読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

品川ヒロシ (品川庄司)

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
しながわ・ひろし

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1972年、東京都生まれ。95年、相方の庄司智春とともにお笑いコンビ・品川庄司を結成し、人気を博す。また、テレビドラマや映画で役者としても活躍、2003年には短編映画『TWO SHOT』で監督・脚本・主演をつとめ、06年には自伝的小説『ドロップ』で作家デビュー。本作の映画化も自ら手がけ、大ヒットさせた。

「品川ヒロシ」のおすすめ記事・レビュー

すべり芸人・ふかわりょう、意外な文才を披露

すべり芸人・ふかわりょう、意外な文才を披露

 “すべり芸”がすっかり板についた芸人・ふかわりょう。現在は新たな活動として『5時に夢中!』で司会を務めているが、進行役よりも(?)もっと才能を発揮している分野がある。 それがよくわかるのが、現在発売中の『文學界』8月号(文藝春秋)。この歴史ある由緒正しい純文学系文芸誌で、「美しさにまつわる」という題名のエッセイを発表しているのだ。  気になるエッセイの内容は、題名の通り“美しさ”について。ムンクの「叫び」が売却されるというニュースからはじまり、美しさの本来的な価値が、数量や貴重さ、頻度などの付加価値に誤魔化されてしまうことを論考。さらに、「美しさ。それは、日常にこそ存在するもの。長い間戦争に赴き、数年ぶりに手にしたおにぎりは格別のはず。」と、日常のなかにある奇跡に美しさを見出している。

 「地球の取っ手のような大地に両足をつけた大きな虹」など、普通なら気にならないのに「ふかわりょうが書いた」と思うと少し恥ずかしくなってしまう比喩もあったりはするが、そこはご愛嬌(!?)。話題の運び方や文体のリズムなど、細やかな部分も意識して書かれていることが伝…

全文を読む

「品川ヒロシ」のおすすめ記事をもっと見る

「品川ヒロシ」のレビュー・書評をもっと見る

「品川ヒロシ」の関連画像・写真

「品川ヒロシ」の関連画像・写真をもっと見る