読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

土村芳

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
つちむら・かほ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1990年、岩手県生まれ。京都造形芸術大在学中、林海象監督に注目され、映画『彌勒 MIROKU』で主演。主演舞台『銀河鉄道の夜』が、シアターグリーンフェスタ2014で賞を受賞。出演作に舞台『母に欲す』、映画『カミハテ商店』『劇場霊』『何者』、ドラマ『コウノドリ』など。4月6日スタートの『恋がヘタでも生きてます』(日本テレビ系)に出演。

「土村芳」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

土村 芳「大好きな西加奈子さん作品との出会いは、中学生の時のすてきな偶然でした」

土村 芳「大好きな西加奈子さん作品との出会いは、中学生の時のすてきな偶然でした」

毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、舞台『母に欲(ほっ)す』に出演する土村芳(つちむらかほ)さん。彼女流の読書のこだわりとは?

 亡くなった母、新しく来た母をめぐり、男だけの一家に静かなさざ波が立ち始める――劇作家・三浦大輔が長年温めてきた“息子にとっての母親”というテーマに迫る舞台『母に欲す』。ベテラン俳優たちのなかで、土村さんは今「吸収の毎日」だという。

「三浦さんが“集大成”とおっしゃる作品に出演させていただくのは、本当に光栄なこと。この舞台から日々吸収していることは、必ず次のステップにもつながっていくと思っています」

 今回選んでくれた『ふくわらい』からも、たくさんのことを受け取ったという。実は、候補に挙げてくれた3冊すべてが西加奈子作品だった。

「西さん、大好きなんです。出会いは中学生のとき。テスト勉強の最中に現実逃避をしたくなって(笑)、本屋さんへ出かけたんですね。それまで本はあんまり好きではなくて、いつも最後まで読むことができなかったんで…

全文を読む

「土村芳」のおすすめ記事をもっと見る