読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

藤井聡太

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふじい・そうた

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

2002年、愛知県生まれ。12年、杉本昌隆七段門下でプロ棋士養成機関の奨励会に入会。16年10月、14歳2カ月の史上最年少で四段に昇段し、史上5人目の中学生プロ棋士となった。デビュー戦では、現役最年長だった加藤一二三九段に勝利し、大きな話題となった。

「藤井聡太」のおすすめ記事・レビュー

師匠が語る藤井聡太六段の強さの秘密――「天性の負けず嫌いです」

師匠が語る藤井聡太六段の強さの秘密――「天性の負けず嫌いです」

『弟子・藤井聡太の学び方』(杉本昌隆/PHP研究所)

 史上最年少プロ棋士・藤井聡太六段の「強さの秘密」を師匠が明かす、『弟子・藤井聡太の学び方』が2018年2月2日(金)に発売された。

 輝かしい成績を誇る若き棋士が小学4年生で弟子入りしたのが、著者・杉本昌隆七段だった。杉本は同書で「入門以来どのような指導をしてきたか」や「進学を強くすすめた理由」「愛弟子はなぜ急成長したのか」といったトピックスを師匠ならではの分析で解説。藤井六段も原稿段階で読了した「藤井聡太オフィシャルブック」ともいえる内容になっている。

 同書でいう「学び」は、具体的な将棋の指し手や戦法ではない。「対局への心がまえ」や「ネットとのつき合い方」といった将棋に関連することも含め、もっと広い意味での「弟子・藤井聡太の学び方」が見えてくる。

「思考力」「集中力」「忍耐力」「想像力」「自立心」「平常心」…。将棋で強くなるために要する力はすべて、人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びであると杉本は主張する。そう考える師匠のもとで腕を磨きつつ、人との接し方や人前での話し方、学校の勉強などを…

全文を読む

「藤井聡太」のおすすめ記事をもっと見る

「藤井聡太」のレビュー・書評をもっと見る

「藤井聡太」の本・小説

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

グローバリズムが世界を滅ぼす (文春新書)

作家
エマニュエル・トッド
柴山桂太
中野剛志
藤井聡太
堀茂樹
ハジュン チャン
Emmanuel Todd
出版社
文藝春秋
発売日
2014-06-20
ISBN
9784166609741
作品情報を見る
モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略

モビリティをマネジメントする コミュニケーションによる交通戦略

作家
藤井聡太
谷口 綾子
松村 暢彦
神田 佑亮
今岡 和也
宮川 愛由
宇都宮 浄人
牧村 和彦
鈴木 春菜
鈴木文彦
萩原 剛
伊地知恭右
出版社
学芸出版社
発売日
2015-07-28
ISBN
9784761526016
作品情報を見る

「藤井聡太」人気の作品ランキングをもっと見る

「藤井聡太」の関連画像・写真

「藤井聡太」の関連画像・写真をもっと見る