読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

福田里香

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
ふくだ・りか

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

お菓子研究家

「福田里香」のおすすめ記事・レビュー

注目の新刊 『私の好きなもの 暮しのヒント101』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

注目の新刊 『私の好きなもの 暮しのヒント101』 ダ・ヴィンチ2013年4月号

料理家、スタイリスト、画家、写真家、デザイナーほか、69人が教えてくれた「とっておき」のモノやコト。イサム・ノグチの滑り台、ベルギーの古本祭、京都の子育飴、メキシコのハンモックなど、あの人やこの人の暮らし方、考え方が伝わってくる、101本のコラム集。

全文を読む

『大奥』よしながふみ、フード作家としての魅力

『大奥』よしながふみ、フード作家としての魅力

 マンガに出てくるお菓子を作るのではなく、そのマンガのイメージをお菓子で表現する、という独自の手法で大きな話題を呼んだ、福田里香の『まんがキッチン』。現在はウェブにて続編「まんがキッチンおかわり」を連載中だ。

 『ダ・ヴィンチ』11月号のよしながふみ特集で福田さんが題材として選んだのは『きのう何食べた?』。料理上手な弁護士(趣味・倹約)・シロさんと、美容師・ケンジという40代のゲイカップルの日々とごはんを描く“食マンガ”だ。その作品からイメージされるお菓子“ひとつ瓶の中、あんことチョコのスプレッド”をレシピつきで紹介するとともに、よしながふみと“食”のつながり、『きのう何食べた?』の本質などを読み解いた原稿を寄せている。

 「人生に“みちすじ”があるように、物語に“あらすじ”があり、そしてある種のまんが家には“あじすじ”とでも呼びたいある種の系譜がある。それは料理まんがでもないのになぜか気が付くと作品にフードを描いてしまう作家だ。彼らはフードの周辺を描くことで、登場人物の性格や感情を精密に表現する天賦の才を持つフード作家なのだ」

 「『何食べ』をBL…

全文を読む

マンガやCMに登場する「食べ物シーン」に潜む「なぜ」を徹底分析

マンガやCMに登場する「食べ物シーン」に潜む「なぜ」を徹底分析

 『お菓子と果物の手帖』、『フードラッピング』、『フレーバーウォーター』など、おいしくてロマンティックなレシピ本を多数発表し、マンガにも造詣が深く、マンガにちなんだお菓子のレシピとマンガ家との対談を収録した著書『まんがキッチン』が大きな話題になった福田里香さんが、物語に登場する「食べ物」に潜む「なぜ」を楽しく徹底分析した。    マンガや映画、CMなどに似た形でたびたび登場し、多くの人にいつの間にか共有されているフード表現を「ステレオタイプフード」と名付け、50個挙げて検証。

 独自の“フード理論”三原則 (1 善人は、フードをおいしそうに食べる 2 正体不明者は、フードを食べない 3 悪人は、フードを粗末に扱う) をもとに様々なシーンを読み解いていくエッセイだ。

 福田さんがすごいのは、ステレオタイプフードを「あるある」で片付けず、それが「なぜ」繰り返されるのか、どういう意味があるのか、一歩奥に踏み込んで語っていること。 「この場合は、具体名を覚えたり調べたりするよりも、『なぜ』かを考えて分析することのほうが大切だと思うんです」。

 例…

全文を読む

お菓子研究家・福田里香待望の初エッセイ『ゴロツキはいつも食卓を襲う』刊行記念イベント開催

お菓子研究家・福田里香待望の初エッセイ『ゴロツキはいつも食卓を襲う』刊行記念イベント開催

お菓子研究家・福田里香氏のWEBでの人気連載『ゴロツキはいつも食卓を襲う』が待望の書籍化、それを記念してイベントが開催される。

同書で語られるのは、食べ物の視点から物語を読み解くという「フード理論」。 マンガやアニメ、映画、ドラマ、CMなど、古今東西のさまざまな「画像」に度々登場するフード表現を「ステレオタイプフード」と呼ぶ。 そこには一定の法則のようなものが存在し、込められた意味がある。

なぜ、絶世の美女は、何も食べないのか? なぜ、カーチェイスではね飛ばされるのは、いつも果物屋なのか? なぜ、逃走劇は厨房を駆け抜けるのか? などなど

さらに50個の「ステレオタイプフード」すべてに漫画家のオノ・ナツメ氏のイラストが添えられる。

同書の刊行を記念して東京・南青山のNOW IDeAにてイラスト&インスタレーションの展示イベントが開催される。 福田氏が描いた秘蔵のラフスケッチも公開されるという。

<イベント概要> 東京・南青山NOW IDeA 期間:4月17日(火)~4月25日(水) 時間:12:00~20:00 月曜日休み ※会場で『ゴロツキはいつも食卓を襲…

全文を読む

「福田里香」のおすすめ記事をもっと見る

「福田里香」のレビュー・書評をもっと見る

「福田里香」の本・小説

いちじく好きのためのレシピ ジャムにケーキ、焼き菓子、それからサラダやお肉と合わせる料理まで

いちじく好きのためのレシピ ジャムにケーキ、焼き菓子、それからサラダやお肉と合わせる料理まで

作家
福田里香
出版社
文化出版局
発売日
2018-06-08
ISBN
9784579213085
作品情報を見る
民芸お菓子

民芸お菓子

作家
福田里香
ディスカバージャパン編集部
出版社
エイ出版社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784777953134
作品情報を見る
季節の果物でジャムを炊く 毎日おいしい63のレシピとアイディア (立東舎 料理の本棚)

季節の果物でジャムを炊く 毎日おいしい63のレシピとアイディア (立東舎 料理の本棚)

作家
福田里香
出版社
立東舎
発売日
2017-05-11
ISBN
9784845630103
作品情報を見る
新しいサラダ

新しいサラダ

作家
福田里香
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-04-06
ISBN
9784048960472
作品情報を見る
庭園美術館へようこそ: 旧朝香宮邸をめぐる6つの物語

庭園美術館へようこそ: 旧朝香宮邸をめぐる6つの物語

作家
朝吹真理子
福田里香
小林エリカ
ほしよりこ
mamoru
阿部 海太郎
東京都庭園美術館
高橋 マナミ
出版社
河出書房新社
発売日
2014-11-27
ISBN
9784309255576
作品情報を見る
大島弓子にあこがれて~お茶をのんで、散歩をして、修羅場をこえて、猫とくらす

大島弓子にあこがれて~お茶をのんで、散歩をして、修羅場をこえて、猫とくらす

作家
福田里香
藤本由香里
やまだないと
出版社
ブックマン社
発売日
2014-07-15
ISBN
9784893088253
作品情報を見る
一年中おいしいアイスデザート

一年中おいしいアイスデザート

作家
福田里香
出版社
主婦と生活社
発売日
2014-06-27
ISBN
9784391145359
作品情報を見る
BREAKFAST ON THE PLATE 料理家たちの朝ごはん

BREAKFAST ON THE PLATE 料理家たちの朝ごはん

作家
坂田 阿希子
ワタナベ マキ
中川 たま
平野由希子
冷水 希三子
福田里香
野口真紀
出版社
宝島社
発売日
2014-09-12
ISBN
9784800230430
作品情報を見る

「福田里香」人気の作品ランキングをもっと見る

「福田里香」の関連画像・写真

「福田里香」の関連画像・写真をもっと見る