読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

二宮和也 (嵐)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
にのみや・かずなり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

アイドル

「二宮和也」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

二宮和也「ついに捕まったか。という感覚です(笑)」映画「浅田家(仮)」で妻夫木聡と初共演!

二宮和也「ついに捕まったか。という感覚です(笑)」映画「浅田家(仮)」で妻夫木聡と初共演!

『浅田家』(写真:浅田政志/赤々舎)

 写真家・浅田政志の写真集を原案とした映画「浅田家(仮題)」の制作が決定。二宮和也と妻夫木聡が兄弟役を演じるとあって、「新鮮だけどしっくりくる組み合わせ」「なんだかハートフルな映画になりそう」と注目を集めている。

 原案となるのは、浅田が発表した写真集『浅田家』と『アルバムのチカラ』の2冊。『浅田家』は浅田が自身の両親や兄と撮影した家族写真のシリーズで、第34回木村伊兵衛写真賞を受賞している浅田の代表作だ。

 家族写真といってもただ4人が集合しているものではなく、全員で消防士やラーメン屋、バンド、極道などさまざまなコスプレに挑戦。衣装から撮影場所、シチュエーションなど細かい部分までこだわって撮影された写真は「とにかく笑えて幸せな気持ちになれる」「家族そろってこういう遊びが楽しめるのって羨ましい」「浅田家らしい家族愛が詰まっている作品」と話題を読んでいる。

 一方『アルバムのチカラ』に収録されているのは、東日本大震災の直後に始動したアルバム復元ボランティアの様子。津波で流されたアルバムや写真などを洗浄し、元の持ち主に…

全文を読む

木村拓哉と二宮和也が対立! 映画「検察側の罪人」特報映像にファン歓喜

木村拓哉と二宮和也が対立! 映画「検察側の罪人」特報映像にファン歓喜

 雫井脩介の小説を原作とした映画「検察側の罪人」の特報映像が公開された。木村拓哉と二宮和也が真剣な表情で対峙する映像には「2人とも背筋がゾクゾクする演技!」「もう夏まで待てません」と歓喜の声が上がっている。  同作は、東京地検のエリート検事・最上と、同じ刑事部に配属された最上の元教え子・沖野の物語。ある老夫婦刺殺事件の捜査に立ち会った最上は、容疑者の一人に時効となった殺人事件の重要参考人の名前を発見。最上は今度こそ法による裁きを下そうと決意するが、沖野が最上の捜査方針に疑問を抱き2人は対立することになってしまう―。

 映画では最上を木村、沖野を二宮が演じており、特報では凶器に残された手掛かりを巡って2人が激しく口論。互いに検事としてのプライドをかけて事件に向き合う姿が、木村と二宮の迫真の演技で表現されている。特報を見た人からは、「短い映像でも真剣な表情に引き込まれる」「眉間のシワがさまになっててカッコよすぎ」と期待の声が後を絶たない。

 映画の公開は、2018年8月24日(金)。キャストには2人の他に吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人、音尾琢真といった…

全文を読む

木村拓哉と二宮和也の初共演に反響続々 2018年公開映画「検察側の罪人」

木村拓哉と二宮和也の初共演に反響続々 2018年公開映画「検察側の罪人」

『検察側の罪人』上巻(雫井脩介/文藝春秋)

 2018年公開予定の映画「検察側の罪人」に、木村拓哉と二宮和也が出演することが発表された。2人の共演に「うそ!? 木村君とニノが同じ映画に出るなんて胸熱すぎるよ!」と大きな反響が起こっている。

 同作の原作となるのは、これまでにも『クローズド・ノート』『犯人に告ぐ』などが映画化されている雫井脩介のサスペンスエンターテインメント小説。監督は「日本のいちばん長い日」などで知られる原田眞人が務める。

 木村演じるエリート検事である最上と、二宮演じる若手検事の沖野の対立が描かれる同作。時効が成立した殺人事件の重要参考人・松倉が、最上と沖野が担当する殺人事件の容疑者に浮上。最上は今度こそ松倉に法の裁きを受けさせようとする。そんな最上の姿に疑問を覚える沖野。お互いの正義を胸に2人は対峙していく。

 映画では初の共演となる木村と二宮。木村は主演作「無限の住人」が公開中で、二宮も主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」を11月に控えている。2人の共演に「今も信じらんない、キムタクとニノが同時に拝める!」「木村君と二宮君の対…

全文を読む

二宮和也主演映画キャスト顔ぶれに「これこそほんとの『超豪華』『実力派』俳優たちだわ…」と大反響!

二宮和也主演映画キャスト顔ぶれに「これこそほんとの『超豪華』『実力派』俳優たちだわ…」と大反響!

 田中経一原作の『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』が嵐の二宮和也主演で映画化されることが決定した。キャストには二宮だけでなく、西島秀俊、宮崎あおい(※崎は正しくは「たちさき」)、綾野剛など豪華実力派が出揃い、主役級キャストがずらりと並ぶ。同作の映画化にファンはすでに「これこそほんとの『超豪華』『実力派』俳優たちだわ…」「ニノに西島さんに綾野剛! しかも原作は田中経一さん! 面白いんで観に行きますね(確定)」「絶対観に行く! 料理への愛がぎっしりつまったおいしそうな作品になる予感しかない!」と観に行くことを決めているようだ。  『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』は、テレビ番組「料理の鉄人」など様々な番組を手掛けてきたバラエティ演出家・田中経一によって描かれた、戦時中に生み出された幻のレシピをめぐる感動作。『麒麟の舌を持つ男』というタイトルで2014年6月に発売され、映画とタイトルを同名とした文庫版『ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~』が2016年8月5日(金)に発売予定となっている。「料理一つに人間の想いが宿る。食べることを考え直させてくれる物…

全文を読む

“脱アイドル化”したアイドル 嵐の魅力をフランス精神分析家の言説から分析してみた

“脱アイドル化”したアイドル 嵐の魅力をフランス精神分析家の言説から分析してみた

『隣の嵐くん カリスマなき時代の偶像(アイドル)』(関修/サイゾー)

 デビュー15年周年を記念した9月のハワイ公演に続き、11月~12月には5大ドームツアーを行うことを発表した人気アイドルグループ「嵐」。ドームツアーでは過去最多の84万5,000人の動員が見込まれており、まだまだ嵐人気は冷めやらないようだ。

 とはいえ、なぜここまで嵐が国民的アイドルとして人気を誇っているのだろうか。フランス現代思想を用いて嵐人気を分析した、『隣の嵐くん カリスマなき時代の偶像(アイドル)』(関修/サイゾー)から、嵐人気を探ってみよう。

 著者の関氏は、まずメンバーひとりひとりの魅力を、フランスの精神分析家、ジャック・ラカンが提唱した「四つのディスクールと資本のディスクール」を用いて説明している。例えば、ニュース番組のキャスターを務め、楽曲ではラップを担当している櫻井翔の役割は、「“大学のディスクール”に該当する、知が動因となる語り」と分析。同じ「語り」を担う人ながらも、櫻井と正反対の「精神分析のディスクール」に相当するというのが相葉雅紀。相葉といえば、突拍子のない発…

全文を読む

映画『プラチナデータ』で二宮和也が演じた“いけすかない男”

映画『プラチナデータ』で二宮和也が演じた“いけすかない男”

 人気ジャニーズグループ「嵐」のメンバーであり、クリント・イーストウッド監督作品に出演もするなど、俳優としての実力にも磨きをかけている二宮和也。『ダ・ヴィンチ』3月号では、3月公開の東野圭吾原作映画『プラチナデータ』にかけた、俳優としての想いを語っている。

 ――『プラチナデータ』は、近い将来の日本が舞台のサスペンスミステリーだ。二宮和也が演じたのは、DNA捜査システムを構築し、神のごとく振る舞う天才科学者・神楽龍平。ニヤリと自信の笑みを浮かべる初登場シーンからこの人物、ちょっといけすかない!

 「いい人に見えないようにはしました(笑)。神楽は、自分が絶対に正しいと思っているし、自分が正義だと思っている。人間に裏切られたくないから、人間と付き合わない。機械は裏切らない……と思っていた彼が、自分で作ったシステムに追われていく、一種の不条理劇だと思ったんです」

 連続殺人事件の捜査をきっかけに、ストーリーは不条理な逃亡劇へと変貌する。2011年公開の『GANTZ』に続き、二宮和也のアクション俳優としての資質が爆発した。身に覚えのない犯罪で警察に追われる、…

全文を読む

Cover Model 二宮和也 2013年3月号

Cover Model 二宮和也 2013年3月号

Cover Model二宮和也

観た人によって、いろんな意見が出るといいな

3月16日(土)公開の東野圭吾原作の映画『プラチナデータ』は、

近い将来の日本が舞台のサスペンスミステリーだ。

二宮和也が演じたのは、DNA捜査システムを構築し、

神のごとく振る舞う天才科学者・神楽龍平。

ニヤリと自信の笑みを浮かべる初登場シーンから

この人物、ちょっといけすかない!

「いい人に見えないようにはしました(笑)。

神楽は、自分が絶対に正しいと思っているし、自分が正義だと思っている。

人間に裏切られたくないから、人間と付き合わない。

機械は裏切らない……と思っていた彼が、自分で作ったシステムに追われていく、

一種の不条理劇だと思ったんです」

連続殺人事件の捜査をきっかけに、ストーリーは不条理な逃亡劇へと変貌する。

2011年公開の『GANTZ』に続き、

二宮和也のアクション俳優としての資質が爆発した。

身に覚えのない犯罪で警察に追われる、

「逃亡」のさまざまなバリエーションを、体当たりの演技で実現してみせたのだ。

序盤のクールな表情を崩し、真実を求めて駆け回る主人公の姿に、

観客は応援の気持ちを…

全文を読む

ダ・ヴィンチ 2013年3月号

ダ・ヴィンチ 2013年3月号
全文を読む

「二宮和也」のおすすめ記事をもっと見る

「二宮和也」の本・小説

  • ランキング

ピアノピースPP852 虹 / 嵐二宮和也 (ピアノソロ・ピアノ&ヴォーカル) (FAIRY PIANO PIECE)

ピアノピースPP852 虹 / 嵐二宮和也 (ピアノソロ・ピアノ&ヴォーカル) (FAIRY PIANO PIECE)

作家
多田慎也
二宮和也
出版社
フェアリー
発売日
2010-08-21
ISBN
9784777610952
作品情報を見る

「二宮和也」人気の作品ランキングをもっと見る

「二宮和也」の関連画像・写真

「二宮和也」の関連画像・写真をもっと見る