読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

さいとうちほ

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
さいとう・ちほ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1982年デビュー。30年以上、華麗な絵柄で壮大な物語を描き続ける。『少女革命ウテナ』(原作・ビーパパス)、『アイスフォレスト』など著書多数。96年『花音』で第42回小学館漫画賞受賞。

「さいとうちほ」のおすすめ記事・レビュー

『少女革命ウテナ』20年ぶりの新作コミックにファン感動!「この日をどれだけ待ちわびたことか」

『少女革命ウテナ』20年ぶりの新作コミックにファン感動!「この日をどれだけ待ちわびたことか」

『少女革命ウテナ After The Revolution』(原作:ビーパパス、漫画:さいとうちほ/小学館)

 2018年5月10日(木)に、最新コミック『少女革命ウテナ After The Revolution』が発売された。20年ぶりとなる“完全新作”とあって、「この日をどれだけ待ちわびたことか」「正座して読もう」と歓喜の声が巻き起こった。

 収録エピソードは『月刊flowers』に読み切り掲載された「After The Revolution」「美しき棘」「ふたりの革命前夜」。また、さいとうちほによるあとがきや幾原邦彦による寄稿も収録されている。

『月刊flowers』公式サイトでは、コミックの発売を記念して2017年発売の同誌9月号に掲載されたさいとう×幾原の対談を特別公開。新作を発表することになったいきさつや、「ウテナ」ファンに向けたメッセージなど貴重な情報が満載となっている。

 新作を長年待ち続けていたファンは興奮を隠しきれないようすで、単行本が発売されると大盛り上がり。ネット上には「表紙から美しすぎる…」「読み進めるたびに涙が止まりません」…

全文を読む

『少女革命ウテナ』20年ぶりの完全新作にファン大興奮! 今冬には第2弾の掲載も決定

『少女革命ウテナ』20年ぶりの完全新作にファン大興奮! 今冬には第2弾の掲載も決定

『月刊flowers』9月号(小学館)

 2017年7月28日(金)に発売された『月刊flowers』9月号に『少女革命ウテナ』の新作エピソードが掲載された。表紙&巻頭カラーを飾った同作に、ファンから「んあああ! 新作ありがとうございます!!」「ウテナ様が相変わらずカッコいい…」と喜びの声が巻き起こっている。

 さいとうちほが漫画を手掛け、ビーパパスが原作を務める『少女革命ウテナ』。同作の新作が登場するのは20年ぶり。またテレビアニメの監督も務めた幾原邦彦とさいとうの対談も掲載。幾原とさいとうの出会いやウテナ制作秘話などのエピソードが語られており、20年ぶりの新作に対する思いも詰め込まれた貴重な対談となっている。

 また、さいとうが手掛けた主人公・ウテナと“薔薇の花嫁”ことアンシーの初期設定ラフも初めて公開。待望の新作掲載など膨大な情報量に、読者からは「めっちゃキュンキュンした」「ページをめくるたびにフォォォォ! って変な雄たけびを上げてたわ」「ヤバいよウテナ世代のみんな、絶対読んで!」「さいとう先生と幾原監督の対談が世界に革命を起こすぐらい読み応えあ…

全文を読む

『少女革命ウテナ』新作にファンから歓喜の声続出! 月刊flowers9月号に掲載

『少女革命ウテナ』新作にファンから歓喜の声続出! 月刊flowers9月号に掲載

『少女革命ウテナ』1巻(著:さいとうちほ、原作:ビーパパス/小学館)

 さいとうちほが漫画を手掛ける『少女革命ウテナ』の最新エピソードが、2017年7月28日(金)発売の『月刊flowers』9月号に掲載される。ファンからは「マジでえええ!?」「まさかウテナの新作が読めるとか嬉しすぎるだろお!!」と興奮の声が巻き起こっている。

「少女革命ウテナ」は、アニメ「美少女戦士セーラームーン」のシリーズディレクターとして知られる幾原邦彦が立ち上げた「ビーパパス」が原作を手掛けている。テレビアニメ作品は1997年4月から同年12月まで、全39話にわたって放送された。

「鳳学園」を舞台に、“王子様”になりたいと願う少女・ウテナと“薔薇の花嫁”と呼ばれるアンシーの出会いや「世界を革命する力」を巡る“デュエリスト”の闘いなど、独特の世界観がヒット。さまざまなメディアミックスが行われ、多くのファンを獲得してきた同作の新作とあって「これは絶対買いだな」「正座待機してます!」と大反響。

 アニメ、漫画、小説、劇場版とそれぞれ異なった展開を見せてきた同作だが、テレビアニメ放送から…

全文を読む

さいとうちほが描く大怪盗! 『VSルパン』が発売

さいとうちほが描く大怪盗! 『VSルパン』が発売

『VSルパン』(さいとうちほ:著、モーリス ルブラン:企画・原案/小学館)

 古典ミステリーのリメイクでいま最も熱いのはシャーロック・ホームズだ。ベネディクト・カンバーバッチ主演の現代版ドラマ『SHERLOCK』は新シーズンが放映されるたびに話題騒然となるし、アメリカでは舞台をニューヨークに移し、ワトソンを女性に変更したドラマ『エレメンタリー ホームズ&ワトソンin NY』が製作されるなど、世界各地でホームズ旋風が吹き荒れている。

 ところでホームズと双璧を成す古典ミステリーのヒーローと言えば、フランスの作家モーリス・ルブランが生み出した怪盗アルセーヌ・ルパンである。ホームズに比べ、ルパン関連のリメイク作品は少ないのでは、と思った貴方、甘い。コミック雑誌『HEROS』では森田崇によるルブラン原作のマンガ化『怪盗ルパン伝 アバンチュリエ』が連載中であり、2013年には近年発見されたシリーズ最終作『ルパン、最後の恋』が宝塚でミュージカル化されるなど、ホームズに負けず劣らず様々な表現方法によってルパンの物語はいまも甦っているのだ。

 そしてまたひとつ、装い…

全文を読む

「さいとうちほ」のおすすめ記事をもっと見る

「さいとうちほ」のレビュー・書評をもっと見る

「さいとうちほ」の本・マンガ

とりかえ・ばや コミック 全13巻 セット

とりかえ・ばや コミック 全13巻 セット

作家
さいとうちほ
出版社
発売日
2018-02-09
ASIN
B07B6V5D3Z
作品情報を見る
竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)

竹宮惠子カレイドスコープ (とんぼの本)

作家
竹宮惠子
原田マハ
石田 美紀
寺山 偏陸
さいとうちほ
勝谷誠彦
出版社
新潮社
発売日
2016-09-16
ISBN
9784106022692
作品情報を見る
純白の朝はきらめいて (エメラルドコミックス/ハーモニィコミックス)

純白の朝はきらめいて (エメラルドコミックス/ハーモニィコミックス)

作家
さいとうちほ
リサ・クレイパス
出版社
宙出版
発売日
2017-11-01
ISBN
9784776745921
作品情報を見る
誘惑のシーク (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

誘惑のシーク (エメラルドコミックス ロマンスコミックス)

作家
さいとうちほ
出版社
宙出版
発売日
2014-09-10
ISBN
9784776738121
作品情報を見る
新装版 少女革命ウテナ コミック 1-6巻セット

新装版 少女革命ウテナ コミック 1-6巻セット

作家
さいとうちほ
出版社
発売日
2018-01-10
ASIN
B078Z6ZKP5
作品情報を見る
青い悪魔のセレナーデ (エメラルドコミックス ハーモニィコミックス)

青い悪魔のセレナーデ (エメラルドコミックス ハーモニィコミックス)

作家
さいとうちほ
出版社
宙出版
発売日
2015-07-10
ISBN
9784776740438
作品情報を見る
珠玉の名作アンソロジー 6 「姫と王子とロマンスと」 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 6)

珠玉の名作アンソロジー 6 「姫と王子とロマンスと」 (小学館文庫 珠玉の名作アンソロジー 6)

作家
萩尾望都
さいとうちほ
篠原千絵
出版社
小学館
発売日
2015-09-15
ISBN
9784091915894
作品情報を見る
輝夜伝 コミック 1-2巻セット

輝夜伝 コミック 1-2巻セット

作家
さいとうちほ
出版社
発売日
2019-03-08
ASIN
B07PLQFSFM
作品情報を見る

「さいとうちほ」人気の作品ランキングをもっと見る

「さいとうちほ」の関連画像・写真

「さいとうちほ」の関連画像・写真をもっと見る