読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藤巻一保

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふじまき・かずほ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

宗教研究家・作家

「藤巻一保」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

いわゆる払拭すべき人間の「煩悩」に「性欲」があるが、なんと日本の仏教界、特に僧侶を中心とした世界では割となんでもアリだったという驚くべき事実ーーって案外、知られてるのかもしれないが、比較的戒律の厳しいインド仏教とは違って、こと日本の仏教界では、ずいぶんとユルい独自解釈がたくさん生まれたのには今さらながら驚かされる(もちろんインドにも「カーマ・スートラ」とかもあるわけですが、あれはちょっと奥義系)。

女人との密通はわりと普通のこと、「稚児」を仏に通じる存在として高僧が育ててたのはモロに男色だし、世俗を捨てたはずの尼さんも結構奔放だったり…。細かい事例は本で確認いただくとして、こういう性的な「おおらかさ」が日本限定(!)で許され続けたというのがなんともおもしろい。カミサマ系の世界でも国造り神話とかエロチックな話が多いし、民衆も祭りなどハレの場でのはっちゃけぶりは半端なかったようだし、日本的な性愛観のベースというのは、もともとそういうものだったのだろう。

高僧たちが「なかなかそっちは“教化”できないから、いーよね!」といったかどうかはわからないけど、そんな…

全文を読む

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

いわゆる払拭すべき人間の「煩悩」に「性欲」があるが、なんと日本の仏教界、特に僧侶を中心とした世界では割となんでもアリだったという驚くべき事実ーーって案外、知られてるのかもしれないが、比較的戒律の厳しいインド仏教とは違って、こと日本の仏教界では、ずいぶんとユルい独自解釈がたくさん生まれたのには今さらながら驚かされる(もちろんインドにも「カーマ・スートラ」とかもあるわけですが、あれはちょっと奥義系)。

女人との密通はわりと普通のこと、「稚児」を仏に通じる存在として高僧が育ててたのはモロに男色だし、世俗を捨てたはずの尼さんも結構奔放だったり…。細かい事例は本で確認いただくとして、こういう性的な「おおらかさ」が日本限定(!)で許され続けたというのがなんともおもしろい。カミサマ系の世界でも国造り神話とかエロチックな話が多いし、民衆も祭りなどハレの場でのはっちゃけぶりは半端なかったようだし、日本的な性愛観のベースというのは、もともとそういうものだったのだろう。

高僧たちが「なかなかそっちは“教化”できないから、いーよね!」といったかどうかはわからないけど、そんな…

全文を読む

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

いわゆる払拭すべき人間の「煩悩」に「性欲」があるが、なんと日本の仏教界、特に僧侶を中心とした世界では割となんでもアリだったという驚くべき事実ーーって案外、知られてるのかもしれないが、比較的戒律の厳しいインド仏教とは違って、こと日本の仏教界では、ずいぶんとユルい独自解釈がたくさん生まれたのには今さらながら驚かされる(もちろんインドにも「カーマ・スートラ」とかもあるわけですが、あれはちょっと奥義系)。

女人との密通はわりと普通のこと、「稚児」を仏に通じる存在として高僧が育ててたのはモロに男色だし、世俗を捨てたはずの尼さんも結構奔放だったり…。細かい事例は本で確認いただくとして、こういう性的な「おおらかさ」が日本限定(!)で許され続けたというのがなんともおもしろい。カミサマ系の世界でも国造り神話とかエロチックな話が多いし、民衆も祭りなどハレの場でのはっちゃけぶりは半端なかったようだし、日本的な性愛観のベースというのは、もともとそういうものだったのだろう。

高僧たちが「なかなかそっちは“教化”できないから、いーよね!」といったかどうかはわからないけど、そんな…

全文を読む

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

エロだけはやめられない…!? 日本仏教の奥の奥はアメージングゾーン

いわゆる払拭すべき人間の「煩悩」に「性欲」があるが、なんと日本の仏教界、特に僧侶を中心とした世界では割となんでもアリだったという驚くべき事実ーーって案外、知られてるのかもしれないが、比較的戒律の厳しいインド仏教とは違って、こと日本の仏教界では、ずいぶんとユルい独自解釈がたくさん生まれたのには今さらながら驚かされる(もちろんインドにも「カーマ・スートラ」とかもあるわけですが、あれはちょっと奥義系)。

女人との密通はわりと普通のこと、「稚児」を仏に通じる存在として高僧が育ててたのはモロに男色だし、世俗を捨てたはずの尼さんも結構奔放だったり…。細かい事例は本で確認いただくとして、こういう性的な「おおらかさ」が日本限定(!)で許され続けたというのがなんともおもしろい。カミサマ系の世界でも国造り神話とかエロチックな話が多いし、民衆も祭りなどハレの場でのはっちゃけぶりは半端なかったようだし、日本的な性愛観のベースというのは、もともとそういうものだったのだろう。

高僧たちが「なかなかそっちは“教化”できないから、いーよね!」といったかどうかはわからないけど、そんな…

全文を読む

「藤巻一保」のレビュー・書評をもっと見る

「藤巻一保」の本・小説

安倍晴明『簠簋内伝』現代語訳総解説

安倍晴明『簠簋内伝』現代語訳総解説

作家
藤巻一保
出版社
戎光祥出版
発売日
2017-11-30
ISBN
9784864032636
作品情報を見る
イラストでわかる 密教 印のすべて

イラストでわかる 密教 印のすべて

作家
藤巻一保
出版社
PHP研究所
発売日
2006-11-01
ISBN
9784569657820
作品情報を見る
秘説 陰陽道

秘説 陰陽道

作家
藤巻一保
出版社
戎光祥出版
発売日
2019-05-22
ISBN
9784864033244
作品情報を見る
江戸怪奇標本箱

江戸怪奇標本箱

作家
藤巻一保
花輪和一
出版社
柏書房
発売日
2008-01-01
ISBN
9784760132645
作品情報を見る

「藤巻一保」人気の作品ランキングをもっと見る

「藤巻一保」の関連画像・写真

「藤巻一保」の関連画像・写真をもっと見る