読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

福本伸行

職業・肩書き
マンガ家
ふりがな
ふくもと・のぶゆき

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

漫画家。主な作品に『アカギ』『賭博黙示録カイジ』『賭博覇王伝 零』など。

「福本伸行」のおすすめ記事・レビュー

「あの伝説のラストがついに映像化されるのか」『天 天和通りの快男児』の「赤木しげる葬式編」がドラマ化

「あの伝説のラストがついに映像化されるのか」『天 天和通りの快男児』の「赤木しげる葬式編」がドラマ化

『天 新装版』1巻(福本伸行/竹書房)

 福本伸行原作・岸谷五朗主演の連続ドラマ「天 天和通りの快男児」の続編となる「天 赤木しげる葬式編」が特別ドラマとして放送決定。原作ファンから「これを見るまで死ぬわけにはいかないな!」と歓喜の声が相次いでいる。  『天 天和通りの快男児』は、1989年から2002年まで『近代麻雀ゴールド』で連載されていた福本の原点ともいえる作品。雀荘で素人相手に荒稼ぎしていた男・井川ひろゆきが、無類の勝負強さを持つ代打ち専門の雀士・天貴史と出会い麻雀の世界に没頭していく物語だ。井川と天が出会うのは、“神域の男”と呼ばれる赤木しげるや関西屈指の実力を持つ原田克美、僧我三威といった雀士たち。漫画は麻雀好きの読者からかなりの人気を集め、のちに赤木を主人公とした派生作品『アカギ ~闇に降り立った天才~』も誕生した。  井川役の古川雄輝、天役の岸谷五朗、赤木役の吉田栄作をはじめ、的場浩司、でんでん、田中要次といった連続ドラマ版のキャストは特別ドラマにも続投で出演。さらに特別ドラマで初登場となるキャラクター・金光修蔵は、田山涼成が演じ…

全文を読む

「藤原竜也がフルスイングすぎる」 映画「カイジ ファイナルゲーム」特報解禁!

「藤原竜也がフルスイングすぎる」 映画「カイジ ファイナルゲーム」特報解禁!

 藤原竜也主演映画「カイジ ファイナルゲーム」の特報が解禁。独特なセリフの数々が飛び出す映像に、「しょっぱなから“クズ”の連呼でめっちゃ笑った」「カイジ節が健在で嬉しい!」と話題になっている。

 「カイジ」シリーズ9年ぶりの新作となる同作で描かれるのは、原作者・福本伸行によるオリジナルストーリー。カイジ役の藤原を筆頭に、福士蒼汰、関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎といった俳優陣が集結した最終章にふさわしい作品だ。

 特報動画は「アイツが帰って来る」という一文から始まり、直後にフードを被ったカイジが登場。「クズ! クズ! クズの人生ただ繰り返して死んでいくだけだ!」「この勝負、圧倒的に不利だ…」などの印象的なセリフや、ジョッキビールを片手に「悪魔的だ~!」と叫ぶカイジの姿も映し出されていく。

 動画を見た人からは、「特報から藤原竜也がフルスイングすぎる」「相変わらずのテンションに思わずガッツポーズしてしまった」「福本先生の脚本だとやっぱり安心して見れるな!」と歓喜の声が続出。「こんなに美味そうにビールを飲むのは実写カイジだけ」「これは映画館でビール片手に鑑…

全文を読む

ざわ・・ 「安定の福本節で最高」 アカギ亡き後を描いた新連載『闇麻のマミヤ』に大反響!

ざわ・・ 「安定の福本節で最高」 アカギ亡き後を描いた新連載『闇麻のマミヤ』に大反響!

『近代麻雀』2019年8月号(竹書房)

 2019年7月1日(月)発売の『近代麻雀』2019年8月号から、新連載『闇麻のマミヤ』がスタート。福本伸行の新作麻雀漫画とあって、ファンから「この時を待ってました!」「安定の福本節で最高」と喜びの声が巻き起こっている。

 表紙&巻頭カラーを飾った『闇麻のマミヤ』は、伝説の博打打ち「アカギ」がこの世を去ってから20年後が舞台の作品。まずは『近代麻雀』2019年6月号に“零話”が掲載され、ラーメン屋を営む野崎治の元を謎の人物が訪れる場面で幕を閉じていた。ちなみにアカギとは、福本の代表作『アカギ ~闇に降り立った天才~』に登場する主人公・赤木しげるを指す。

 連載第1回では巻頭カラーの見開きページから、福本お得意の「ざわ・・」という擬音が登場。野崎の元を訪れた謎の人物は地下アイドルの男性3人組と判明し、彼らは所属事務所の奴隷契約解消のために「マミヤ」の力を借りたいという。初期投資3,000万円の借金返済を賭けて、野崎は事務所社長の鬼頭に麻雀勝負を提案。しかしアテにしていた雀士・マミヤから「ゴメン。寝てた」とのメッ…

全文を読む

「圧倒的朗報…!!」 藤原竜也主演映画「カイジ」シリーズの最新作「カイジ ファイナルゲーム」公開決定!

「圧倒的朗報…!!」 藤原竜也主演映画「カイジ」シリーズの最新作「カイジ ファイナルゲーム」公開決定!

『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』3巻(福本伸行/講談社)

 福本伸行の人気作『カイジ』シリーズを原作とした実写映画「カイジ ファイナルゲーム」が2020年に公開されることが明らかに。カイジを演じる藤原竜也や他キャストのビジュアルも公開され、「圧倒的朗報…!!」「死ぬほど楽しみ」と歓喜の声が相次いでいる。

 福本の手がける『カイジ』シリーズは、主人公・カイジが挑む命懸けのギャンブルを描いた作品。シリーズは『賭博黙示録カイジ』『賭博破戒録カイジ』『賭博堕天録カイジ』など全6編あり、6本目となる『賭博堕天録カイジ 24億脱出編』は『ヤングマガジン』で絶賛連載中だ。

 実写版映画の第1作目「カイジ 人生逆転ゲーム」が公開されたのは、約10年前の2009年。その後2011年に続編となる「カイジ2 人生奪回ゲーム」も公開され、2作とも大ヒットを記録している。3作目の「ファイナルゲーム」には、福士蒼汰や関水渚、新田真剣佑、吉田鋼太郎といった俳優陣が出演。監督は1作目と2作目を手掛けた佐藤東弥が担当し、脚本は原作者の福本が映画オリジナルストーリーを書き下ろすようだ…

全文を読む

吉田栄作が“伝説の天才雀士”アカギ役に! ドラマ「天」追加キャスト発表に反響

吉田栄作が“伝説の天才雀士”アカギ役に! ドラマ「天」追加キャスト発表に反響

『天 新装版』13巻(福本伸行/竹書房)

 2018年秋スタートのドラマ『天 天和通りの快男児』の追加キャストが発表された。赤木しげる役に吉田栄作の起用が決定し、「ぴったりの配役だ」「これは適任!」と原作ファンは歓喜に沸いている。

 麻雀をテーマとした同作は、福本伸行により1989年~2002年まで『近代麻雀ゴールド』で連載。主人公は“代打ち”と呼ばれる麻雀の請負業を営む天貴史で、ドラマ版では岸谷五朗が演じる。今回吉田の起用が決まったのは、「神域の男」「鬼神」「百年に一人の天才」などの異名を持つ赤木しげる役。己の能力だけを頼りに生きてきた、カリスマ的な“伝説の博徒”を演じていく。

 撮影はまだ途中の段階だが、吉田は演じた感想を「セリフ一つ一つが本当にこう元々重いのと、彼のこれまでの人生すべて詰まった一言一言が一局一局、一牌一牌に込められていると思うんです」とコメント。“伝説の博徒”を演じるだけあり、重い責任を感じているようだ。

 意外にも今作が初共演となる岸谷については、「何と言うか… ぴったりだと思いました。ビジュアル撮影の日にヘアメイクを終えた岸谷…

全文を読む

時間がなくてもサクっと楽しめる。1巻完結で気持ちよく騙される! おすすめミステリーマンガ5選

時間がなくてもサクっと楽しめる。1巻完結で気持ちよく騙される! おすすめミステリーマンガ5選

精巧に練られたミステリー漫画に“騙される”感覚は、何物にも代えがたい気持ちいいものだが、その分、作品を丹念に読み込まなくてはならない。「素晴らしいミステリーに騙されたいけれども、ゆっくり読む時間が取れない…」そんなあなたにおすすめしたいのが、人気マンガ家たちが描いた“1巻完結”のミステリーマンガだ。人気小説のコミカライズ作品から、マンガ史に残る名作、そして海を越えて日本でも愛される海外のマンガまで、1時間弱でサクッと楽しめる必読のおすすめ5作品を紹介する。

このまとめ記事の目次 ・外天楼 ・山羊座の友人 ・告白 コンフェッション ・11人いる! ・5秒童話

■『それ町』作者が描く渾身のミステリー! ただの短編集かと思いきや…?

『外天楼』(石黒正数/講談社)

 日常コメディの傑作『それでも町は廻っている』(石黒正数/少年画報社)の主人公・嵐山歩鳥(あらしやま・ほとり)は大のミステリー好きだが、その作者の石黒正数もまたミステリーマンガを描いている。『外天楼』(講談社)は、ミステリー系の文芸誌『メフィスト』に連載された連作短編集。増築が繰り返されておかし…

全文を読む

福本作品がまたもドラマ化!「銀と金」スタッフ再集結の『天 天和通りの快男児』に期待の声

福本作品がまたもドラマ化!「銀と金」スタッフ再集結の『天 天和通りの快男児』に期待の声

『天 新装版』13巻(福本伸行/竹書房)

 2018年7月15日(日)から『賭博覇王伝 零』の実写ドラマ放送を控えている漫画家・福本伸行。同作の初回に注目が集まる中、今年秋から『天 天和通りの快男児』のドラマ化も決定し、「マジで!? 楽しみ過ぎるんだが」など早くも期待の声が続出している。

 1989年~2002年まで『近代麻雀ゴールド』で連載されていた同作は、代打ちと呼ばれる麻雀の請負業を営む天貴史が主人公。天は勝負強さと強い意志を持ち合わせる男で、“理”によって麻雀を打っていた井川ひろゆきは天に憧れていく。裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑む男たちの心理を、麻雀を通して熱く描いていく―。

 主人公・天を演じる岸谷五朗は、ドラマ化の感想について「この作品を連ドラにしようという目論み自体がチャレンジャーだな、って思いました」とコメント。続けて「でもドラマはチャレンジするから面白いんです。頑張ります」と期待を覗かせており、並々ならぬ意欲をアピールしている。

 ドラマ化の一報と同時に公開されたビジュアルは、「再現度が高すぎる!」と話題になっているよう。しかし現在…

全文を読む

「期待感がヤバい」 アニメ「中間管理録トネガワ」の追加キャスト発表にファン大興奮

「期待感がヤバい」 アニメ「中間管理録トネガワ」の追加キャスト発表にファン大興奮

『中間管理録トネガワ』6巻(協力:福本伸行、作:萩原天晴、画:三好智樹、橋本智広/講談社)

 2018年7月より放送が開始されるアニメ「中間管理録トネガワ」の追加キャストが発表された。声優陣の豪華ぶりに、ファンからは「キャストがスゴい人たちばかりで笑った。ギャグ系アニメの領分を大きく超えてやがる」と反響が続出している。

 福本伸行協力、萩原天晴原作、三好智樹・橋本智広作画の同作は、『賭博黙示録カイジ』に登場する利根川幸雄を主人公にしたスピンオフ作品。帝愛グループの幹部・利根川が、上司である兵藤会長の気まぐれと、部下たちの行動に振り回される中間管理職らしい苦悩と葛藤が描かれている。

 利根川幸雄の部下である通称“黒服”たちは、黒スーツに黒ネクタイ、サングラスというほとんど個性のないキャラクター。作中で利根川も、皆が同じ格好のため名前を覚えられないと嘆いたことがあるほど。

 そんな黒服役に、羽多野渉、島崎信長(※崎は正しくはたちさき)、八代拓、西山宏太朗、濱野大輝、江口拓也、河西健吾、青柳尊哉、沢城千春、前田玲奈と、豪華声優陣が名を連ねた。ちなみに以前放送…

全文を読む

「福本伸行」のおすすめ記事をもっと見る

「福本伸行」のレビュー・書評をもっと見る

「福本伸行」の本・マンガ

1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(7) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2019-11-06
ISBN
9784065177259
作品情報を見る
1日外出録ハンチョウ(6) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(6) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2019-07-05
ISBN
9784065163597
作品情報を見る
1日外出録ハンチョウ(2) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(2) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2017-09-06
ISBN
9784065102268
作品情報を見る
賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)

賭博堕天録カイジ 24億脱出編(6) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
福本伸行
出版社
講談社
発売日
2019-12-06
ISBN
9784065178522
作品情報を見る
新黒沢 最強伝説 (16) (ビッグコミックス)

新黒沢 最強伝説 (16) (ビッグコミックス)

作家
福本伸行
出版社
小学館
発売日
2019-12-26
ISBN
9784098603251
作品情報を見る
1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2017-06-06
ISBN
9784063829730
作品情報を見る
1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
上原求
新井和也
福本伸行
萩原天晴
出版社
講談社
発売日
2018-03-06
ISBN
9784065111000
作品情報を見る
新黒沢 最強伝説 (15) (ビッグコミックス)

新黒沢 最強伝説 (15) (ビッグコミックス)

作家
福本伸行
出版社
小学館
発売日
2019-01-30
ISBN
9784098602124
作品情報を見る

「福本伸行」人気の作品ランキングをもっと見る