読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白岩玄

職業・肩書き
作家
ふりがな
しらいわ・げん

「白岩玄」のおすすめ記事・レビュー

特別試し読み第6回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第6回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第6回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたって交わされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

仕事とコロナ 山崎ナオコーラ

イラスト:山崎ナオコーラ

 白岩さんが、お子さんが保育園に行く理由に関して、「『パパは仕事しなきゃいけないんだよ』くらいの説明しかしたことがない」と書いていた。考えてみれば、私も理由をちゃんと話していない。 「今日は書くから遊べないよ」「見なきゃいけないゲラがいっぱいあるんだよ」など、しょっちゅう私は言っているが、「なぜ、仕事をするのか?」について話したことはない。いや、「なぜ、私は仕事をしなければいけないのか?」「なぜ、子…

全文を読む

特別試し読み第5回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第5回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第5回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたって交わされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

妊娠や出産は、親子関係を築くのか? 山崎ナオコーラ

イラスト:山崎ナオコーラ

 私は今、二人目を妊娠中で、来週に出産の予定だ。四十歳という高い年齢なので、「どうなるんだろう?」と、ちょっとどきどきしている。出生前診断はしておらず、すべてを受け止めるしかない。でもなんとなく、受け止められるような気がしている。二人目になると、心が雑になってきて、「まあ、どうにかなる」という気持ちが根拠なく浮かんでくる。ひとり目のときは、「障害」のある子が生まれる可能性につい…

全文を読む

特別試し読み第4回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第4回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第4回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたって交わされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

自分の仕事を伝えるか? 山崎ナオコーラ

イラスト:山崎ナオコーラ

 子どもには、競争は競争として、それとは別に「優劣のつけられないもの」にたくさん出会って欲しい、ということに激しく同意した。  特に、「好きな芸能人でも、アニメのキャラクターでも、道端の石ころでもなんでもいい。自分がめいっぱい愛を注げば、そこには上下なんてなくなる」という箇所は、本当にそうだな、と思った。  先日、白岩さんの『たてがみを捨てたライオンたち』を拝読した。もうじき子どもが生まれ…

全文を読む

特別試し読み第3回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第3回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第3回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたって交わされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

それでも、父になりたい 白岩玄

イラスト:白岩玄

 山崎さんの自己紹介的な文章を読んでいて、なんだか自分の無神経さを恥ずかしく思った。ぼくも山崎さんに対して無意識に女性としての意見を求めていたかもしれない。  ぼくは申込書などに性別を記入する際に苦しくなったこともなければ、パスポートに性別欄があることに憤りを覚えたこともない。でも、山崎さんがせっかく性別をとっぱらった話ができる場を作ってくれたので、そこで書けることをぼくも書いておきたいと思う。  ぼくは…

全文を読む

特別試し読み第2回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第2回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第2回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたって交わされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

立ち会い出産は難しい 白岩玄

イラスト:白岩玄

 山崎さんが前回、電車のことを「決まった通りにしか動かない、四角四面でたいした個性のない人工物」と切り捨てたところに笑ってしまった。  ぼくも歳の離れたいとこの面倒をよく見ていたので、小さい子の電車に対する熱狂ぶりは覚えがあるのだけど、電車好きは大抵プラレールに移行するので覚悟しておいた方がいいと思う(ご存じかもしれませんが、あれは子どもが小さいうちは大人がレールを組まねばならず、めちゃくちゃ場所も取るので…

全文を読む

特別試し読み第1回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

特別試し読み第1回/『ミルクとコロナ』白岩玄・山崎ナオコーラの往復・子育てエッセイ

 白岩玄・山崎ナオコーラ著の書籍『ミルクとコロナ』「before corona」「under corona」から、厳選して全6回連載でお届けします。今回は第1回です。「野ブタ。をプロデュース」の著者・白岩玄さん、「人のセックスを笑うな」の著者・山崎ナオコーラさん。2004年、ともに20代で「文藝賞」を受賞し、作家デビュー。子どもが生まれたことをきっかけに、育児にまつわるエッセイの交換を始める。約4年間にわたってかわされた子育て考察エッセイ!

『ミルクとコロナ』(白岩玄、山崎ナオコーラ/河出書房新社)

はじめに 山崎ナオコーラ  この本は、作家稼業を始めて十七年になる白岩玄さんと山崎ナオコーラによる、交換エッセイだ。内容は育児にまつわるなんやかやだ。  二〇〇四年に、白岩さんの『野ブタ。をプロデュース』と、私(山崎)の『人のセックスを笑うな』が、文藝賞という新人賞を同時受賞し、一緒にデビューした。当時、白岩さんは二十一歳、私は二十六歳だった。  会社やお笑い界で言うなら「同期」といった感じの関係か?  作家の「デビュー」の概念は曖昧で、それに、働き方…

全文を読む

注目の新刊 『愛について』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

注目の新刊 『愛について』 ダ・ヴィンチ2012年6月号

2歳年上の涼子と幸せな同棲生活を送っているはずなのに、何だか心が晴れない壮介。引ったくりを捕まえたのをきっかけに、美人の理香と知り合った裕太。対照的な二人の恋の行方は――? 一人でいることの孤独、二人でいることの寂しさを描いた6つの異色恋愛小説。

全文を読む

「白岩玄」のおすすめ記事をもっと見る

「白岩玄」のレビュー・書評をもっと見る

「白岩玄」の本・小説

「白岩玄」人気の作品ランキングをもっと見る

「白岩玄」の関連画像・写真

「白岩玄」の関連画像・写真をもっと見る