読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

片桐はいり

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
かたぎり・はいり

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1963年東京都生まれ。劇団活動を経て、「SEEDコンタクトレンズ」のCMでその演技に注目が集まり、舞台、映画、ドラマなど様々な作品で個性派女優として人気を集める。俳優活動以外でも、2006年の映画『かもめ食堂』でのフィンランド・ロケの思い出を綴ったエッセイ集『わたしのマトカ』や『グアテマラの弟』で文才を披露するなど、幅広いジャンルで活躍。

「片桐はいり」のおすすめ記事・レビュー

  • おすすめ記事

村上春樹の最新作と『あまちゃん』がどっちも面白くなる!? 片桐はいりの「フィンランド本」

村上春樹の最新作と『あまちゃん』がどっちも面白くなる!? 片桐はいりの「フィンランド本」

『わたしのマトカ』(片桐はいり/幻冬舎)

 4月12日に発売されるやいなや早くも100万部を超えるベストセラーとなった、村上春樹の最新小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)。高校時代の仲良しグループから突然拒絶されたことで大学時代に自殺まで考えた主人公、多崎つくる。36歳となった現在は駅を作る仕事をしているが、付き合いのある女性・沙羅に過去を話したところ、「拒絶された理由をあなた自身の手でそろそろ明らかにしてもいいんじゃないかという気がする」と促され、その理由を探る旅に出ることになる。その最後の巡礼地となるのが、北欧の国「フィンランド」だ。

 フィンランドへ行くために有給休暇を取ると言うと、怪訝な顔の上司に「フィンランドにいったい何があるんだ?」と問われた多崎つくるは「シベリウス、アキ・カウリスマキの映画、マリメッコ、ノキア、ムーミン」と思いついたことを答えている。また、旅を勧めた沙羅は「ヘルシンキ市内では英語でだいたい用が足りる」と言っている。さらに同地を訪れてから、多崎つくるはフィンランド人について「人生に関する警句を考える…

全文を読む

「片桐はいり」のおすすめ記事をもっと見る

「片桐はいり」の本・小説

  • ランキング

もぎりよ今夜も有難う (幻冬舎文庫)

もぎりよ今夜も有難う (幻冬舎文庫)

作家
片桐はいり
出版社
幻冬舎
発売日
2014-08-05
ISBN
9784344422308
作品情報を見る
グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)

グアテマラの弟 (幻冬舎文庫)

作家
片桐はいり
出版社
幻冬舎
発売日
2011-02-09
ISBN
9784344416161
作品情報を見る
もぎりよ今夜も有難う

もぎりよ今夜も有難う

作家
片桐はいり
出版社
キネマ旬報社
発売日
2010-07-30
ISBN
9784873763415
作品情報を見る
わたしのマトカ (幻冬舎文庫)

わたしのマトカ (幻冬舎文庫)

作家
片桐はいり
出版社
幻冬舎
発売日
2010-02-01
ISBN
9784344414259
作品情報を見る

「片桐はいり」人気の作品ランキングをもっと見る