読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幅允孝

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
はば・よしたか

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

ブックディレクター

「幅允孝」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

ブックディレクター・幅允孝が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

ブックディレクター・幅允孝が選んだ、次の時代に残したい平成の1冊は?

photo:Kazuhiro Fujita

全文を読む

橘ケンチと三浦しをんがファン100名と『舟を編む』を語り合う――たちばな書店presents「読後会」レポート

橘ケンチと三浦しをんがファン100名と『舟を編む』を語り合う――たちばな書店presents「読後会」レポート

「国際文芸フェスティバルTOKYO」11月22日から主催イベントスタート。先行サテライトイベントたちばな書店presents『舟を編む』読後会が大盛況!

 11月22日(木)〜25日(日)をコア期間として「国際文芸フェスティバルTOKYO」が開催される。「海外・国内の文芸作品(およびそこから派生する多様なコンテンツ)の魅力を、さまざまな切り口で紹介し、文芸を盛り上げていくフェスティバルイベント」であり、国内外の作家・識者の講演や、バスツアーなど読者参加型のイベントも多数行われる。

 そのサテライトイベントのひとつとして、11月12日に行われたのが、たちばな書店presents「三浦しをん(著)『舟を編む』」読後会だ。「たちばな書店」とはEXILEのパフォーマーであり、読書家としても知られる橘ケンチさんが主宰する、「本を通してたくさんの方々と価値観を交換して、共有する “広場”」であるモバイルサイト。「読後会」は、たちばな書店初の試みで、「読んだ本に関して思いを語り合ったり、作者の方に質問したりできる場を作りたい」という橘さんの提案で実現した。

 課…

全文を読む

母との葛藤を抱え田舎へ移住“農的生活”を描いた『野分のあとに』が受賞!第3回「暮らしの小説大賞」授賞式レポート!!

母との葛藤を抱え田舎へ移住“農的生活”を描いた『野分のあとに』が受賞!第3回「暮らしの小説大賞」授賞式レポート!!

 2016年9月30日(金)、都内において第3回「暮らしの小説大賞」の受賞発表会が開催された。

 本賞は“衣食住”をテーマにしたもの、及びモチーフにした作品を募集している。日々のなにげない「日常」で起こった大小さまざまな出来事と、それに付随して湧き上がる感情を、物語に織り込んだ作品を求めている。

 さて、第3回となる今年は、第1回から選考委員を務めるフードスタイリストの飯島奈美さん、ブックディレクターの幅允孝さんに、作家の石田千さんを加えて開催された。作品の応募総数は122 作品。キャラクターノベルが増え、SFや時代小説でも「面白い」と思える作品の多かったことが印象的だったそう。

 そんな中、見事に大賞を受賞したのは和田真希さんの『遁(とん)』だ。 ※単行本刊行時は『野分けのあとに』に改題

『野分けのあとに』(和田真希:著、山本由実:イラスト/産業編集センター)  ごく普通の核家族で育ったはずの主人公・絵梨は予期せぬうちに家族から孤立してしまう。高校卒業後、地元の小田原を出て、東京での自由な生活を楽しむこと数年、徐々に「人から認めてほしいという欲求」…

全文を読む

「このままじゃマズい…」アラフォー独身男の自堕落ポップノベル【第2回暮らしの小説大賞受賞作】

「このままじゃマズい…」アラフォー独身男の自堕落ポップノベル【第2回暮らしの小説大賞受賞作】

『ゴージャスなナポリタン』(丸山浮草/産業編集センター)

同じような毎日の繰り返しに、安心しつつも、辟易としている。誰かがどうにか、今の自分の生活を変えてくれぬものかと、他力本願。自分を変えられるものは自分しかいないことは分かっているが、途方もなく続く日々の生活に追われて、どうも上手くいかない。何十年と似たような暮らしを続けていれば、そうやって、「このままではよくない」と思いつつ、すべてが惰性に流れてしまうものなのだろう。

丸山浮草氏著『ゴージャスなナポリタン』(産業編集センター)は、40歳・独身の閉塞感にまみれた「暮らし」を明るく描いたポップノベル。第2回「暮らしの小説大賞」を受賞したこの作品は、独身の人はもちろんのこと、日々の生活に「このままではマズい!」という不安を抱えた人ならば、誰でも共感できる内容なのではないだろうか。選考委員たちをざわつかせたユニークな文体は、アラフォーを“こじらせた”男性の暮らしに巧みにマッチしている。決して理想的ではないライフスタイルと、これからの生活への不安感。安定しているようで不安定な生活は、読む人に「暮らし」の…

全文を読む

江口宏志×幅允孝 トークイベント開催

江口宏志×幅允孝 トークイベント開催

江口宏志×幅允孝

 

ブックショップUTRECHT(ユトレヒト)代表・江口宏志氏と、ブックディレクターでBACH(バッハ)の代表を務める幅允孝氏のトークイベント「ページバイページ with ブックショート」が、2014年10月9日(木)に東京・千駄ヶ谷SSUビル地下1階で開催される。

同イベントは、米国アカデミー賞公認、日本発・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」のプロジェクト「ブックショート」の一環として、出版社リトルモアのWEBで連載中の人気企画「ページバイページ」とコラボレーションして開催される。

「ブックショート」は、短編小説をWEBで公募し、ショートフィルム化やラジオ番組化するプロジェクト。「ページバイページ」は、本と人をむすぶ新しい方法、新しい場所を切り開いてきた江口宏志氏と幅允孝氏の2名が、毎週ひとつのテーマをもとに本を2冊ずつ紹介する人気企画。2009年にFMラジオ局J-WAVEの番組として始まり、現在は出版社リトルモアのWEBサイトで…

全文を読む

茅ヶ崎で長谷川理恵&幅允孝トークイベント開催 「BOOKFESTA 2013 summer」

茅ヶ崎で長谷川理恵&幅允孝トークイベント開催 「BOOKFESTA 2013 summer」

長谷川理恵&幅允孝トークイベント

 ブックリスタは2013年8月3日(土)より、電子書籍フェア「BOOKFESTA 2013 summer」を開催する。

 今回で第7弾となる同フェアは、シリーズ初となるリアルイベントとキャンペーンの2本立てで展開。モデルの長谷川理恵さんとブックディレクターの幅允孝さんのトークイベントをはじめ3つのイベントが、今回のフェアのテーマである“海”にちなんで神奈川県の茅ヶ崎で開催される。

 イベント当日の8月3日(土)は茅ヶ崎・サザンビーチで「サザンビーチちがさき花火大会」が開催されるということなので、花火が始まるまで間に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

 8月9日(金)から始まるキャンペーンは、海にまつわるコミックを特集する。海を主な舞台として展開する作品から、たまたまデートに出掛けた先が海だった作品まで、さまざまな“海モノ”コミックを紹介する。そのほかにも、季節情報誌『夏ぴあ首都圏版』の特別無料配信なども行われるということだ。詳細は特設サイトにて確認して欲しい。

●イベント1: 『海×本×ビール』in 茅ヶ崎 長谷川理恵&幅…

全文を読む

「幅允孝」のおすすめ記事をもっと見る

「幅允孝」の本・小説

ドラえもん名言集「のび太くん、もう少しだけがんばって」

ドラえもん名言集「のび太くん、もう少しだけがんばって」

作家
藤子・F・不二雄
幅允孝
出版社
小学館
発売日
2016-02-24
ISBN
9784093884662
作品情報を見る

「幅允孝」人気の作品ランキングをもっと見る

「幅允孝」の関連画像・写真

「幅允孝」の関連画像・写真をもっと見る