KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

武田邦彦

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
たけだ・くにひこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

工学博士

「武田邦彦」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

注目の新刊 『武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

注目の新刊 『武田教授の眠れない講義 「正しい」とは何か?』 ダ・ヴィンチ2013年6月号

原発や節電、核武装、尖閣問題をはじめ、現代社会を生きるうえで頭を悩ますさまざまな事象を、「正しい」とは何かを軸に著者が独自の視点で切り込む。「常識」や「空気」に惑わされずに生きる「騙されない思考力」を身につける、現代社会を生き抜くための教則本。

全文を読む

武田邦彦教授「西日本への疎開は意味がない人もいる」

武田邦彦教授「西日本への疎開は意味がない人もいる」

福島第一原発事故の発生から数ヶ月がたったいま、私たちは日常の何に留意し、どう行動すればいいのだろうか?     自身のブログで事故の経過を発信し続けてきた、工学博士の武田邦彦教授に話を聞いた。      「今は、3月に福島原発から上空に漏れた放射性チリが、すべて地表に落ちている状態。ですから、日常生活で一番気をつけねばならないのは(地面が近い)幼児です。地面に落ちた放射性物質は風で飛びますから、風が強い日は子どもを外に出さないこと。大人もマスクが必要ですが、風が吹いてない日は問題ありません」(武田教授)     武田教授によると、西日本のへの疎開・移住も「意味がある人とない人がいる」という。 「なぜなら震災後から今日までの被ばく量が人によって異なるから。各自が被ばく量を計算して、その数値に合わせて生活する以外に方法はない。計算が面倒だからと他の答えを欲しがる人々もいますが、そんなことは無意味です」(武田教授)     国の発表を鵜呑みにするのではなく、自分で被ばく量を調べ、その数値に従って行動することが重要なのだ。ちなみに、武田邦彦ブログに…

全文を読む

「武田邦彦」のおすすめ記事をもっと見る

「武田邦彦」の本・小説

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいいい

早死にしたくなければ、タバコはやめないほうがいいい

作家
武田邦彦
出版社
竹書房
発売日
2012-10-31
ISBN
9784812492079
作品情報を見る
かけがえのない国

かけがえのない国

作家
武田邦彦
出版社
エムディエヌコーポレーション
発売日
2023-03-20
ISBN
9784295205074
作品情報を見る
幸せになるためのサイエンス脳の作り方

幸せになるためのサイエンス脳の作り方

作家
武田邦彦
出版社
ワニブックス
発売日
2024-03-21
ISBN
9784847074271
作品情報を見る
これからの日本に必要な絡合力

これからの日本に必要な絡合力

作家
武田邦彦
出版社
ビオ・マガジン
発売日
2022-01-20
ISBN
9784865881127
作品情報を見る
原発事故 残留汚染の危険性

原発事故 残留汚染の危険性

作家
武田邦彦
出版社
朝日新聞出版
発売日
2011-04-30
ISBN
9784022508737
作品情報を見る

「武田邦彦」人気の作品ランキングをもっと見る