読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「サマセット・モーム」のレビュー・書評

比類なき画家チャールズ・ストリックランド。またの名を、ポール・ゴーギャン

比類なき画家チャールズ・ストリックランド。またの名を、ポール・ゴーギャン

本作は、かの後期印象派の巨匠、ポール・ゴーギャンをモデルとした伝奇小説です。 さて、美術史において後期印象派といえば、現代においても非常に人気のある画家を、数多く擁する時代であります。ゴッホやセザンヌ、ゴーギャン、マネやルドンなどなど…。名画家の代名詞のような画家たちが軒を並べ、現代美術への夜明けをもたらした時代…。 ―というようなことにまったく興味がない人に、本作は大変にオススメであります。むしろ、そういった知識はない方がいいかも知れません。…

もっと見る