読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

「平山夢明」のレビュー・書評

忙しいあなたには「上質な」ホラーを。60秒でキマる瞬殺実話怪談集

忙しいあなたには「上質な」ホラーを。60秒でキマる瞬殺実話怪談集

『瞬殺怪談 刺』(平山夢明ほか/竹書房)  上質なものは大抵、極めて洗練されているものだ。新鮮な魚はシンプルに刺身で食べたいのと同じように、上質な実話は、装飾のないシンプルな状態の方が読む者の皮膚感覚に鋭く突き刺さるのかもしれない。 『瞬殺怪談 刺』(平山夢明ほか/竹書房)は、そんな「極上極短」の実話怪談集だ。本書に収録されている157の実話怪談は、短いものはわずか数行から長くても2ページ以内の短さで、「60秒で読める」というのが大きな特徴だ。贅肉…

もっと見る

ホラーを好むのは人生に絶望している人? 恐怖を感じる構造をズバリ分析

ホラーを好むのは人生に絶望している人? 恐怖を感じる構造をズバリ分析

『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)  私は怖い話が大好きなので、夏になり怪談特集や心霊ドラマなどが増えてくると、欠かさずチェックしている。だが、基本的には「好き」なのだけれど、時々気分が乗らない時がある。「なんか、怖いから観たくない」と思う。これはおかしな話で、そもそも怪談は「怖い」のだ。いつもはそれを求めているくせに、突然「怖い」を避けたくなる。…恐怖ってそもそもなんだろう? 『恐怖の構造』(平山夢明/幻冬舎)は、ホラー作家の名手である著者が、「恐…

もっと見る