起源」「待ち合せ」「揚羽」「読まれない本」など、恐ろしくも美しい37編を収録。

もっと見る

芥川賞作家・田中慎弥 受賞後第1作発売へ

芥川賞作家・田中慎弥 受賞後第1作発売へ

『共喰い』で第146回芥川賞を受賞した田中慎弥氏の受賞後第1作『田中慎弥の掌劇場』が発売になる。 タイトルからもわかるように川端康成の掌篇集『掌の小説』(短編小説が122編収録されている)のオマージュともいえる作品。 本作は『毎日新聞西部本社版』(…

もっと見る

すでに20万部突破!第146回芥川賞受賞作 田中慎弥『共喰い』がついに電子書籍化!

すでに20万部突破!第146回芥川賞受賞作 田中慎弥『共喰い』がついに電子書籍化!

同じく第146回芥川賞受賞作で、ひとあし早く電子書籍化された円城塔『道化師の蝶』に続き、田中慎弥『共喰い』が電子書籍化され配信が始まっています! ■『共喰い』特設ページ(集英社e文庫) <取り扱い電子書籍ストア> Reader Store、honto!、GALAPAGOS …

もっと見る

芥川賞受賞作『道化師の蝶』が早くも電子書籍化!

芥川賞受賞作『道化師の蝶』が早くも電子書籍化!

第146回芥川賞を、田中慎弥『共喰い』と共に受賞した円城塔『道化師の蝶』が異例ともいえるスピードで電子化され配信が開始されています! 受賞決定からわずか2週間、選評と作品が掲載される『文藝春秋』(2月10日発売)より早く電子書籍になるのは前例があ…

もっと見る