読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

美輪明宏

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
みわ・あきひろ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

歌手、俳優、演出家、作家。2002年に『ヨイトマケの唄』はじめ103曲を収録した『美輪明宏全集』を発表。俳優・演出家として寺山修司作『毛皮のマリー』、江戸川乱歩原作『黒蜥蜴』、ジャン・コクトー作『双頭の鷲』など数多くの舞台を展開し観客を魅了し続けている。著書に『紫の履歴書』『人生ノート』『ああ正負の法則』『愛と美の法則』など。公式携帯サイト「麗人だより」の入会者数は10万人超の人気サイト。

「美輪明宏」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

美輪明宏が自ら語る激動の歌手人生…幾多の困難を乗り越えて気づいたこと

美輪明宏が自ら語る激動の歌手人生…幾多の困難を乗り越えて気づいたこと

『愛の大売り出し』(美輪明宏/PARCO出版)

 歌手・美輪明宏が自身の人生を綴った『愛の大売り出し』が、2018年2月28日(水)に発売された。

 16歳でプロ歌手としてデビューし、歌手人生を送ってきた著者・美輪。無償の愛をテーマに歌を作り、今まで幾多の困難を乗り越えて歌い続けた。同書は、美輪の劇的な歌手人生をまとめた一冊。代表曲「ヨイトマケの唄」の誕生秘話も収録され、表紙には公式キャラクターの「ミワちゃま」が登場している。

<同書より> 私には、不思議に思っていることが、ひとつあります。私はこれまで、自分の歌を宣伝したことは一度もありませんし、大宣伝をしてくれるような大プロダクションに所属したこともありません。私はただ、「自分が『本物だ』と思う歌をつくり、お客さまに精いっぱいお出ししよう」と思いながら、歌い続けてきただけなのです。それなのに、不思議なことに、何も宣伝しなくても、私の歌を、お客さまのほうから自然と持ち上げてくださることが、これまで多々、あったのです。「ヨイトマケの唄」は、まさにそんな歌のひとつです。 この世に生まれてきた人は、どんな…

全文を読む

美輪明宏さんの少し突き放した回答に深く納得【今週の大人センテンス】

美輪明宏さんの少し突き放した回答に深く納得【今週の大人センテンス】

 巷には、今日も味わい深いセンテンスがあふれている。そんな中から、大人として着目したい「大人センテンス」をピックアップ。あの手この手で大人の教訓を読み取ってみよう。 第67回 行間からにじむ厳しさとやさしさ 「どんな選択も相談者次第。私の回答を参考にして頂ければ幸いですが、あくまで参考です。」by美輪明宏

【センテンスの生い立ち】  朝日新聞の週末別冊「be on Saturday」で連載中の「悩みのるつぼ」。読者から寄せられた悩みに、岡田斗司夫さん、上野千鶴子さん、美輪明宏さん、金子勝さんの4人が交代で回答している。7月29日号の担当は美輪明宏さん。20代後半の女性が、男友達に頻繁に体の関係を要求されるが「付き合おうよ」とは言われないことに悩んでいる。それに対して美輪さんは、いろんな可能性や秘策を提示しつつ、最後はこう言って相談者に判断を委ねた。

3つの大人ポイント 男と女のことに正解はないという前提に立っている あえて突き放すことで、相談者に奮起を促している 相談するということの意味や限界を示してくれた

 人生相談は、ドラマ…

全文を読む

美輪明宏16歳での“サロン”デビュー。三島由紀夫、江戸川乱歩から桑田佳祐まで、天才達によって彩色された「美輪明宏の人生絵巻」がスゴ過ぎる!!

美輪明宏16歳での“サロン”デビュー。三島由紀夫、江戸川乱歩から桑田佳祐まで、天才達によって彩色された「美輪明宏の人生絵巻」がスゴ過ぎる!!

『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(佐藤剛/文藝春秋)

 「とうちゃんのためなら エーンヤコラ かあちゃんのためなら エーンヤコラ もひとつ おまけに エーンヤコ~ラァ」──2012年の大みそかの夜、身振りと抑揚をつけた迫真のセリフで始まった、美輪明宏氏の作詞・作曲・歌唱による「ヨイトマケの唄」。披露した「第63回NHK紅白歌合戦」の放送が終わると、異口同音に「魂を揺さぶられた」と、ネットに書き込みが溢れた。

 そんな希代(きたい)のソウルアーティスト・美輪明宏が誕生するまでの、昭和から平成にかけた足跡を綴る、『美輪明宏と「ヨイトマケの唄」 天才たちはいかにして出会ったのか』(佐藤剛/文藝春秋)。美輪明宏さんは本書にこう祝辞を寄せた。

歴史に残る天才達によって彩色された果報な私の人生絵巻が、愛満載に描かれていて、今更ながら有難さが身に沁みる。

 美輪明宏氏が語られるとき、歌手・役者人生のスタートを「1952年、当時17歳で銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』デビュー」に置かれることが多い。しかし本書を読むと、それはじつは正…

全文を読む

「信じる者はダマされる」?! 悩める子羊たちを惑わせる、中村うさぎとマツコ・デラックスの人生相談

「信じる者はダマされる」?!  悩める子羊たちを惑わせる、中村うさぎとマツコ・デラックスの人生相談

『信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談』(中村うさぎ、マツコ・デラックス/毎日新聞出版)

 日本の諺には、キリスト教の聖書に由来するものが少なくない。例えば、「豚に真珠」は新約聖書のマタイの福音書7章からだし、「目からうろこが落ちる」は使徒行伝9章に見ることができ、「働かざるもの食うべからず」はテサロニケ人への第2の手紙3章に登場する。

 週刊誌『サンデー毎日』誌上で連載されていた、『信じる者はダマされる うさぎとマツコの人生相談』(中村うさぎ、マツコ・デラックス/毎日新聞出版)のタイトルは、おそらくはヨハネの福音書3章の記述をもとにしたと考えられている「信じる者は救われる」のパロディであろう。

 相談者に対する2人の回答に読者が期待するのは、やはり本音と毒舌から生じる突拍子のない結論だと思うし、私もそうだった。ところが、新入社員の女性の相談者で、「お前、使えねーな」などと先輩が上から目線で偉そうに接してくることへの対処法として、うさぎが思ってもいないことを言って相手を持ち上げる媚び作戦と、反対に全面戦争覚悟の「ナメんなよ、こら」みたいな…

全文を読む

浮気相手の女性は「便所」と思えばいい!? 美輪明宏の人生相談の回答がとても秀逸だった!

浮気相手の女性は「便所」と思えばいい!? 美輪明宏の人生相談の回答がとても秀逸だった!

『心の嵐を青空に』(美輪明宏/家の光協会)

 「美輪明宏さんは一体何者?」という質問をして、正確に答えられる人は何人いるだろう。『心の嵐を青空に』(美輪明宏/家の光協会)のレビューを書くにあたり、「まずは美輪さんを理解せねば」とネット検索を繰り返したが、ついに何者か知ることができなかった。もちろん、シンガーソングライター、タレント、そういった経歴を追うことはできた。しかし、どこか人を超越した存在感を放つ美輪さんの源まではつかむことができなかった。「とにかくすごい人」という回答がきっと正解だろう。

 本書は、月刊誌『家の光』に連載された「美輪明宏の人生相談」を再編し、又吉直樹さんとの対談を加えたものだ。悩める読者が人生相談をぶちまけ、美輪さんが回答者として、心の嵐を青空にするような回答をくださっている。

離婚して母子家庭になりましたが、貯蓄がありません

 2度の離婚を経て、高三、中三、中一の3人の娘を抱えることになったお悩み相談者。2度目の結婚のとき、娘のための貯金を頭金にして家を購入したのは良かったが、結局夫に出ていかれてしまった。毎日の生活とローン返…

全文を読む

早くも“ととロス”!? 『とと姉ちゃん』常子のモデル大橋鎭子、「不倫が一番面白い」瀬戸内寂聴…27人の女性先駆者たちの「名言」

早くも“ととロス”!? 『とと姉ちゃん』常子のモデル大橋鎭子、「不倫が一番面白い」瀬戸内寂聴…27人の女性先駆者たちの「名言」

『日本女性の底力』(白江亜古/講談社+α文庫)

 いよいよ10月1日に最終回を迎えるNHKの連続ドラマ小説『とと姉ちゃん』。戦後の日本人、特に女性の暮らしの向上に大きな助けとなった雑誌『あなたの暮し』を立ち上げた小橋常子のがんばりに、「よっしゃ、今日も私もがんばろう!」と毎朝元気をもらっていたという人、多いはず。朝ドラ初の「生涯独身」ヒロインでもある常子は、いわゆる「元祖・仕事に生きた女」という画期的存在でもあったわけで、ドラマの中にはいまどきの働く女性が共感するシーンも多かった。結婚とか恋愛とか私生活の心配なんて余計なお世話。時代の波の中を懸命に生きる中で身体に染み付いた「仕事=生きること」という彼女の幸せの方程式は、力強くゆるがないのもかえって清々しいほど。

 それにしても常子はなぜそこまで「強い」のか。父を早くに亡くしたことも大きな理由だろうが、おそらく戦争、そして戦後ゼロからの出発を体験して生きてきたのは大きいのかも…そんなことを『日本女性の底力』(白江亜古/講談社+α文庫)を読んで思った。戦前から戦後、そして高度経済成長を経て現在までを生…

全文を読む

美輪明宏×瀬戸内寂聴が厳しい時代に釘をさす!「だんだんと日本は前の戦時中に似てきている」

美輪明宏×瀬戸内寂聴が厳しい時代に釘をさす!「だんだんと日本は前の戦時中に似てきている」

『これからを生きるあなたに伝えたいこと』(マガジンハウス)

 93 歳の今もなお、現役の作家であり僧侶でもある瀬戸内寂聴さんと、独自の美意識と歌声で多くの人を魅了する美輪明宏さん。2015年に長崎県美術館で行われた2人の対談を書籍化したものが、『これからを生きるあなたに伝えたいこと』(マガジンハウス)である。本書は出会い、才能・不思議な力、心・女性の美しさなど、さまざまなテーマについて2人が語った対談の言葉をそのまま記載したものである。

 例えば、出会い。瀬戸内さんは「この世で出会う人とは、出会う意味があるから出会うんだと思います。出会う人との縁は大切にしなければいけないですね」と話す。2人の出会いも今回の対談も、一見すると偶然のようだ が、これもまた必然であるのかもしれない。

 本書によると、2人の出会いは美輪さんが“丸山明宏”の名前で活動していた頃にさかのぼる。雑誌の取材で、美輪さんの自宅を訪ねた瀬戸内さん。初めて会ったというのに、美輪さんはずっと昔からの友達のように瀬戸内さんに対して話をした。しかもその頃から、美輪さんは「今年の終わりに、すごい…

全文を読む

もらえるものだけでオトコを選ぶのはNG!女友達でも絶対言わない「愛のダメ出し」

もらえるものだけでオトコを選ぶのはNG!女友達でも絶対言わない「愛のダメ出し」

『恋愛がらみ。 不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』(高山 真/小学館)

 『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』(小学館)の著者・高山 真氏は、マツコ・デラックスやミッツ・マングローブとも旧知の間柄というゲイ。東京外国語大学卒業、出版社勤務を経てフリーの編集者となり、現在、肝臓ガン治療を続けながらエッセイストとして活躍中だ。

『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』は、ファッション誌『Oggi』の超人気の悩み相談コラム「マナー美人の心意気」をベースにした1冊である。

「オトコにも人生にも不器用な女子たち」から多数、寄せられる相談。それらに対して高山氏は「このお悩みは私にはあまり関係ないかも」と思う読者にも読んでもらえるように、「ひとつふたつでいいから、刺さるフレーズ、ご自身の状況に照らし合わせて考えてもらうフレーズを必ず入れる」ということを心がけてきたという。

 では本書に収録された、具体的な相談内容と高山氏の回答をいくつか紹介しよう。

「もらえるものだけでオトコを選ぶのは、そろそろ卒業しない?」の項。 …

全文を読む

「美輪明宏」のおすすめ記事をもっと見る

「美輪明宏」の本・小説

愛の話 幸福の話

愛の話 幸福の話

作家
美輪明宏
出版社
集英社
発売日
2002-06-26
ISBN
9784087803570
作品情報を見る
ああ正負の法則

ああ正負の法則

作家
美輪明宏
出版社
PARCO出版
発売日
2002-04-01
ISBN
9784891946456
作品情報を見る
愛の大売り出し

愛の大売り出し

作家
美輪明宏
出版社
パルコ
発売日
2018-02-28
ISBN
9784865062564
作品情報を見る
人生ノート

人生ノート

作家
美輪明宏
出版社
Parco
発売日
1998-04-01
ISBN
9784891945695
作品情報を見る
花言葉

花言葉

作家
美輪明宏
出版社
パルコ
発売日
2010-10-08
ISBN
9784891948351
作品情報を見る

「美輪明宏」人気の作品ランキングをもっと見る

「美輪明宏」の関連画像・写真

「美輪明宏」の関連画像・写真をもっと見る