読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

さいとう・たかを

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
さいとう・たかを

「さいとう・たかを」のおすすめ記事・レビュー

「ゴロウ・デラックス」大御所漫画家・総集編に反響続々「改めて並べると凄すぎてびびった…」

「ゴロウ・デラックス」大御所漫画家・総集編に反響続々「改めて並べると凄すぎてびびった…」

『あしたのジョー』12巻(作:高森朝雄、画:ちばてつや/講談社)

 2017年3月30日(木)の「ゴロウ・デラックス」では、放送7年目突入直前スペシャルとして「大御所漫画家・総集編」が放送された。視聴者からは「この番組とんでもなく凄い漫画家ばっか出演してるな」と驚きの声があがっている。

 今回の総集編では5人の大御所漫画家が登場。まずトップバッターを飾ったのは、147回の放送に登場した『あしたのジョー』でお馴染みの、ちばてつや。この回でちばてつやは即興で直筆ジョーを描いているほか、あのラストシーンについても語っている。

 そして2人目は169回に登場した藤子不二雄(A)。物語の制作秘話などが語られたのだが、この回で話題になったのは何と言っても稲垣吾郎との朗読劇。『笑ゥせぇるすまん』に登場する喪黒福造を藤子自身が演じ、「ドーン!!!!!」という決めゼリフも披露された。

 さらに同番組では、『ゴルゴ13』締め切り直前のさいとう・たかをの仕事場が撮影された他、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載終了直後の秋本治や、『パタリロ!』の魔夜峰央が登場。何度も大御所の…

全文を読む

「さいとう・たかを賞」創設に反響の声! 『ゴルゴ13』制作システムの文化継承を目指す 

「さいとう・たかを賞」創設に反響の声! 『ゴルゴ13』制作システムの文化継承を目指す 

『ゴルゴ13』183巻(さいとう・たかを/リイド社)

 人気漫画『ゴルゴ13』の作者、さいとう・たかをにまつわる新たな漫画賞「さいとう・たかを賞」が創設された。同賞はさいとうの名前を冠しただけの漫画賞ではなく、さいとう・たかをの“制作システムの文化を継承する後継者”という視点で公募しており、「これは面白い試み!」「応募条件がマジじゃん」と注目を集めている。

 1968年に『ビッグコミック』で連載を開始し、2018年には連載50周年を迎える『ゴルゴ13』。連載開始以来一度も休載せず、現在も同誌で連載中。現実に起こった事件や社会情勢がストーリーの題材として登場し、新鮮さを保ち続けられる秘密は、多数のシナリオ協力者が執筆しているから。さいとう・たかをが実施してきた、分業・プロダクション方式での劇画制作によって可能になっているのだ。

 そこで今回創設された「さいとう・たかを賞」の応募作品は、シナリオと作画が分かれていることが条件。そして“成人男女を主な読者と想定されたコミック作品”であること、“10代の少年少女を主な対象とした作品は該当しない”としている。

全文を読む

「連載を落とすなんてもってのほか」さいとう・たかを『ゴルゴ13』は「オチ」を先に決める、その利点とは?

「連載を落とすなんてもってのほか」さいとう・たかを『ゴルゴ13』は「オチ」を先に決める、その利点とは?

 『ゴルゴ13』の生みの親、劇画家のさいとう・たかを氏が、画業60年周年を迎えた。4月5日には、本作180巻目となる『ゴルゴ13 ギザの醜聞』(リイド社)が発売された。そこで、さいとう氏に青年コミックの原点とも言うべきさいとう劇画の世界と、『ゴルゴ13』などについて語ってもらった。

青年コミックの原点

 画業60年ということは劇画家としての還暦です。私自身も今年で80歳――傘寿です。私は19歳でデビューしてから28歳までずっと貸本の世界で仕事をしてきました。本屋さんで売っている本ではなく、貸本屋さんで借りて読むんです。読者は、工場や商店で働くために地方から都会に出てきた若者が中心でした。ところが、オリンピック前ころから貸本の世界はどんどん斜陽になっていきました。

 せっかく人口が一番多い団塊の世代の読者がついてくれたのに、これを手放すのはマンガ界の損失や、と考えた私は雑誌を出している出版社をまわって「大人が読めるドラマ性のある作品を描かせてくれ」と説得しました。  まだ、青年コミック誌なんて影も形もない時代です。講談社や小学館はマンガは子どものものとい…

全文を読む

ページ数を増やせと編集部に要求した「いじめっ子」 漫画界の偉人 さいとう・たかを!

ページ数を増やせと編集部に要求した「いじめっ子」 漫画界の偉人 さいとう・たかを!

『さいとう・たかをゴリラコレクション 劇画1964』(さいとう・たかを/リイド社)

 漫画を好んで読んでいる人ならば、この世界には「必ず通る道」のようなものが存在すると、何となくでもお分かりいただけるのではないだろうか。例えば手塚治虫先生の作品や、藤子不二雄F、A両氏の作品などである。もちろん時代によって多少の違いはあると思うが、その中に間違いなく「さいとう・たかを」の名前も入ってくるはずだ。

 さいとう・たかを氏といえば、いうまでもなく『ゴルゴ13』の作者として有名な「劇画家」である。劇画というのは子供向けの漫画と区別するために生まれた言葉で、大人向けのリアルな漫画を指す。最近では「さいとう・たかをの作品=劇画」のイメージが定着しているが、実は絵そのものは劇画の条件ではなかった。しかし第一線で活躍する劇画家がさいとう氏しか残らなかったため、その絵を含めた作品のイメージが「劇画」として世間に認識されたのだという。現代においては、さいとう氏はまさに「劇画」そのものであるといえるのかもしれない。

 つまり1955年のデビュー以来、ずっと劇画界のトップラン…

全文を読む

青年コミックの原点となった名作12編を一挙収録!『さいとう・たかをゴリラコレクション 劇画1964』

青年コミックの原点となった名作12編を一挙収録!『さいとう・たかをゴリラコレクション 劇画1964』

1964年、日本のコミック界の歴史が大きく動いた―  3~4ページ、時には1ページというマンガが主流だった時代に、さいとう・たかを作の15ページの「長編」劇画が掲載された。これが青年コミックの原点となり、日本コミック文化の礎となったのだ。  2015年、さいとう・たかを画業60周年となる記念すべき年に、その貴重な作品を含む「ゴリラコレクション」全12編を収録した『さいとう・たかをゴリラセレクション 劇画1964』が、現在発売中だ。  さらに今回の記念企画として、その当時の様子や青年コミックについて、さいとう・たかを本人と、最強のさいとう・たかをフリークである、みなもと太郎が熱く語り合った対談を収録。さらには、みなもと太郎による当時の状況の解説もついた、ファン必見の1冊だ。 <内容> ・記念対談さいとう・たかを×みなもと太郎 「青年コミックは1964年の持ち込みからはじまった」 ・特別寄稿みなもと太郎が解説する「1964年」 「ガキ大将、さいとう・たかをに、我々平成のマンガ家たちは、もっともっと感謝しなければイケナイのだ。」 ■『さいとう・たかを…

全文を読む

高倉健さんの肉声も収録「8・15朗読・収録プロジェクト」寄贈品のプレ公開実施

高倉健さんの肉声も収録「8・15朗読・収録プロジェクト」寄贈品のプレ公開実施

 2004年に発行され、現在は絶版となっている『私の八月十五日~昭和二十年の絵手紙』には、終戦の日をテーマに漫画家達によって描かれた124点の絵と文章がおさめられていた。残念ながらすでに絶版になっているため、2015年、戦後70年を迎えるにあたり今人舎が復刊を決定した。復刊版は、昭和20年8月15日を(1)16歳以上で迎えた人、(2)8~15歳で迎えた人、(3)5~7歳で迎えた人、(4)4歳より幼いときに迎えた人、に分けて編集される。  そして復刊と合わせて2014年7月、作家自らに『私の八月十五日~昭和二十年の絵手紙』を朗読してもらい音声を収録する試み「8・15 朗読・収録プロジェクト」が開始された。2015年3月3日(火)時点で、高倉健さんの肉声をはじめ、石子順、海老名香葉子、北見けんいち、さいとう・たかを、里中満智子、高井研一郎、ちばてつや、林家木久扇、古谷三敏、森田拳次ほか総勢70名の収録を完了している。  収録した朗読は、「音筆(おんぴつ)」という長さ10cmほどのペンの形をしたIT機器のみで再生可能とする。先端を本の紙面にあてると作家…

全文を読む

【ebookJapan】 リイド社の人気236タイトル929冊、40時間限定無料読み放題&40%OFF実施中!

【ebookJapan】 リイド社の人気236タイトル929冊、40時間限定無料読み放題&40%OFF実施中!

 国内最大級のマンガの電子書籍ストアeBookJapanは、本年創立40周年を迎えるリイド社の人気作品236タイトル929冊を、5月16日(金)19時より5月18日(日)11時までの40時間無料で公開し、この期間内は、無料公開した全作品を通常価格の40%OFFで購入できるキャンペーンを実施。『鬼平犯科帳』(さいとう・たかを)や、『極道ステーキ』(土山しげる)、『女医レイカ』(嶺岸信明)などがラインナップしている。

 また、5月18日(日)11時から6月1日(日)の間は、全巻セット、途中巻セットを40%OFFで販売する。 詳しい作品情報はこちらのサイトで ⇒詳細ページ

全文を読む

ゴルゴ13のモデルは高倉健だった!? 作者 さいとう・たかをが語る制作秘話

ゴルゴ13のモデルは高倉健だった!? 作者 さいとう・たかをが語る制作秘話

『ゴルゴ13』(さいとう・たかを/ リイド社)

 国民的人気マンガ『ゴルゴ13』の連載が始まって、去年の11月で丸45年。読んだことはなくとも、その凄腕スナイパーというキャラクターや「うしろに立ってはいけない」などの設定は誰もが知っているだろう。そんなゴルゴの誕生秘話と制作の裏話を、『ダ・ヴィンチ』3月号「マンガヒーロー&ヒロインランキング」特集で、著者さいとう・たかを自身が語っている。

 連載を始めたときには、まさかこんなに長く続くとは思ってもみませんでした。単純な主人公ですし、ストーリーを作ってもせいぜい10パターンくらいにしかならない。だから、10回も続けば十分だろうと考えて、最終回のエピソードも頭の中でコマ割りやセリフまで作っていました。

 ところが、もっと続けて欲しいという読者のみなさんや編集者に励まされてここまで来てしまいました。みなさん、ゴルゴがかっこいいと言ってくださいますが、私にはそこがわからない(笑)。ゴルゴは臆病なキャラクターです。臆病だから生き延びられるのです。決してかっこいいわけではない。

 連載にあたって編集部から出された注…

全文を読む

「さいとう・たかを」のおすすめ記事をもっと見る

「さいとう・たかを」のレビュー・書評をもっと見る

「さいとう・たかを」の本・マンガ

マンガ日本の古典(全32巻セット) (中公文庫)

マンガ日本の古典(全32巻セット) (中公文庫)

作家
石ノ森章太郎
花村えい子
長谷川法世
いがらしゆみこ
坂田靖子
水木しげる
横山光輝
竹宮惠子
バロン吉元
さいとう・たかを
やまだ紫
小島剛夕
安彦良和
牧美也子
矢口高雄
黒鉄ヒロシ
里中満智子
木原敏江
土田 よしこ
古谷三敏
酒井美羽
つのだじろう
出版社
中央公論新社
発売日
2017-03-01
ISBN
9784124800074
作品情報を見る
歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕 (講談社文庫)

歴史劇画 大宰相 第三巻 岸信介の強腕 (講談社文庫)

作家
さいとう・たかを
戸川 猪佐武
出版社
講談社
発売日
2020-01-15
ISBN
9784065184134
作品情報を見る
ゴルゴ13 156 偽装依頼 (SPコミックスコンパクト)

ゴルゴ13 156 偽装依頼 (SPコミックスコンパクト)

作家
さいとう・たかを
出版社
リイド社
発売日
2019-02-28
ISBN
9784845831098
作品情報を見る
ゴルゴ13 155 凋落した名車 (SPコミックスコンパクト)

ゴルゴ13 155 凋落した名車 (SPコミックスコンパクト)

作家
さいとう・たかを
出版社
リイド社
発売日
2018-10-30
ISBN
9784845831081
作品情報を見る
ゴルゴ13 153 顔のない死神 (SPコミックス コンパクト)

ゴルゴ13 153 顔のない死神 (SPコミックス コンパクト)

作家
さいとう・たかを
出版社
リイド社
発売日
2018-02-28
ISBN
9784845831067
作品情報を見る

「さいとう・たかを」人気の作品ランキングをもっと見る

「さいとう・たかを」の関連画像・写真

「さいとう・たかを」の関連画像・写真をもっと見る