読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

藤田宜永

職業・肩書き
作家
ふりがな
ふじた・よしなが

「藤田宜永」のおすすめ記事・レビュー

注目の新刊 『探偵・竹花 潜入調査』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

注目の新刊 『探偵・竹花 潜入調査』 ダ・ヴィンチ2014年1月号

クールな私立探偵が事件の捜査を通して、恋人や夫婦、親子関係に隠された知られざる一面に迫るミステリー短編集。表題作では、父親を殺された女性の依頼で犯人と思しき人物の身辺を探る竹花だが、周囲で不可解な出来事が続き、やがて意外な真相にたどり着く。

全文を読む

注目の新刊 『探偵・竹花 孤独の絆』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

注目の新刊 『探偵・竹花 孤独の絆』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

還暦の迫った探偵・竹花は天涯孤独の身。とりとめもない灰色の日常に、赤い色を投げ込んでくるのは依頼人だ――。老人の友情を描いた「サンライズ・サンセット」、少年の想いを描いた「等身大の恋」など、孤独な魂から生まれる謎を描く、珠玉のミステリー4編。

全文を読む

注目の新刊 『ライフ・アンド・デス』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

注目の新刊 『ライフ・アンド・デス』 ダ・ヴィンチ2013年3月号

病的に動物好きな腕利きヒットマン、榎波。無感動で女性恐怖症の彼が感情を爆発させるのは、動物虐待に遭遇したときだけ。しかし暗殺対象者の妹・冴子に心惹かれ、彼女の身辺を探る元弁護士らと追跡劇を繰り広げる。殺るか殺られるかのノンストップ・サスペンス。

全文を読む

注目の新刊 『和解せず』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『和解せず』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

クラシック中心のプロモーターである伊木章吾。政界のドンとも言われる男の死によって、彼の運命は予期せぬほうへと転がっていく。やがて彼の前に一人の女性が現れて……。大人の男の生き方を、豊かなリリシズムとともに描き続けてきた著者が贈る最新長編。

全文を読む

「藤田宜永」のおすすめ記事をもっと見る

「藤田宜永」のレビュー・書評をもっと見る

「藤田宜永」の関連画像・写真

「藤田宜永」の関連画像・写真をもっと見る