KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

内田也哉子

職業・肩書き
作家
ふりがな
うちだ・あやこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

エッセイスト

「内田也哉子」のおすすめ記事・レビュー

「不感症気味になっている心に響く――」森山直太朗×内田也哉子特別対談。アニメ『オチビサン』書き下ろし主題歌制作の裏側

「不感症気味になっている心に響く――」森山直太朗×内田也哉子特別対談。アニメ『オチビサン』書き下ろし主題歌制作の裏側

 主人公・オチビサンと、その仲間たちの日常を柔らかな雰囲気で描いた安野モヨコさん原作のアニメ『オチビサン』(NHK総合)。なんでもない日々のなかにある、季節のうつろいや繊細な感情の機微を丁寧にすくいあげるような、優しさにあふれた作品に仕上がっている。

 この記事では、アニメ書き下ろしの主題歌『ロマンティーク』を手掛けた森山直太朗さんと内田也哉子さんにインタビュー。共作に至った経緯や裏側、創作における価値観について語ってもらった。

「むき出しの言葉が作品の世界観にぴったりはまる」。内田也哉子に作詞を依頼した理由

――アニメ『オチビサン』のために書き下ろされた楽曲『ロマンティーク』では、森山さんのほうから内田さんに歌詞を書いて欲しいと依頼されたそうですね。

森山直太朗(以下、森山):原作者である安野モヨコさんが描く、ノスタルジックでファンタジックな世界観を僕の色だけで表現すると、やや重たくなっちゃうんじゃないかなと思ったんです。也哉子さんとは、2022年と23年に行われた『母に感謝のコンサート』の東京公演でご一緒したことがあって、その時朗読されていたオリジナ…

全文を読む

『週刊文春WOMAN』創刊5周年&『BLANK PAGE 空っぽを満たす旅』刊行記念! 内田也哉子さん×小泉今日子さんの貴重なトークイベントが開催

『週刊文春WOMAN』創刊5周年&『BLANK PAGE 空っぽを満たす旅』刊行記念! 内田也哉子さん×小泉今日子さんの貴重なトークイベントが開催

写真提供/文藝春秋

 2024年1月22日、東京・新宿紀伊國屋ホールにて、『BLANK PAGE 空っぽを満たす旅』(文藝春秋)を刊行した内田也哉子さんと、ゲストの小泉今日子さんのトークイベントが開催された。テーマは「人生に訪れる喪失と、人と出会うことについて」。内田さんの両親・樹木希林さんと内田裕也さん、さらには夫の本木雅弘さんとも親しい小泉さんとの対話は、とても親密で温かいものだった。チケットがソールドアウトした注目イベントをダイジェストでご紹介する。

『BLANK PAGE 空っぽを満たす旅』(内田也哉子/文藝春秋)

出会いは19歳と29歳

『週刊文春WOMAN』創刊5周年記念でもある今回のイベント。満席の会場は女性が多いかと思いきや、男性も多く年齢層もバラバラ。ふたりがにこやかに可憐に登壇すると、会場全体が「パッ」と明るくなるようだった。

 司会役の『週刊文春WOMAN』編集長によれば、今回の対談は内田さんから小泉さんへのラブコールから実現したとのこと。小泉さんはアイドル時代に「花の82年組」として内田さんの夫・本木さんと仲良しの同期であり、ト…

全文を読む

「人を愛するってどんなこと?」内田也哉子が19歳の時に綴ったエッセイ『ペーパームービー』が新装版として復刊!

「人を愛するってどんなこと?」内田也哉子が19歳の時に綴ったエッセイ『ペーパームービー』が新装版として復刊!

『新装版 ペーパームービー』(内田也哉子/朝日出版社)

 がんと戦いながら最後まで自分の生き方を貫いた樹木希林と、“ロックンロール”な男・内田裕也の間に生まれた内田也哉子。ハゲシイ家族に囲まれた彼女の人生が、ハゲシイものであることは想像に難くない。そんな内田也哉子が19歳の時に友愛、恋愛、家族愛を描いたエッセイ『ペーパームービー』(朝日出版社)が、2021年11月9日に新装版として復刊された。

 本書は、「この人の言葉をもっと読みたい」「手元に置いておきたい」という声に応え、新しいあとがきを加えた上で発売。「三度目のあとがき」と題された文には、「親であれ、かけがえのない人であれ、命はいつか尽きる。だからこそ、その命が輝いているほんの束の間に出会い、過ごし、共に分かち合えるのは、この世の奇跡なのかもしれない」という内田の心の叫びが掲載されている。

 本文中で内田は、「自分の心が動かされたことを、言葉にするのがあまり好きでなかったことや、そうすることによってその気持ちが消えていってしまう気がした」と吐露。そういうものは自分の心の中だけにとっておきたい“タ…

全文を読む

<内田也哉子×中野信子>家族のカタチは1つじゃない。常識にとらわれない内田家の愛とは?

<内田也哉子×中野信子>家族のカタチは1つじゃない。常識にとらわれない内田家の愛とは?

『週刊文春WOMAN』の創刊1周年イベント「《週刊文春WOMAN meets 樹木希林展》内田也哉子×中野信子トークイベントWhat is a family!?」が1月14日(火)、横浜市の新都市ホール(そごう横浜店9階)で開催された。

 樹木希林さん(享年75)と内田裕也さん(享年79)の一人娘、内田也哉子さんは型破りな夫婦関係を目の当たりにしながら、自身も19歳で俳優・本木雅弘さんと結婚。現在は3人の子どもに恵まれている。父の裕也さんとは、一度も一緒に暮らしたことがなく、生涯で会った時間も算出できると言い、母・希林さんに対しては、別居をしながらも裕也さんを敬い、大切に扱うことに疑問をもった。

 樹木希林さんのユーモアと洞察に満ちた名言を集めた『一切なりゆき─樹木希林の言葉』(文藝春秋)は、トーハン、日販の年間ベストセラーランキングで1位になるなど、今もなお、その夫婦関係に注目が集まる。

 個性的な両親の死後、殺到する講演依頼をすべて辞退してきたそうだが、今回、脳科学者の中野信子さんとの対談という形で、初めて一般読者の前で思いを語った。

■子育ては別…

全文を読む

「内田也哉子」のおすすめ記事をもっと見る

「内田也哉子」のレビュー・書評をもっと見る

「内田也哉子」の本・小説

BLANK PAGE 空っぽを満たす旅

BLANK PAGE 空っぽを満たす旅

作家
内田也哉子
出版社
文藝春秋
発売日
2023-12-15
ISBN
9784163917917
作品情報を見る

「内田也哉子」人気の作品ランキングをもっと見る

「内田也哉子」の関連画像・写真

「内田也哉子」の関連画像・写真をもっと見る