KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

藤田直哉

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふじた・なおや

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

SF評論家

「藤田直哉」のおすすめ記事・レビュー

注目の新刊 『虚構内存在 筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

注目の新刊 『虚構内存在 筒井康隆と〈新しい《生》の次元〉』 ダ・ヴィンチ2013年5月号

3・11以降急速に政治化するオタク、貧困にあえぐロスジェネ世代……。絶望の淵に立たされる今、作家・筒井康隆がつくり出した「虚構内存在」と「超虚構理論」を参照軸に、高度電脳化世界における〈人間〉とは何かを根源から問う。2010年代を読み解く本格批評の誕生。

全文を読む

「ハルヒ」に日本SF界の大御所作家・筒井康隆もうなる

「ハルヒ」に日本SF界の大御所作家・筒井康隆もうなる

シリーズ累計1650万部を突破し、4年ぶりの新作『涼宮ハルヒの驚愕』(角川書店)も大ヒットしている「ハルヒ」シリーズ。   SF評論家の藤田直哉さんは、その人気の理由を、こう分析する。    「『ハルヒ』にはSF魂をくすぐる言葉やガジェットが随所に出てきます。ライトノベルだからと敬遠する人がいるかもしれませんが、本を読んできたキャリアのある人ほど、その裏にある膨大な知識と情報に気づき、めまいを覚えるかもしれません。それが『ハルヒ』の大きな魅力だと思います」(藤田さん)    「ハルヒ」の凄さは、あの筒井康隆までもが反応。雑誌『群像』(2007年7月号)の東浩紀との対談で、シリーズの中では『涼宮ハルヒの消失』が一番面白いと語っている。日本SF界を牽引してきた大御所作家をもうならせたのは、一体どこなのか。     藤田さんは、「ハルヒそのものが読者の寓意」と指摘しながら、「ハルヒ」が珍しいのは、普通の人として登場する「キョン」が、SF的な出来事に巻き込まれていくのに、それをあまり問題にしない点にあるという。心を動かさず、むしろ、そのまま受け入れ…

全文を読む

「藤田直哉」のおすすめ記事をもっと見る

「藤田直哉」のレビュー・書評をもっと見る

「藤田直哉」の本・小説

ゲームが教える世界の論点 (集英社新書)

ゲームが教える世界の論点 (集英社新書)

作家
藤田直哉
出版社
集英社
発売日
2023-01-17
ISBN
9784087212495
作品情報を見る

「藤田直哉」人気の作品ランキングをもっと見る

「藤田直哉」の関連画像・写真

「藤田直哉」の関連画像・写真をもっと見る