読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

東野圭吾

職業・肩書き
作家
ふりがな
ひがしの・けいご

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1985年
『放課後』第31回江戸川乱歩賞
1999年
『秘密』第52回日本推理作家協会賞 長編部門
2006年
『容疑者Xの献身』第134回直木賞
2012年
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』第7回中央公論文芸賞
2013年
『夢幻花』第26回柴田錬三郎賞
2014年
『祈りの幕が下りる時』吉川英治文学賞

「東野圭吾」のおすすめ記事・レビュー

一気読みさせるミステリーの書き方とは? 「このミス」大賞作家・梶永正史による、東野圭吾『新参者』の読み方

一気読みさせるミステリーの書き方とは? 「このミス」大賞作家・梶永正史による、東野圭吾『新参者』の読み方

『新参者』(東野圭吾/講談社)

「読み巧者」は「書き巧者」。巷では、作家になるには読書量が勝負だと言われる。たしかに「小説が巧い」と言われる作家の多くが読書家である。しかし、ただ漫然と好きな本を読んでいても、上手に小説が書けるようになるわけではない。作家になる書き手は、実作者の視点で本を読み、参考になるところを作品に取り入れている。

 本稿では、作家デビューを手がける文芸エージェントが、作家・梶永正史さんから創作に役に立った本を一冊挙げてもらい、自身の創作のためになったポイントをお聞きした。デビュー前にミステリーを書こうと決めた梶永さんが推理小説を読み漁っていたところ、抜群に読みやすかったのは東野圭吾作品だったそうだが、なかでも『新参者』(講談社)から梶永さんが学んだ「一気読みさせるミステリーの書き方」とは?

■公募時代にハマった「東野圭吾ミステリー」

――2013年に「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』でデビューしましたが、作家を志した頃からミステリーを書いていたのでしょうか。

梶永正史さん(以下、梶永):…

全文を読む

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

 Amazonでは、2022年5月26日(木)23:59まで、キャンペーン対象の電子書籍を購入すると、50%がポイントで還元される「Kindle本ポイントキャンペーン」が開催中だ。そこで本稿では、編集部が選んだ「小説・文芸」ジャンルの10作品をご紹介していきたい。

※本ページで紹介する情報は、2022年5月18日18時現在のものです。商品情報や価格等の変更の場合もございますので、詳細はAmazonの販売ページにてご確認ください

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

全文を読む

旅の予習・復習に最適! 本で旅気分を味わう5冊をセレクト

旅の予習・復習に最適! 本で旅気分を味わう5冊をセレクト

 旅に出かけたくて出かけたくてたまらない。そんな気持ちを抑えられずに、旅の計画を着々と進めている人もいれば、旅に出かけたい気持ちはあるけれど、今はちょっと難しそう…という人もいることだろう。旅に行く予定の人も、今は行けないという人も、どんな人も楽しむことができるのが、小説やエッセイ。本稿では、旅行に行きたくなる小説・エッセイを5つご紹介する。旅の予習や復習に、まずは本で旅気分に浸ってみてほしい。

全文を読む

永野芽郁がイメージキャラクター! 読書の秋必読の「文春文庫 秋100ベストセレクション」厳選オススメ本7選

永野芽郁がイメージキャラクター! 読書の秋必読の「文春文庫 秋100ベストセレクション」厳選オススメ本7選

(c)澁谷征司

 読書の秋。「どんな本を読もうかな」と悩んでいるなら、ぜひとも「2021 文春文庫 秋100ベストセレクション」を参考にしてみてほしい。「秋100ベストセレクション」は、毎年、読書の秋にあわせて開催される文藝春秋による文庫フェア。この秋に読むべき名作が厳選されているから、どの本を手に取っても極上の読書体験が楽しめるのだ。中でも今年の目玉作品のひとつは瀬尾まいこさんの本屋大賞受賞作『そして、バトンは渡された』。10月23日に実写映画が公開予定で、主人公を演じた永野芽郁さんは「秋100ベストセレクション」のイメージキャラクターも担当しているのだ。『そして、バトンは渡された』をはじめとして、このフェアには、見逃せない作品がたくさん。その中でも特にオススメしたい7つの作品をご紹介しよう。

全文を読む

名手による、珠玉の短編ミステリーに酔いしれる。『犯人のいない殺人の夜』/佐藤日向の#砂糖図書館⑨

名手による、珠玉の短編ミステリーに酔いしれる。『犯人のいない殺人の夜』/佐藤日向の#砂糖図書館⑨

東野圭吾さんの名前を聞いて、最初に思い浮かべる作品はなんだろうか。 『流星の絆』『白夜行』『マスカレード・ホテル』――。 あげたらキリがないくらい、読了後も色濃く私の中に残っている作品が沢山ある。 東野圭吾さんの作品は、序盤から中盤にかけて宝探しのようにヒントを散りばめたあと、終盤で全てを綺麗に回収し、なおかつ想像もつかないようなどんでん返しと謎解きが待っている。   今回紹介するのは東野圭吾さんの『犯人のいない殺人の夜』という、1990年に刊行された作品で、7つの事件が1冊に詰め込まれた短編小説だ。   私はこれまでひとつの作品を、時間をかけてゆっくり謎を紐解きながら読むのが好きだったが、この作品をきっかけに短編がこんなに面白く、魅力溢れるものだったのかと、衝撃を受けた。 『犯人のいない殺人の夜』は、たとえるならば東野圭吾さんの一部のトリック特集と言っても過言ではないくらい、7つの事件全てが違う視点で、違う手法のトリックが描かれていた。   タイトルの通り、まさに7つの事件全て"犯人がいない”と捉えることができる…

全文を読む

東野圭吾ついに電子書籍解禁! 『容疑者Xの献身』『白夜行』ほか、100万部突破&映像化7作品が対象

東野圭吾ついに電子書籍解禁! 『容疑者Xの献身』『白夜行』ほか、100万部突破&映像化7作品が対象

 これまで著書が電子化されていなかったベストセラー作家・東野圭吾の作品が、2020年4月24日(金)より電子書籍化。直木賞受賞作『容疑者Xの献身』を含む7つの人気小説が、主要電子書店にて配信開始される。

 2020年に作家生活35周年を迎え、最新刊『クスノキの番人』も大ヒットを記録するなど根強い人気を誇る東野。今回の企画はKADOKAWA・幻冬舎・講談社・光文社・実業之日本社・集英社・文藝春秋の7社が、出版社の垣根を超えて協力することによって実現された。

 電子書籍化されるのは、平成を代表するミステリー大作『白夜行』や2017年に山田涼介主演で映画化された『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、“悪い東野圭吾”と話題を呼んだ異色作『ダイイング・アイ』など、東野ファンにとって見逃せない作品ばかり。対象作品はすべて「映画、またはドラマ化された映像化作品」かつ「累計100万部を突破している作品」となっており、合計発行部数は1288万部にも及ぶ。

 中でも注目作は2008年に二宮和也主演でドラマ化され、最高視聴率22.6%を記録するほどの人気を博した『流星の絆』。何者かに…

全文を読む

「半沢直樹」と東野圭吾の大ヒット小説が謎解きに! 体験型イベント「銀座ミステリー~2つの謎の交差点~」開催

「半沢直樹」と東野圭吾の大ヒット小説が謎解きに! 体験型イベント「銀座ミステリー~2つの謎の交差点~」開催

 累計発行部数1,200万部を超える東野圭吾の「加賀恭一郎」シリーズと、テレビドラマが爆発的なヒットを記録した池井戸潤の「半沢直樹」シリーズが謎解きイベントに! 銀座の街を歩きながら推理する体験型イベント「銀座ミステリー~2つの謎の交差点~」が、2020年3月20日(金)~22日(日)にかけて開催される。

 同イベントはオリジナルスマホアプリを使用しながら松屋銀座や銀座三越、和光・東急プラザ・GINZA SIX・銀座 伊東屋など、いくつもの有名店舗に点在する事件の手がかりを集めていくという内容。ゴールで判定される「探偵レベル」が「最優秀探偵」になると、東野圭吾や池井戸潤の希少なサイン本や豪華賞品が当たる抽選にチャレンジできる。蔦屋書店やカフェを利用すれば、事件解決の手がかりとなるスペシャルヒントも入手可能だ。

 謎解きは「加賀恭一郎編」と「半沢直樹編」の豪華2本立てとなっており、両方の事件に挑むのもどちらか一方の事件にだけ挑戦するのも参加者の自由。ただし両方の事件を解明すると、スペシャルエンディングとして銀座の街で同時に起こった2つの事件をつなぐ真…

全文を読む

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

旅行移動中でもお家でも! GW中にじっくり読みたい王道ミステリー小説5選

 時間がたっぷりとあるGWは、なにかおもしろい本に触れたくもなるもの。そんな時は、王道のミステリー小説をじっくりと楽しみ、スリル感を満喫してみてはいかがだろうか? 長年愛され続けている王道ミステリーにはラスト1ページまで楽しめる仕掛けが盛りだくさん。本稿では、特におすすめしたい作品を5つご紹介したい。

■死刑判決を受けたの冤罪死刑囚を救うカギは「階段」に

『13階段』(高野和明/講談社)

 ミステリー好きがみな口をそろえて絶賛するのが、高野和明氏が手がけた『13階段』(講談社)。物語は、定年間近の刑務官・南郷正二が仮釈放された服役囚・三上純一に、10年前に起きた殺人事件の再調査を依頼することから始まる。南郷は犯人とされる死刑囚・樹原亮の冤罪を晴らしてほしいと頼む。生活苦だった三上は多額の報酬に惹かれ調査を引き受けるが、その裏には想像を絶するような真実が隠されていた。本作のカギを握るのは、「階段」。死刑執行まで残り3カ月しかない中、三上は真実にたどり着き、樹原の命を救うことができるのだろうか。

■どんでん返しな猟奇的殺人にハラハラ…

『ハサミ男』(殊能将之/…

全文を読む

「東野圭吾」のおすすめ記事をもっと見る

「東野圭吾」のレビュー・書評をもっと見る

「東野圭吾」の本・小説

希望の糸 (講談社文庫)

希望の糸 (講談社文庫)

作家
東野圭吾
出版社
講談社
発売日
2022-07-15
ISBN
9784065286180
作品情報を見る
透明な螺旋

透明な螺旋

作家
東野圭吾
出版社
文藝春秋
発売日
2021-09-03
ISBN
9784163914244
作品情報を見る
ガリレオの事件簿2 幽体離脱の謎を追え

ガリレオの事件簿2 幽体離脱の謎を追え

作家
東野圭吾
うめ(小沢高広・妹尾朝子)
出版社
文藝春秋
発売日
2022-09-09
ISBN
9784163915920
作品情報を見る
白鳥とコウモリ

白鳥とコウモリ

作家
東野圭吾
出版社
幻冬舎
発売日
2021-04-07
ISBN
9784344037731
作品情報を見る
Jミステリー2022 FALL (光文社文庫 こ 1-26)

Jミステリー2022 FALL (光文社文庫 こ 1-26)

作家
光文社文庫編集部
東野圭吾
新川帆立
大山誠一郎
似鳥鶏
斜線堂有紀
太田愛
出版社
光文社文庫
発売日
2022-10-12
ISBN
9784334794392
作品情報を見る
マスカレード・ゲーム

マスカレード・ゲーム

作家
東野圭吾
出版社
集英社
発売日
2022-04-20
ISBN
9784087754612
作品情報を見る
Jミステリー2022 SPRING (光文社文庫)

Jミステリー2022 SPRING (光文社文庫)

作家
東野圭吾
知念実希人
芦沢央
青柳碧人
織守きょうや
今村昌弘
光文社文庫編集部
出版社
光文社
発売日
2022-04-12
ISBN
9784334793470
作品情報を見る

「東野圭吾」人気の作品ランキングをもっと見る

「東野圭吾」の関連画像・写真

「東野圭吾」の関連画像・写真をもっと見る