読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

梅田阿比

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
うめだ・あび

「梅田阿比」のおすすめ記事・レビュー

演出家として心惹かれた、『クジラ』の「容赦のなさ」とは――イシグロキョウヘイ監督インタビュー(前編)

演出家として心惹かれた、『クジラ』の「容赦のなさ」とは――イシグロキョウヘイ監督インタビュー(前編)

『クジラの子らは砂上に歌う』(C)梅田阿比(月刊ミステリーボニータ) 「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会

 10月に放送をスタートし、12月半ばの今まさに佳境を迎えているTVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』。この作品を簡潔に表現するなら、「総合力がとてつもなく高いアニメーション」ということになるのではないか。そもそも梅田阿比の原作コミックは、見渡す限り砂が広がっているという絶望的なシチュエーションを舞台にしており、主人公・チャクロを取り巻く仲間たちが次々に命を落としたり、感情を失った人間たちが戦いを繰り返すという、「容赦のない世界」が広がっている。  だからこそ、漂泊船「泥クジラ」の人々が、過酷な世界を生き抜くためにひとつになって前へ進もうとする姿に読み手は共感するし、群像劇的に描かれる登場人物たちも魅力的に映るのだが、原作が持つ強烈な引力をこぼすことなくフィルムに反映するのは、きっとものすごく難しい。本作の監督・イシグロキョウヘイは、『クジラ』から何を受け取り、どのように挑んだのか――原作がもたらした衝撃と、彼の人物描写の根幹を成す「年齢…

全文を読む

『クジラの子らは砂上に歌う』アニメ化決定にファン歓喜「独特な砂の世界をアニメでどう表現するのか楽しみ!」

『クジラの子らは砂上に歌う』アニメ化決定にファン歓喜「独特な砂の世界をアニメでどう表現するのか楽しみ!」

『クジラの子らは砂上に歌う』8巻(梅田阿比/秋田書店)

 梅田阿比『クジラの子らは砂上に歌う』がアニメ化されることが発表された。読者からは「あの世界観ほんと素敵なんだよな……!どんな映像になるのか楽しみ!」「独特な砂の世界をアニメでどう表現するのか気になる!」「絵柄がとても美しいから早く動いているところが見たい」と期待の声が寄せられている。

 同作は、『月刊ミステリーボニータ』で連載中の本格的なファンタジー漫画。砂の海を漂う巨大な船“泥クジラ”に暮らす一人の少年・チャクロが、1人の少女と出会うところから始まる物語だ。作者の梅田による柔らかく繊細なタッチの絵柄と独特な世界観、緻密に練られた設定及びストーリーが人気を博している。

 2016年4月には赤澤燈主演で舞台化もされており、「舞台めっちゃ感動した! DVD何度も見てるからアニメっていう新しい形でまたあの世界を見られるのが嬉しい」「舞台では描き切れなかった部分がアニメでどうなるのか期待してる……!!」と舞台を見た人からも喜びの声が上がっているようだ。

 アニメ化決定の知らせとともに、梅田は自身のブログに…

全文を読む

「梅田阿比」のおすすめ記事をもっと見る

「梅田阿比」のレビュー・書評をもっと見る

「梅田阿比」の関連画像・写真

「梅田阿比」の関連画像・写真をもっと見る